« 夏といえば妖怪だよね~タイトー「奇々怪界」 | トップページ | 格闘ゲームのパイオニアー♪ ~コナミ「イー・アル・カンフー」 »

2011年8月14日 (日)

エルボーで突き進め!~「双截龍(ダブルドラゴン)」 テクノスジャパン

「双截龍 (ダブルドラゴン)」
1987年6月 テクノスジャパンより販売

 

_d6

 
これもまた、駄菓子屋さんゲーム四天王であったw、超名作ゲームです。

 

オイラは、横浜の天王町近くの興福寺という交差点の一角にあった(今はないですが。。。)、”大和企画”というゲームセンターでずーっと遊んでいた記憶があります。
 
 

そして今も残っているところもあったりします。

オリジナルをやったとこがない人は、見かけ次第ぜひ遊んでみてください!

ほんとうに面白いです!
 

 

_d3

_d2                                 ハーネスはJAMMA + ディップスイッチ表

 
 

オイラが持っているのは、アメリカ版のダブルドラゴンでして、販売表記がタイトーアメリカです。(とても安かったので気にせず買いました)

 
ゲーム内容的には日本版と差異はないと思います。(たぶん)

 

_d4                                            タイトーの基板シール

  _d5                                   そして、テクノスジャパンの刻印も

 
 

もっとも、本作の前身となるのが、同じくテクノスジャパンの1986年5月販売「熱血硬派くにおくん」があります。

 
一番のポイントは、
今まで普通にあった横画面のアクションゲームに対して、
画面の奥行きを表現していることです。

で。
スティーブン・セガール張りに敵に囲まれるので、バッタバッタとなぎ倒すゲームですwww


この「熱血硬派くにおくん」を踏襲した
本作「ダブルドラゴン」では、さらに多彩なアクションを盛り込み、より完成度を高めた名作です。
 
 _d63            続編っぽく、ゲーム中でも「くにおくん」の看板が出てきてきます
 
 

 

そして、画面を右にスクロールしステージ進行すると敵がワラワラと出てきて、全滅させるとまた敵がワラワラと、、、
 
という、このゲーム進行スタイルは、
いわゆる”ベルトスクルロール型アクション”
と言われます。
 

 
また本作は、
このジャンルを確立させた「ファイナルファイト系」のゲームの元祖です。
 

そして今後も、このジャンルはずーっと続き、特にコナミとカプコンでは結構な数が発売されます。



しかし、、、「ファイナルファイト」はカプコンより1989年12月販売で、ダブルドラゴンの方が断然早いのですが同じジャンルのゲームは、なぜか「ファイナルファイト系」と言われる、ちょっとかわいそうな側面もあったりしますwww

 

_d1

 
当時のダブルドラゴンの人気はすごく、大抵のゲームセンターや駄菓子屋さんに置いてありましたし、設置期間もものすごく長く、多くの人に愛された名作ゲームです。
  

 

また、アメリカでは日本よりさらに大ヒットしたらしく、前作”くにおくん”も含め、「ダブルドラゴン」は、アメリカ産ゲームなんじゃないかと長い間思われていたとかなんとかwww
 
 

 

で。そんな本作がヒットしたポイントというのは、3つあると思います。

  1-多彩な技
  2-とっても盛り上がる 2人同時プレイ
  3- ”抜群な”難易度 と 多彩なステージ構成

 
この3つにフォーカスをあてご紹介していきます。

 

 

 

 

■1-多彩な技

テクノスジャパンは格闘アクションに並々ならぬ情熱を注いでいると思います。
 
 

以前にも紹介した「ザ・ビッグプロレスリング」も、プロレスゲームを表現するためにプロレスゲーム初発ながら本当に多彩な技がありましたが、「ダブルドラゴン」も多彩なアクションを搭載しています。
 
 

そして、やっぱりアクションゲームたるもの、やっぱり派手に暴れたいものですよ!
 
