« 乗るしかない このビッグウェーブに ~ 「ゼビウス」 と 「256発伝説」w | トップページ | 社会問題をえぐり出す渾身の風刺ゲーム!~「ごんべえのあいむそ~り~」 »

2011年6月18日 (土)

俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!! ~ 「スプラッターハウス」

さてさて、今年もそろそろ夏ですね。
夏と言えば定番の怖い話。

とくれば。
そう。

1988年11月、ナムコから発売された「スプラッターハウス」ですw
(ホラーじゃないじゃん。。。) 

_sh6

この頃のナムコは、よくも悪くも”普通のゲーム”が多くなってきた感じですが、本作「スプラッターハウス」は、とてもよくデザインされたアクションゲームだと思います。
 

まず普通におもしろいです。
難易度も簡単すぎず、積むほど難しすぎず、でもやっぱりすぐにクリアできない。


そして、着実にうまくなれるという、ゲームのバランスデザインがとても秀逸である良作なのです。

_sh1



■ストーリー

とある嵐の夜、古い洋館に雨宿りのため立ち寄ったリックとその恋人ジェニファー。
しかしその館は、モンスターの徘徊する 恐ろしい『スプラッターハウス』であった。
ジェニファーは連れ去られ、リックはモンスターに打ちのめされてしまう。
そして倒れたリックの顔に、古代の精霊が宿る『ヘルマスク』が貼り付いた。
あらゆる力を増幅させる伝説の仮面・・・ いまそれが、リックに勇気と力を与えた。
リックはジェニファーを助け出しこの忌まわしい館から脱出するため立ち上がった・・・


とまあ、当初はこのストーリーだったはずです。
それが途中で、何故かちょっと変わってたような記憶があったなあと、思って探したらWikiになんとなく記憶と近いのがありました。。。



■バックストーリー Wikiより)

死体蘇生をテーマとし、狂気の研究を行っていたウエスト博士。
オカルティックな儀式や研究の副産物で溢れかえる彼の館は、いつからか「スプラッターハウス」と呼ばれるようになっていた。
そのウエスト博士の死後、大学で超心理学を学ぶリックとその恋人ジェニファーは「スプラッターハウス」の噂を確かめようと、
突如降り出した雨の中、飲み込まれるように館へと足を踏み入れる。
そして、その2人を待ち受けていたのは……博士の残したおぞましき「研究成果」達だった!!
怪物達によって館の奥へと連れ去られるジェニファー。助けようとしたリックも怪物達に打ちのめされ、地下牢に放り込まれてしまう。
だが薄れ行く意識の中、何者かの声が絶望にまみれる彼の意識に語りかけてきたのだった。

『我が名は”ヘルマスク”。太古より覇者と共にあった仮面に宿りし精霊なり。若者よ、オマエに力を貸してやろう…』

…そして彼は「異形の者」として目を覚ます。愛する人を救うため、長い、長い悪夢へと…。





これ確かPCエンジン版が出たときについたストーリーだったような気がします。とても、うろ覚えですが。
というか実は、アーケードも、元々コレだったのかもです。

でもそれだと、導入部分がちょっと変わってますね。
”雨宿りでしかたなく”なのか、”能動的に興味をもって館に侵入”か、で。

 

>>>2013年4月21日追記
実は、本作「スプラッターハウス」の元製作スタッフ様よりメールをいただきました。
開発当時はやはり”バックストーリー”のほうはなく、単純に
” 洋館に迷い込んだ”という設定だったそうです。
また、主人公のリックもモロに「ジェイソンで」とのことでしたw そしてゲームの血の色は、自主規制で赤は使わずにしたとのことです。

 

 

バックストーリーのほうに出てくる、”死体蘇生研究”、そして”ウエスト博士”って、、、ラヴクラフトですか

アメリカの”コズミック・ホラー”の大家、HPラヴクラフトの著書の一つにあるのが、”死体蘇生者 ハーヴァード・ウェスト”



ここから引っ張ってるのですかね?というか、そうだと思います。
原作?と内容はだいぶ違いますが(そりゃそうだ)、テーマとして登場人物の名前を拝借した程度だと思いますが。

                                             

創元推理文庫の”ラヴクラフト全集5”に掲載されているので、ぜひついでに読んでおいてください。
オイラは中学/高校生くらいにTRPGの「クトゥルフの呼び声」をプレイしていたので、その時に読んだはずです、内容けっこう忘れました。。。


で。ラヴクラフトですが。。。

。。。えっと、とりあえず、すごい”読みづらい”ですw

(読んでもらえればすぐわかります)




さて。実際のゲームです。

_sh2



まず、デモ画面。
道に迷った、主人公リック と 恋人のジェニファー。

_sh11





洋館を見つけ、そこに雨宿りしに行きます。

_sh7



リックは襲われ、ジェニファーの悲鳴がっ!



