« タイトー「ルパン三世」~ ルパン三世の初ゲーム化作品じゃないか!? | トップページ | クォータービューのドンキーコング? いいえ、「ティップタップ」です。 »

2011年6月 5日 (日)

ワシは宇宙の帝王 ザ・ザ・ザ・ザ・ザ 「ザクソン」!

ザカリテではありません。” シルフィード”はとても面白いですよねw
いつかPC-8801MA2実機でご紹介します。出オチですいません。

で。今回は「ZAXXON(ザクソン)」です。

  

_z6

 

1981年3月「スクランブル」で”高度”の概念が作られ、その後に発売されのが、今回ご紹介する、1982年1月に池上通信機(!)による開発、セガより販売された、
”クォータービュー”のシューティングである「ザクソン」

です。

この「ザクソン」の特徴は、




・「スクランブル」の基本ルールを踏襲
・(たぶん)世界初”クォータービュー”による高度表現
・かの有名な、”池上通信機”の開発!

 




ということです。”池上通信機”については古参ゲーマーの方で知らない方はいないでしょう。それは後述するとして。




 

■ザクソンのゲーム性について

まずは、インストを御覧くださいまし。(↓クリックで拡大)

 

_z1

_z2

 

スクランブル」同様に、燃料制のシューティングです。地上にある燃料タンクを撃つと燃料補給です。燃料がなくなれば墜落して1機ミスです。

 

_z14                                              赤い円筒が燃料タンク
                                       画面下部の”FUEL”が自機燃料

 

スクランブル」との違いは、地上攻撃用のボムが無いので、”高度”を合わせて、地上の敵を撃つ必要があります。
画面左側にある「H」~「L」が高度計です。この高度があっている敵しか撃破できません

 

_z15

ステージ構成ですが、
1面 基地 >> 2面 宇宙 >> 3面  基地+ボス(ロボット)

の3ステージ構成です。

1面は前述まで掲載した画面ですw
2面の宇宙ステージは下記

_z8

(相変わらず当方のモニタの写りこみがスゴイですがw)
宇宙ステージには地上物がありません。
つまり、燃料タンクも無いので、1面でどれだけ燃料を稼いでおくかで安心度が変わってきますw

 

3面の基地ステージ+ボス(ロボット) 

_z11

 バリアが多く、間をくぐるのが難しい!

  

_z9

3面ボスの「ザクソン・ロボット」。こういかにもな80年代ロボットの外見にはロマンを感じますなw

ロボットが撃つ「ザクソン・ミサイル」は追尾してきて逃げれません
6発撃ちこめば破壊できます。破壊すればクリアです。
ロボット自体も破壊できたはずですが、オイラうまくないのでわかりませんw
そして当時の記憶も曖昧です。。。

あ。ちなみに、BGMありません。そのかわり、エンジン音(?)や爆発音が結構よく出来ています。これはこれで、集中できて良いものです。




■クォータービューについて

(ザクソンより先に、ATARIかどっかのアメリカのメーカが、クォータービューでゲーム販売していたような気もするのですが、、、)たぶんこの”ザクソン”が、世界初のクォータービューです。


縦画面でも横画面でもなく、”斜めから見た視点”のことを示します
これにより、”3D的な立体”を表現することができます。(上記までの画面写真のとおり)

 

もっとも、今のように本当の3D描画ではなく、キャラクタ表示は2Dです。

もちろん高度違いは衝突判定ありません、
あくまでも、3D演算しての画面描画ではなく、
プログラム的には、X軸Y軸の他に、Z軸のパラメータを持って当たり判定をしています 

 

さてさて、ザクソンは前述のとおり、モロに”高度”がゲームの重要なファクターとなっています。
このゲームは、敵の攻撃より、高度調整のミスにより壁やバリアにぶつかるほうが多い、というくらいですwww

 

_z10

                                      バリアと壁の間をすり抜けろ!

 

当時、この視点に慣れないゲーマーが続出で、早々に投げ出す人も周りには多かったのですがw

コツは、弾を撃って障害物に当たらなければ、その高度はOK!

