« 俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!! ~ 「スプラッターハウス」 | トップページ | この道を行けばどうなるものか!「ザ ビッグ プロレスリング」~ゲーム業界初のプロレスゲームの道 »

2011年6月22日 (水)

社会問題をえぐり出す渾身の風刺ゲーム!~「ごんべえのあいむそ~り~」

_g2

やっと基板買えました!ひゃっほー。

いやぁ欲しかったんですが、ぜんぜん手に入らずでした。

で。何をかというと、コアランド開発/セガ販売の1985年4月
「ごんべえのあいむそ~り~」 です!



まあオールドゲーマー以外あんまり知っている人いないマイナー作品ですね。

バブル景気の中で販売したコアランドの”怪作です。

その怪作のためか、当時、家庭用ゲーム機に移植もされませんでしたし、今後もバーチャルコンソールとかでも出てこないでしょう(MAMEがあるじゃんってのは凹むのでナシで・・・)

_g1

                                         基板はセガ「SYSTEM 1」

_g5                                        ハーネスとディップスイッチ




で。本作ゲームとしては、以前ご紹介したルパン三世」のように、金塊を集めてスタート地点に戻る、という”回収・ゴール型ゲーム”です。

_g30                                     スタート地点は画面最上部中央

 

画面上に10個金塊があり、それを一つ取るごとに、0点→100点→300点→600点→1000点→1600点→2500点→3900点→5500点→7400点→9999点、と増えていき、、、

_g28

_g18

_g19

 

それをスタート地点に持ち帰ると点数としてGetになり、10個を集めて戻るとステージクリアです。わっはわっは。

(当時、セガ系列ゲーセンでロケテ版を見た記憶があるのですが、そのときは「よっしゃよっしゃ」だった気がします)

_g11

 



・・・というかなんで、金塊取ることで増える点数が、こんな増え方をするのかさっぱりわかりませんが、回収だけしても点数になりませんので、戻る必要があります。

一部回収してちょいちょい戻れば、ミスしても続きからいけると思えますが、ミスすると金塊が全部もとに戻りますw



つまりまあ普通はいっぺんに回収して持ち帰り、というのが基本です。

 


とまあ、回収→ゴール型、と割とありきたりなゲームなのですが、「ごんべえのあいむそ~り~」というタイトルもさることながら、細かいところで”怪作”っぷりが随所にあります

_g3

インストの右下になんか、I'm Sorry !って誇らしげなのが、まった理解できませんwww


次、
金塊を取って自分の家に入ると得点になります」
戻るところは、「自宅」です。

さらに、さらっとさりげなく、「消火栓は火をふきます。気をつけて!」とか滑りこませてきます。油断できませんね!



消火栓はそういう意味じゃねええ、火をふかねえってーー。

消火栓と言えば、水を出すか か ヘルメットをくれるか、と相場が決まってますw

 

_g10

                                                  問題の消火栓


                               火をふいてますね!

・・・すごい大きな問題だと思うんですが、、、なんでまあ、「火をふこう」と思ったのか、さっぱり経緯がわかりませんw



さて、主人公ですが、元総理大臣の田中○栄に似ているような。。。というか、世間一般ではそういう事になっている様子ですw

_g26

つまり、あれか、、、「I'm 総理」。。。ゲフンゲフン、うんまあ、たぶんこの線だと思いますw
だから、
I'm Sorry !っても誇らしげなのか!なんか違うけど!

となると、アレですか、金塊を集めまくって自宅に持ち帰る、というのは風刺なのですかっ!?
いろんな意味で危険ですwww

ですが。プレイヤーの名前は「ごんべえ」です。

ちゃんとインストに書いてあります。

いいですか?「ごんべえ」ですよ?www






ほいでもって敵キャラです。

■ 樽

何故か”樽”がいますw

_g29

これがまた、倒せない上に、意思を持っているが如く、ごんべえを追ってきます
しかも結構な小回り や ターンを利かせてwww

 