襲われたリックは、石仮面じゃなくて、”ヘルマスク”の力を借り超人的な復活をし、恋人ジェニファーを奪還しに行きます

_sh61

7ステージ構成のゲームで、最後は”ヘルカオス”を倒すことでエンディングです。






■ステージ1 - ウエスト別館・地下牢

死体ゴロゴロで、いきなり嫌な雰囲気ですがw
地下牢から脱出してスタートのようです。

_sh71

ボスは、うじゃうじゃと、なんだかよくわからない名状しがたきもの”ボディーイーター”がじゃんじゃん襲ってきます。全部倒せばクリアです。

_shz2

最後にちょっとしたトラップがありますが、まあステージ1なので簡単です。





■ステージ2 - 拷問部屋・地下水路

ステージ的には、ステージ1とあんまり変わりません。

_sh72_2



ただ、地下水路があり、トゲ鉄球 や ドロっぽいモンスターが襲ってきます。

_sh73



ボスは、”ポルターガイスト”です。
ろうそく、空き缶、椅子、ナイフ、絵、が順番に襲ってきます。
全部倒せばクリアです。

_sh74

 

あ。また最後にちょっとしたトラップがあります。






■ステージ3 - 庭園

外に出ます。武器に銃が出てきます。これは後半まで大切に取っておきます。
銃をとっても、しゃがんで攻撃 や ジャンプ攻撃をすることで、銃は撃たないので弾の節約です。
_sh75



なんだこりゃ。 。。_sh76



ボスは”ピギーマン”
チェンソーで襲ってきますが、銃があればここでテンポよく連射で楽勝です。
ただし、銃がないとちょっと厄介です。
いわゆる”初心者キラー”w_sh77





■ステージ4- ウエスト館 本館その1

ここから難易度が上がってきます。
途中で、様々なステージとトラップが出てきます。

_sh78



うはあああ。。。_sh79

 

回転刃トラップ。タイミングよくジャンプで避けましょう。
失敗すると、足首を切られます(1ダメージ)。
イタタタタタ。。。。。(想像しただけでゲンナリです…)

_sh80



鏡ステージ。リックがちゃんと写りこみます。芸が細かいなあー。_sh81

 

すると、鏡が突然割れて、”ミラー リック”が襲ってきます。

_sh82


                                                      ■オマケ■
                                          ミラーリックだけ前に出てきて、
                                        リックは鏡に閉じこめられてます。

_sh83
                               えーっと。ゲーム中こういうことはありません。
                          写真を撮ったら、何故かたまたまこんなになりました。
                                                  心霊写真ですねw



ボスエリアです。ボスは”イビル クロス”
逆さまの十字架です。斧で、十字架を斬りまくればクリアです。

_sh85

 



イビルクロスを倒すと。。。ジェニファーの悲鳴がっ! _sh86





■ステージ5 - ウエスト館 本館その2

さて、ここが第一の壁です。難易度もぐっと上がります。

そして、ルートが分岐しており、自分が得意なのを進んでいくと良いのですが、まあどこに行っても、しっかりそれなりに難しいですw

さらに長いです。

_sh87



床が滑るのでタイミングが難しい。

_sh88



今まで、ソンビ系の敵だけだったのですが、幽霊が襲ってきます。

_sh89



・・・実は、この幽霊がちょっとカワイイですw

_sh92                            

攻撃がリックに当たると笑顔になりますwww

  



ゾンビを倒しても、復活させる厄介な敵”ジョーカー”。(だったはず)
早めに攻撃をしよう。_sh93
                                               ウーーーーハッ!

 

また”ボディーイーター”ラッシュです。。。結構、嫌なんですよ。コレ。。。

_sh94

 




ジェニファー!!!

