« ワシは宇宙の帝王 ザ・ザ・ザ・ザ・ザ 「ザクソン」! | トップページ | 乗るしかない このビッグウェーブに ~ 「ゼビウス」 と 「256発伝説」w »

2011年6月11日 (土)

クォータービューのドンキーコング? いいえ、「ティップタップ」です。

_c6

 

まだ、リアルタイム3D演算 と レンダリングが実用的でなかった時代。

セガの「ザクソン」(1982年)により、”クォータービュー”という手法により立体表現が作られたのですが、ザクソンの翌年の1983年同じくセガより、
「Tip Top (ティップタップ)」という
”クォータービュー ・ ドンキーコング”
が発売されましたw

ドンキーコングは1981年発売)

 

_c2 

 

で。オイラが持っているのは、海外版の基板です。
海外版ではタイトルが異なり、

「CongoBongo (コンゴ ボンゴ)」になります。

 

_z5

ただ、ゲーム内容は同じ(はず)です。
タイトル以外の国内版と海外版の違いがわかりません。。。

 

_c1_1

さすがにドンキーコングより2年経過しての発売なので、グラフィックも進化しています。

どの様に”クォータービューのドンキーコング”なのかも踏まえ、
「ティップタップ(コンゴ ボンゴ)」を紹介します。



■ストーリー_c0

ジャングルでテントを張っていたら、ゴリラに放火されますwww
このゲームは、主人公が
ゴリラに復讐(放火)をするストーリーですwww




・・・こう、アレですよ。ドンキーコングと比べたら、なんか盛り上がりにかけますよね。



ちなみに、ヒロインはいませんw




なおゲームは、ドンキーコングのように4ステージで構成され、4ステージクリアで、1周クリアとなり。ループします。



ドンキーコング同様に、ボタンは1つで。ジャンプのみ。



ただし操作方法がクォータービューのためややこしく。

↑に入れると、右上
↓に入れると、左下
→に入れると、右下
←に入れると、左上




とまあ、はじめはややこしいです。



あと、ゲーム自体の雰囲気ですが、ドンキーコングは「鉄骨」というイメージだったのに対して、ティップタップでは、「ジャングル」というイメージです。

そのため、主人公も探検家風です。名前は無いようです。
でも鼻がデカイのは、マリオを意識したからでしょうか。。。

_c5

 


■ステージ1

 

_c6

ドンキーコングで言う、「25m」ですね。樽をよけつつ、最上階へ。

ティップタップでも、同じ感じです。樽の変わりに、椰子の実を投げつけてきます。
でも、オイラ的には、こちらのほうが楽しげなんですよ。アスレチック風で。




あとちょっと面白い特徴があります。

サルが数匹いるのですが、
もたもたしているとプレイヤーにまとわりついてきます
まとわりつかれると、
歩行速度が遅くなります

ジャンプを3回すると、サルを振り払うことができます。

_c15                                    ただし、、、3匹まとわりつくと。。。

 

_c16                                             画面がブレてますが。。。

 担ぎ上げられて、谷底に捨てられますwwwww

とは言っても、3匹にまとわりつかれることは普通無いですがw







■ステージ2

_c7

島があり、それぞれ細い道につながっており、ゴリラの手前にいるカバの背中に乗り移って、ゴリラまで行くことがゴールです。

 

ここには蛇が多数いるのですが、これがまた直線移動のように見えて、微妙にプレイヤーに合わせて軸移動してきます

そのため、大丈夫だろうと思っていると噛みつかれますw
ので、ゆとりをもった蛇誘導が重要で、このの誘導がけっこう難しかったりします。







■ステージ3

_c8

穴が複数ありますが、落ちてもミスになりません。
それどころか1000点もらえますw

で。サイが複数ジャカジャカ登場してきまして、激しく突進してきます。これがまたけっこう早いのと、ステージ2の蛇同様に、プレイヤーに合わせて軸ずらしで突進してきますので、油断するとあっという間にやられます。





■ステージ4 _c9

ハスの葉?やカバ、巨大魚の背中に乗り移り、向こうの島まで渡れば良いステージです。

微妙な位置調整が必要となるステージです。

_c10

                                                   たどりついた!

_c11

                               眠りこけているゴリラに仕返し(放火w)だ!




これで、1週クリアです。2週目は敵が増え、若干難しくなります。

_c12

                                  サルが増え、橋に蛇が出現する2週目




 

とまあ、相変わらず字で書くと簡単そうなのですが、、、
ザクソン同様に抜群に難しいですw

いやあでも、ドンキーコングより遥かに高い難易度は結構クセになります。
リハビリがてらに1週クリアするのに、30クレジットくらいプレイしましたwww

 

当時は、横浜駅前の「岡田屋」(現在モアーズ)の屋上で繰り返しプレイしたものです。

・・・あの時はクリアできませんでした。
が今となっては、(大人の財力でw)思う存分プレイできるかと思うと感動も大きいですwww

ああ。基板ってすばらしいwww

あと日本では、当時の家庭用ゲーム機の移植は、SG-1000くらいで、ほかは無かった気がします。

 

なぜかタイトルは海外版の方の「CongoBongo」でした
(ステージは2つしかありません)

しかしアメリカでは結構ヒットしたようで、いろいろ移植されているようです。

_c13

_c14

   

今はPS2でSEGA AGES Vol.23で販売されていて手軽に購入できますので、ぜひ遊んでみてください。

                                             

 

■Tip Top (Congo Bongo)動画

 





では、毎回お約束のハーネスとディップスイッチ表です。

■ハーネス

_c3

ザクソンと同じハーネスです。




■ディップスイッチ

_c4

 

 

本作「ティップタップ」は、”クォータービューのドンキーコング”と表現しましたが、ゲーム内容以外にもやっぱり似ているなあ、、、というところがあります。

_c31

                            ティップタップの「BONUS」と「L」(周回)表示

 

_c3_4

                           ドンキーコングの「BONUS」と「L」(周回)表示

 

 

こんなところまで似せなくても、、、
と思うところなんですが、
実は「ティップタップ」の開発は、ドンキーコングの開発元と同様に”池上通信機”
なのですw

 

となると、なんとなく似る意味は理解できますが、別にゲーム内容もこんな表示部分も似せなくても、、、とは思いますw

 

 

でも。
おかげさまで、とても良作のドンキーコング進化版が楽しめたので良し、です!!

SG-1000移植版も当時狂ったように遊びました!



大変お世話になりました!池上通信機さん!!






■おまけ  ATARI2600版のコンゴボンゴ移植版

2ステージ(1と4ステージ)しかありませんが、ものすごい執念を感じますwww

         

« ワシは宇宙の帝王 ザ・ザ・ザ・ザ・ザ 「ザクソン」! | トップページ | 乗るしかない このビッグウェーブに ~ 「ゼビウス」 と 「256発伝説」w »

アーケード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573233/51901302

この記事へのトラックバック一覧です: クォータービューのドンキーコング? いいえ、「ティップタップ」です。:

« ワシは宇宙の帝王 ザ・ザ・ザ・ザ・ザ 「ザクソン」! | トップページ | 乗るしかない このビッグウェーブに ~ 「ゼビウス」 と 「256発伝説」w »

フォト
無料ブログはココログ