 

インターフェースとしては、レバーと「キック」「ジャンプ」「パンチ」ボタンの3つで表現します。
 
 

「ザ・ビッグプロレスリング」よりも、操作系がちょっと複雑になりましたが、
非常に直感的に多彩に出したい技が出せる、ということが非常に魅力的で、また乱闘がとても良く表現できているゲームでした!
 
 

そして、レバーと複数ボタンの組み合わせて技を出すことをプレイヤーに慣れさせた、という側面もあると思います。 

 

_d10                                                 「パンチ」ボタン
                       3回連続で決まるとアッパーがでて敵を転ばすことができます
 

  

_d11                                                  「キック」ボタン
                       2回連続で決まると回転蹴りがでて敵を転ばすことができます
 

 

_d12                                        レバーを前方向に2回倒す
                                  チョーパン(ヘッドバット)が出せます
            射程も短く非常に当てづらい技ですがついつい出したくなる技w
 

  

_d20                              「ジャンプ」ボタン→「キック」 ボタン
                                             いわゆる飛び蹴り
 

 

_d14                                  「パンチ」 ボタン+「ジャンプ」ボタン
                                          自分の後ろ側にエルボー
                        この技が本作の最大のポイントです
 

 

_d13                                   「キック」 ボタン+「ジャンプ」ボタン
                                            自分の後ろ側にソバット
 
 

_d16
             相手を殴った後にレバーを敵側に入れるとつかみ技がでます
                     「キック」ボタンで連続ひざ蹴り / 「パンチ」ボタンで、
                                    下記のように相手を投げます
_d60
       これは、今後のベルトスクロール型アクションでも採用し続けられます
             
 
 _d17
                                                          ムチ
                                    相手の武器を拾うことで持てます
         なお、自分から”捨てる”ことはできません・・・ダメージで落とします
 

_d18                                                        バット
                                   ムチより射程が長い気がしますw
 

_d19                                                       ナイフ
                                           直線上で投げつけれます
 

_d58
                                           ドラム缶 や 岩 など
                           ナイフほどではないですが、直線上に投げれます
 


_d59
              プレイヤーだけでなく、敵も「羽交い絞め 」などをしてきます
                             この間に袋叩きに合うことも可能ですwww
                                    なお、ボタン連打で脱出です
 
 
 
とまあ、
この当時のゲームとしては非常に多彩なワザを出すことができます。
 

 

 
しかし、、、

このゲームの問題は、「エルボー」(ジャンプ+パンチ)が異常に強いということでしてw
 
 

これさえやっていれば、とりあえずクリアできちゃうんじゃないか、というくらいの伝説級の強さですwww
 
 
でもやっぱり、こういうゲームはわざと、
いろんな技で倒したりするのが楽しいんですよ。ほんとうに。
(クリアするならエルボーで!www)

 

 
 

■2-とっても盛り上がる2人同時プレイ

左右だけなく、なんというか立体的に間合いを置いて敵が包囲してくるというのも、結構新しかったです。もっとも、「熱血硬派くにおくん」からこのシステム(?)はありましたが。
 
 

多数の敵に包囲されることで乱闘感が非常によく演出できているのですが、
この乱闘感をさらに演出できたのが、”2人同時プレイ”です。
 
 

当時、2人同時プレイ可能なゲームは結構ありましたが、
それが
”とてもとても盛り上がる”ゲームとなると、なかなか無かったのです。

 

_d64

本作より以前であれば、1983年6月「マリオブラザーズ」、1986年6月タイトー「バブルボブル」、1986年2月SNK「怒」、1986年4月セガ「カルテット」、1986年7月「イシターの復活」(w  くらいが、2人同時プレイで楽しいゲームでした。
(86年って、2人同時プレイの当たり年ですかねw)
 
 
 

「ダブルドラゴン」は、これら以上に、2人同時プレイが大変盛り上がり、ワイワイ騒ぎながらアツく楽しく遊べます!
  

 
2人同時で遊ぶことでさらに、乱闘感アップ!