_sh95

_sh96

                                               「Oh.....My darling...」

 

_sh97

                                                      「ah,ah,....」

_sh98

                                                   「aaahgggggg....」

_sh99

                                                   「Ahahaha!」

ジェニファーがああああ、、、ここのボスなんです (TT
若干、トリッキーな動きですが、コツを掴めば楽勝です。

倒したぞw (あっさり)

_sh100

                                        「Thank you...good bye...」



この後、霧のようにジェニファーは消えてしまいます。

_sh101



ジェニファーの復讐のために、”胎内”に入っていくリック。

_sh102





■ステージ6- ウエスト館地下・胎内洞

巨大なイクラみたいな卵?が浮遊して襲ってきます。
着地すると孵化して、ミジンコみたいのが多数襲ってきます。

とにかく、卵を撃ち漏らすと結構ヤバイです。着実に仕留めましょう。

ここは第2の壁です。大抵の人はここで終わります。

_sh103



ボスの”マザー”
怪物たちの、そして館そのものの心臓部。 _sh104

 

倒すと、でろーんと液体を吐き出します。かぶるとダメージです。

_sh105





■ステージ7  - 炎上する庭園・墓場

とうとう来ました最終ステージ。”マザー”を倒したことで、倒壊する館。そこから脱出をします。
道中に、燃えた丸太 や 炎人間が襲ってきます。倒すことはできないので、ひたすら避けましょう。_sh106




すると、、、最後には、大ボス”ヘルカオス” !!

_sh107

始めはサックリやられますが、ポイントはとにかく”手”。

この手が、最上部まで上がったタイミングでジャンプすれば、簡単に避けられます。ただし、上から降ってくる瓦礫には気をつけましょう。



激闘の末、”ヘルカオス”を倒したぞ!

_sh108



ヘルカオスを倒し、館から脱出するリック。
リックに超人的な力を与えた”ヘルマスク”も砕け散ります。。。



これで全てが終わりました。。。この後、リックがどうなったかは本作では語られません。

_sh109



。。。最後に、砕け散った”ヘルマスク”が、また集まり復活し、エンドです。 _sh110

最終的にジェニファーは救出できす物語は終わります。
こういう救いようのない物悲しいストーリーのゲームというのは当時は珍しかったです。



そして、今更ですが”スプラッター”というテーマはアーケード初だと思います。
(後世の”モータルコンバット”もいろんな意味でスゴイですが)

 


しかし、冒頭にも述べましたとおり、簡単なゲームではありません。
中級者は、ステージ5からが鬼門なのですが、手を抜かず、しっかり意識して考えてプレイすれば必ず先に進めます!




絶妙なバランス、それがこのゲームの醍醐味です。

といいつつ、スーパー プレイヤーの動画をご覧ください。
(すげえ簡単そうに見えますw)

で。
知っている人はとっくに知っているのですが、なんと「スプラッターハウス」が
2010年10月にPlayStation 3 (と XBOX360)で出ているんですよ。

_sh50

海外で(日本未発売)で。。。w

                                              

ちゃんと国内版のPS3で動作します
がっちり英語音声と英語字幕ですが、まあそんなに難しくないですし、読まなくてもなんとなく理解できます。
これはこれで臨場感あって良いかと。

_sh51                                                 怖いタイトル画面

 

ストーリー自体は、何気にオリジナルの「スプラッターハウス」と同じです。(タイトルで、ジェニファーのBGMもちょっと流れたりして、当時プレイした人は、いきなりニヤッってします)

で。

リックが襲われ、ジェニファーがさらわれます。

_sh201

本作では”ウェスト博士”も出てきます。

 

瀕死のリック。

_sh202

_sh60

                                     (初めて顔がわかりましたw)

 

_sh203

そして、石仮面、じゃなくて、”ヘルマスク”がリックに語りかけます。

 

_sh204                                               「さあ、手に取れ」

  

_sh205                                         ヘルマスクに手を伸ばすリック

  

_sh206                               「俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!!」

 

_sh207
                                                      リック!?

   

_sh53

  

_sh54                                     いや、本当に人間を止めたようですw

 

 

と。まあ、ヘルマスクの力を借り、まさに超人的なパワーを手に入れ、ジェニファー奪還のために立ち上がります。

で。ゲームの方ですが、綺麗になった「スプラッターハウス」かと思いきや。。。
これがまたずいぶんとすごいゲームに。。。

 

_sh55

3D視点のFPSというかアクションの、セガの「スラッシュアウト」「スパイクアウト」みたいなゲームになってました。

_sh56                                ドバーーー

  

_sh57

                             ドバドバドバー

  

_sh58

                        ギャギャギャーーーーー

 