なんで、樽にしたのか、その関連性がさっぱりわかりませんが、本ゲームはこの樽の動きを先読みし、如何に戦略的にかわすかにかかってます。


また、この樽と、その他敵キャラが重なったり並んで、追いかけけてきたのを、どのようにさばくかというのも瞬時に判断力を求められるところです。

つまりこの2点が、最大の攻略ポイントです。本当に。

あ。樽は倒せませんので、本ゲームで最強の敵ですw





■ タモリ

えっと。流浪の番組の人?どう見ても、タモリっぽいです、というかそうです。

_g22

捕まるともちろんミスですが、なぜかSMに。。。

_g33

これ「タモリと赤塚 不二夫のSMショー」ネタのようです。(むかーし、こういうネタあったそうです)
というか、オイラはこのネタはリアルタイムでは知りません。

なので、さらに輪をかけて、今の人達にさっぱり理解されないネタでしょうwww





■ジャイアント馬場

次、”ジャイアント馬場”ですね。 _g20

捕まると、必殺技のココナッツクラッシュ(古いなぁ)でやられます。
(バックブリーカーという説アリw)

_g45

今世代には、ジャイアント馬場をリアルタイムで見た人っていないんじゃないのかな。。。(なんか寂しいですね)




■ 瀬古利彦

マラソンの”瀬古利彦”選手ですね。そしてなぜか、ぴょんぴょん跳ねながら襲ってきます。それ、マラソンじゃないよ。。。

_g27

捕まると、蹴りをくらいます。というか、なんの意味なんだ??

_g41

 

ジャンプ中は攻撃が当たりませんので、着地点を狙う必要があります。
なお、縦軸の場合はなんか当たり判定が甘いので簡単に倒せます。





■マイケル・ジャクソン

ムーンウォークで追っかけてきます。いいのか本当に!?
敵としては普通です。

_g21

捕まると、ガリガリ噛まれます。
”スリラー”ネタですね。たぶん。

_g34





■ 石像

なんだかよくわかりませんが、自分の石像?も襲ってきます

_g23

この銅像は、叩くとすぐ壊れますが、一定時間後にその場で復活します。
しかし、うまく誘導して、
元いた場所まで連れて行くと、ただの銅像に戻って1500点入ります。(なんで半端に1500点なのか。。。)





■ マリリン・モンロー

マリリン・モンローも出てきますw (2週目ステージ4から)

_g43

捕まると、なんかちょっと羨ましい状態になりますw
ミスじゃなくて良いんじゃないか?www

_g44

なお、投げキッスをたまにしてくるのですが、これに当たるとミスです。

パンチで破壊できるのですが、投げキッスにとても見えず、炎が飛んでるようにしか見えませんw
(写真を用意できなかったが心残り…)






で。いまさらですが、ステージ紹介です。

4ステージ1セットで1周のループゲームです。




■ステージ1

スタート地点およびゴールの「自宅」は、和風なお屋敷です。

_g6

ステージ上の柵を全部壊すと、画面中央に何故かモアイが出る隠しフィーチャーがあります。

_g35

パンチで取れます。1個1500点。・・・なんで1500点なんて半端なのか。。。

_g36





■ステージ2

スタート地点およびゴールの「自宅」は、大きな洋風豪邸です。 

_g7

この面も隠しフィーチャーがありまして、池の鯉を叩くと、、、

_g37

ハドソンっぽい蜂がでますw

_g38

そして取ると、何故か9800点です。
・・・だからなんで、半端な点数。。。






■ステージ3 

スタート地点およびゴールの「自宅」は、えーっと国会議事堂ですw

_g8

やっぱりあります。隠しフィーチャー。東京タワーを下から叩くと、、、

_g39

画面上の何処かに(たいてい決まった場所ですが)、財宝がでます_g40

点数は表示されませんが、複数回取れます。(何点だったか忘れました…)

また時間と共に、少しづつ減っていくので、早めに回収!




■ステージ4 

スタート地点およびゴールの「自宅」は、ステージ1のような和風なお屋敷なのですが、大きくなってます! 