あと、

設定がノーマル以上のときは、
地上にある「ミサイル サイト」(発射口)の上は通過しない、です。
上を通過した瞬間にミサイルが発射される可能性が極めて高いですwww
_z16

しかし今やると、自機の操作が慣れないんです。
↓で高度が下がり、↑で高度が上がる、なので、
つまり、現在の”多くの飛行機系”のゲームのように、↓で高度が”上がる”ものではないので、なんか変な具合なんです。

あ。ちなみに、自機は前後に移動できません。

 




■池上通信機について

古参ゲーマーなら、”池上通信機”といえば”ドンキーコング”ですねw

「ドンキーコング」の記事では触れませんでしたが、もともとドンキーコングの開発を行なったのが、池上通信機です。

池上通信機は、会社名のとおり通信機器および放送機器を開発/販売している会社です。
ドンキーコングのときは、任天堂からの受注で基板およびプログラミングを設計したわけなのですが、基板製作の販売権利をめぐり裁判にまでなり、最終的には和解しましたが、これを機に任天堂とは縁を切り、セガの開発を行うことになります

(かの有名な「ドンキーコング裁判事件」ですね)

なお、池上通信機による制作、セガ販売は「ザクソン」だけではありません。
後に出てくる、”クォータービュー ドンキーコング”こと、「ティップタップ」の開発も行います。

(ティップタップの基板も買ったので、後日載せますねw)

   





さてさて今度は、ザクソン基板のお話です。(↓クリックで拡大)_z5

PCB(基板のこと)が結構大きいです。時代を感じます。
しかし、このレイアウトが結構美しいんですよ。
PCB上に、「VRAM」とか「CPU」、「SOUND」、「BACK SCENE」等、機能ごとのレイアウトがシルクプリントされていて、あぁ信号がこう流れているんだなあ、となんかロマンを感じますw

海外版か国内版か不明で買いましたが、オイラの基板は恐らく海外版だと思います。

PCBデザイン違いの「ザクソン」基板を見たことあるのですが、もっとコンパクトでした。

あと、海外版の「ティップタップ」(コンゴボンゴ)も買ったのですが、これとデザインが同じなので、たぶん海外版でしょう。

でも、ザクソンの海外版と国内版の違いは、なんなのかわかりません。。。誰か知っていたら教えてください。

 



 



では、次にハーネス表とディップスイッチ(DIP)表です。

 

■ハーネス 

_z3_2

■ディップスイッチ 

_z4

セガ システム1基板のハーネスと似ていますが、若干違うので要注意!です。

始め、フリッキーのハーネスをそのままつけようとして、見直したら配線が違っていたので、ビビりましたw
危なく基板を飛ばすところでした。

 





とまあ。

スクランブルから始まった”高度”による障害物の当たり判定の表現を、3Dチックにクォータービューで表現した本作「ザクソン」ですが、本当に難しいゲームです。

油断すると、3分もたないんじゃないかとw

(慣れれば1周はできるようになりますよー)

当時のオイラは、あっという間に終わり、(幼少児に100円は超高額ということもありw)すごい釈然としなかったので、ほとんどやることはありませんでした。

 

後にセガの家庭用ゲーム機SG-1000に移植され(SG-1000版ではBGMが付いてます)、そこでまた遊びましたが・・・今やっても、どっちも難しいですw

現在は、Wiiのヴァーチャルコンソールで販売されているので、シューティングの歴史を感じつつ、ヒドイ難易度 と とっつきづらい操作系に「ありえねえええ」と叫びながら、諦めずに遊んでください。

難しい、難しいとは言え、「そんなはずないだろ」と思うでしょう。
なので、ぜひWii版を買ってあげてくださいw

 

絶対分かってくれます。というか、この難しさを共有しましょうwww

でも、ちょっとづつうまくなるんですよ。このゲーム。
諦めずにコツコツやると、おもしろくなってきます。なので、投げ出さないでやってみてください。

コツさえわかれば1周はできます!

人が「難しい」と言っているゲームが、自分では少しづつ上手くなるってのは、楽しいですよ!本当に!!

« タイトー「ルパン三世」~ ルパン三世の初ゲーム化作品じゃないか!? | トップページ | クォータービューのドンキーコング? いいえ、「ティップタップ」です。 »

アーケード」カテゴリの記事

コメント

スクリーンショットしか見たこと無かったんですがそういうシューティングだったんですね
今度VCでやってみたいと思います

>HaNiWa さん
コメントありがとうございます!

日本では、結構マイナーなゲームですからねえ。あまり話題に登ることもない不遇のゲームなんで、世間的にも情報が少なく。。。

で。
基板持ってるんですが、VC版も買いましたw

VC版は、レバー操作を、当時風の「↑で上がる/↓で下がる」、以外にも、
今風に「↑で下がる/↓で上がる」の設定もできるので、遊びやすいですので、ぜひ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573233/51805047

この記事へのトラックバック一覧です: ワシは宇宙の帝王 ザ・ザ・ザ・ザ・ザ 「ザクソン」!:

« タイトー「ルパン三世」~ ルパン三世の初ゲーム化作品じゃないか!? | トップページ | クォータービューのドンキーコング? いいえ、「ティップタップ」です。 »

フォト
無料ブログはココログ