・・・なんか、違うゲームに。。。なってる。。。たしかに「スプラッター」ですがあああ。


画面全部が血しぶきで埋まって見えなくなる時がありますwww

ちなみに2面では、中ボスっぽいヤツに、腕をちぎられるのですが、新しく腕が生えてきますw
そして、ちぎられた腕を武器にして戦う、という何がなんだかよく分からない、ものすごい展開。。。(他にも武器はたくさんあります)

_sh59



とまあこんな感じでゲームが常に進行します。。。
でも慣れると、ちょっとづつ面白くなります。
まあイメージのとおり、爽快感もありますw

(このゲームで、それを感じるのもちょっとなんですがw)



で。実は、クリアするとオマケで、なんとスプラッターハウス1、2、3が遊べるようになるそうです!
(まだクリアしていませんが、結構普通に遊べて面白いですよ!)



2と3はメガドライブでしか出てませんが、この1本で全部遊べるという!
(ファミコン版の「スプラッターハウス わんぱくグラフティ」は無いみたい)

しかしですよ。

この外国人のゲームのセンスは結構、理解しづらいですねえええ。



なんでこう、リアルに人が死んだり、血しぶきドバーってのが大好きなんでしょう。。。じわーっとした恐怖とかじゃなくて、血しぶきを見てSAN値を失いそうになるくらい、ドバドバですwww



しかしまあああ、アノ国のゲーム制作連中は、未開で野蛮な狂信者共だ。我々の理解が及ばない、本能的に絶対に狂っていr・・・



ん??ドアに叩いているような音がするぞ?

・・・何かつるつるした巨大なものが体をぶつけているかのような音?

ドアを押し破ったところでわたしを見つけられはしない。

いや、そんな! あの手は何だ! 

窓に! 窓に!

(ラヴクラフトで終わるというオチですか)

« 乗るしかない このビッグウェーブに ~ 「ゼビウス」 と 「256発伝説」w | トップページ | 社会問題をえぐり出す渾身の風刺ゲーム!~「ごんべえのあいむそ~り~」 »

アーケード」カテゴリの記事

コメント

スプラッターハウスなついですw
まさか、PS3で出てたなんて....
あれだけ、血しぶき上げてたら、国内販売
できないですねーw

>fuyu-tomさん
コメントありがとうございます!
何気にひっそりPS3で販売でちょっと小躍りしましたが、、、まあさすがに国内無理だと思いましたwww

でも、洋ゲー好きなら、自然に遊べますし、オールドゲーファンも全クリアで、スプラッターハウス1・2・3が遊べると思うと、良いモチベーションになるかもですw

「俺は人間をやめるぞぉ」でここに来たら
なんとも懐かしいゲームが( ´艸`)
ゲーセンでよくやりました。
まさかPS3であろうとは!!(゚ロ゚屮)屮
当時アーケドではクリアーできずFCでって聞いたときは喜んだんですけど・・・
まぁあれでしたね^^;
洋ゲーも好きなんで機会があれば
遊んでみたいです( ^-^)

>>サウさん
コメントありがとうございます!
流れ着いていただいたところがまさに「スプラッターハウス」ですねwww

よく考えたら、今風のゲームで当てはめると「なんとか無双」系のなので、さっくり遊べるところは魅力です。
やっぱり大味なのでアメリカン洋ゲー風味ですけどw
Amazonでさっくり買えるので機会があればぜひ!

FC版は私も当時盛り上がりましたが、、、まあFCですしね。。。ストーリー的には「スプラッターハウス 0」ってところで解釈して(無理に)納得しましたw

ちょっと前ワンコインだけやってみましたが1面半ばで死亡しました(´・ω・`)
クリアまで行くなんてすごいですね!
自分も今度はもっと粘りたいです

FC版も探してこようかと思いました

>>HaNiWa さん
コメントありがとうございます!
リハビリにずいぶん手こずりました。。。
あと歳のせいもあり、頭は理解しても身体がついてきませんでしたww

でも、コツコツ系ゲームだと思うので、シーンごとの対処方法を覚えておけばちょいちょい進めますよ。

FC版は、いろんな意味でスゴイです。独特というかFCならではのデフォルメに味がありますが、移植じゃないと思えば、ちゃんと楽しめます!