_g9

やっぱり隠しフィーチャーあります。

左下の池の鯉を2匹叩くと、池が干上がって、中から宝石が3、4個出てきます
ただし、時間ですぐに水が戻るので、すぐに回収しないとミスになります。

(そのせいで写真が用意できませんでした…)

   

あとはこれを繰り返すのですが、周ごとに消火栓が増えたり、移動を制限するベルトコンベアーが増えたり、樽が2つになったり、結構な難易度になります。


いやあ、壮大なテーマで世相を反映し、社会問題を鋭くえぐり出す社会派のゲームですねっ!www
(どのあたりか、と言われると説明に困ります)





とまあ、なんか本当に怪作なのですが、これがまたBGMもかなり素敵です。
なんと、まさかの
演歌調?BGMですwww

本当に良い曲なんですよ。。。今でも頭の中をループしますw

CDも殆ど無く、たしか「LEGEND 80’S SERIES セガ アーケード80’S VOL.2」にしか収録されてなかった気がします。

                                                

一発即死ゲーなので油断するとあっという間にゲームオーバーです。

しかし、シンプルなルール、実は結構バランスも良い。さらに、戦略性もあり、また一瞬判断遅れでミス。そしてこのゲーム性の”軽さ”はクセになる面白さなんですよ。

当時、何回も何回も50円入れましたw


では、本作の魅力をさらに伝えるための動画のご紹介です。
まさに自分のプレイを代弁してくれる素敵な動画がありました(というか、あるんですね…)

 

偶然にも、ゲーセンで見つけたら、ぜひプレイしてください。コンシューマやバーチャルコンソールにもありませんので!(MAMEは置いておいて・・・)







なお。このコアランドですが、80年代のアーケードではヒット作を開発してました。

「ペンゴ」(!)、「ジャンプバグ」(!)、「青春スキャンダル」(!)、などです。



しかし、結構な額を抱えた経営難となり、なんとバンダイに吸収されます。
そして「バンプレスト」に社名を変えます



家庭用ゲーム機ではバンダイ版権モノのゲームを販売、そしてスーパーロボット大戦シリーズなどを展開します。
また、
UFOキャッチャーの景品で、バンダイのキャラクター物を展開し、一気に黒字化します。



とまあ、なんか波乱万丈なメーカーですが、このような本作「ごんべえのあいむそ~り~」があったからこそ、スーパーロボット大戦が生み出せたのです!(デカイこと言い過ぎw)



今こんな時代ですが、まさにこういうゲームがまた出ても良いんじゃないかなー。

(やっぱ無理か、無理なのかっ!?)

« 俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!! ~ 「スプラッターハウス」 | トップページ | この道を行けばどうなるものか!「ザ ビッグ プロレスリング」~ゲーム業界初のプロレスゲームの道 »

アーケード」カテゴリの記事

コメント

何年分相続税をごまかせるかや、いくら外国人から献金をもらえるかを競うのかな?

持ち帰りゲームというとトランキライザーガンを思い出すんですが、むちゃくちゃ下手だったなあ・・・

コメントありがとうございまーす!

トンキーライザー ガン!
たしかに、持ち帰りゲームですなw


あれスゴイ怖かったですよ。
幼心に結構トラウマですw

麻酔から起きてしまった時の動物たちの速さや、トラックのガソリン切れの時の総攻撃とか。。。

セガSG-1000版も良く遊んでましたw

コアランドイカしてますね~
ラフレシアとか4-Dウォリアーズみたいな異様でグロテスクなシューティングだしたり
のぼらんかみたいな変シューも出したりしてて面白いメーカーでした。
バンブレストになってからはバンダイのキャラゲーばかりになっちゃいましたが・・・
このころの変なセンスが薄れてしまったのが残念です。あと奇ゲーシューティングの
爆烈ブレイカー取り上げて欲しいです

>> うひょ さん
コメントありがとうございます!
(遅レスですが・・・)
 
そうそう。そうなんですよ。「コアランド節」www
この独特の感じがたまらんかったです。
オイラは、ごんべえ と 青春スキャンダルが双璧ですねw
 
って、爆烈ブレイカーっすね。了解っす。
がんばって基板さがしてみますーーー。出回りあんまり無いようなwww

(最近やっと落ち着きそうなので・・・)
 
 

当時の雑誌には瀬古利彦ではなく、カールルイスだと書いてあった記憶があります。
だから三段跳びしてるわけですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573233/51990457

この記事へのトラックバック一覧です: 社会問題をえぐり出す渾身の風刺ゲーム!~「ごんべえのあいむそ~り~」 :

« 俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!! ~ 「スプラッターハウス」 | トップページ | この道を行けばどうなるものか!「ザ ビッグ プロレスリング」~ゲーム業界初のプロレスゲームの道 »

フォト
無料ブログはココログ