こんばんは

北米版を入手しましたが、英語だらけで分からず。特に、難易度設定が分かりません。
最近は、アクションゲームとは無縁だったので、かなり困っています。
難易度設定をイージーにする方法を教えて下さい。

>>こうちん さん
こんばんは!
お問い合わせありがとうございます。

北米版をおやりになっているのですね。
で。
難易度調整なのですが、、、
ゲームスタート直後に設定が必要です。

”STORY MODE”→”START NEW GAME”を選択すると、難易度調整設定があります。
その画面の右上に「Difficulty」項目があるので、”Coward”(臆病者)を選択するとイージーです。

その他の”Savage”が”凶暴な”、「ノーマル」。
”Brutal”が”残忍な”、「ハード」となります。
 
 
が。。。”Coward”が恐らくデフォルトで設定されているはずです。。。

どうも始めまして。
海外でスプラッターハウスのTURBO GRAFX 16(PCEの海外版)版もあります。
これは内容が日本のPCE版に似ているが内容が微妙に違う。
PCE版との違いは以下の通り。

・リックのヘルマスクの色が違う。それだけではなく、マスクの形状もかわっており、覗き目などが釣り上がっている。(ついでにミラーリックのマスクの色と形状も。)
・BGMに少しやる気がこもっていない。
・一部のエフェクトの色が微妙に変わってる。
・ステージ4と7にある十字架状の物体ら全てが別の物に変えられている。
・・・など。一度調べてみてください!

>>Hekeunu さん
コメントありがとうございます!
はじめまして!
 
TurboGrafx版ですかあああ。本体を買おう買おうとして未だに買えず仕舞いですが、、、
 
しかしまた、面白い差ですねえ。
マスクが違うのはまあ理解できるのですがw
十字架が違うのも、ああそうかそうか、って感じで納得です。
しかしBGMにやる気がこもってないってwww 聞いてみたいですねえー。
 
ちょっと調べてみますー。
ありがとうございます!
 

スプラッターハウス懐かしいです
ゲームセンターはお金かかるから
PCエンジンで移植したのをやっていました
おもしろいものでこのゲームの動画を見ていたら中学の頃の思い出が蘇ります。

>>当時中学一年生でした さん
コメントありがとうございます!

PCE版は家庭用として十分な出来でしたよねえ~。
オイラも、いろんなゲームで、ゲーセンでやるか家庭用ソフトで買うか、と悶々としていたものです。。

おっしゃるとおり、当時のゲームをやったり、見たりすると、ほんと当時の頃がぽわーっと蘇ります。
また、意外とBGMや効果音とかも勝手に脳内再生されますよねw
  
 

懐かしいゲームの情報ありがとうございました!
昔、中学高校大学とゲームに夢中でしたスプラッターハウス、源平討魔伝、ダブルドラゴン、ファイナルファイト、スパイクアウト、、、、、、、嗚呼懐かしい!

って今もゲームが大好きですネット対戦の集団でやるバトルフィールドっていうゲームに夢中になっています今38ですが仕事から帰ってシャワーを浴びてビールをあけてつまみに手をのばし会社の連中とわいわいゲームしています、私はゲーム歴25年以上になりますが本当に物凄い進化だと思います、子供の頃、家で友達と会話しながらゲームという仮想空間で遊べたらいいなあと妄想していました、でもそれはドラえもんの世界だなとあきらめて友人とわらっていました!
けど今はそれが実現してしまいました、技術の進歩ってすごいものがあります、この先20年後30年後にはゲームってすごいことになりそうです、
62型のテレビでサウンドは7.1chで今でも今でもゲームに夢中です、懐かしいスプラッターハウス情報ありがとうございました!

>>当時中学一年生でしたさん
コメントありがとうございます!

(めちゃくちゃ遅れてのレスですが…)

いやぁ、我々の学生時代って、ほんと黄金時代だったと思います。
もっとも世代それぞれでそういうのはあるはずですが、でもちょっと他世代より楽しかった世代なんじゃないかなーって思いますよね。
 
それにしてもゲームの世界も進歩するものですよね。
おっしゃるような、仮想空間はほんと夢想したものですよ。もう現実的ですもんねえ。

しかし62型TVとサラウンド環境は羨ましいッス。
オイラ的に大画面の野望は、ゲームセンター嵐 ばりの大スクリーンで、ゲームやりたいですwww

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573233/51822500

この記事へのトラックバック一覧です: 俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!! ~ 「スプラッターハウス」:

« 乗るしかない このビッグウェーブに ~ 「ゼビウス」 と 「256発伝説」w | トップページ | 社会問題をえぐり出す渾身の風刺ゲーム!~「ごんべえのあいむそ~り~」 »

フォト
無料ブログはココログ