 
さらになんと、
味方同士の攻撃も普通に当たり判定があるので、敵に囲まれてヘタに暴れると味方を巻き込んでしまって、さらにさらに乱闘感アップというwww

 

_d61

 
とにかく2P同時プレイで、賑やかに騒ぎながら遊ぶのが楽しいです。

 
もちろん1人で遊んでも面白いのですが、友達とゲームセンターに行けば、たいてい2人でダブルドラゴン遊んでましたねー。

せかっくなので、ぜひ2P同時プレイで遊んで欲しいです!

ゲームセンター側にとっても、同じプレイ時間でも2人同時なら、売上も2倍ですしね。

そういう意味でも長い間ゲームセンターに設置されていたのかもですw
 
 
 
 
 

■3- ”抜群な”難易度調整 と 多彩なステージ構成

前述で、”エルボー”さえ出していれば、本当に簡単なゲームって書きましたが、本当に簡単なんです。
 

 

プレイヤーにとっては、「1コインで一定時間遊べる」、気を抜かなければ「安定してクリアできる」という安心感があるゲームでした。
 
 _d14

 
それで何故、「”抜群な” 難易度」 かというと、当時「簡単すぎるゲーム」って無かったのですが、実はオールクリアの時間も結構短いんですよ。

 
 

4ステージしかありません。(30分もかかりません)
 
 

なので、ゲームセンター側からみても、
長時間居座られることも無いんです。
(ゼビウスやグラディウスのスーパープレイヤーは1日中1コインでしたw)

 
 

よって、プレイヤーにとっては、決まった時間楽しめる。
ゲームセンターにとっても、めちゃくちゃ長い時間というわけではない

 
という思惑が、うまーく合致した”難易度”でした。

(意図的に作ったかどうかは知りませんが、結果的にそうでした)
 
 

また、人は飽きる生き物ですが、やっぱり”エルボー”だけでは飽きるんですよ。。。 

なので、プレヤーはいろいろチャレンジをしたりします。
 
 

一度、クリアしてしまったら、次から”エルボー”を使わないで遊ぶという「自分縛りルール」で勝手に遊んだりとかで楽しくチャレンジしたりします。
(オイラは、チョーパンだけ縛り、とかで遊んでました)

 

 _d12

また、ステージには、いろんなアイテム や トラップがあるのですが、こんどはそれらをいかに活用して敵を倒すかー、とかでクリアしても、別の遊び方を探して、繰り返し遊んでしまうんですねー

 
 
 

で。それらを踏まえつつ、全ステージの流れを紹介しますwww
 
 
 

~スタートデモ

_d7                     ヒロイン(マリアン)が「ブラック/ウォリアーズ」に襲われ

 
_d8
                                                 さらわれます
                        (パンチラしてますが、なぜか嬉しくありません…)

  

_d9                                           ヒロインを救出するために
                     ブルー・リー(1P)とジミー・リー(2P)が飛びしてきます

 
 
 

~ステージ1

_d21_2                                     スタート直後は敵は1人ですが、
       ちょっと進むと敵が複数やってきますが、かるくエルボー

 
 
_d22_2
                                         ムチをもった敵が出てきます
                               殴ればムチを落とすので拾えるのですが、
                         この誘惑に負けないでエルボーで戦いましょう

 

_d23                         中ボス(アボボ)とバットをもった敵が出てきます
                        バットを奪い取ってガツガツ行きたいところですが、
                                        我慢我慢でエルボーでw

 _d24_2                                                    1面のボス
                         奥に行くと投げれるドラム缶が2個ありますが、
                     ドラム缶には浮気せずに、エルボーでやっつけよう
 
 
 

 

~ステージ2

_d27        画面右端はガケになってて、ここに敵を落とすと一発で倒せます
                             また、画面には投げれる箱があります
       箱を投げたり、敵をガケに落としたいところですが、エルボーで頑張れ!

  

_d28                   上に登ると段差が多くなり、今度は左下がガケです
            蹴り落として一撃で倒したいですが、ぐっとこらえてエルボーで!

 

_d29                               2面の最後で、敵がわんさか出てきます
      敵をベルトコンベアーに載せ、右はじまで運べば、2面大ボスでも一撃!
                                        でもエルボーでしのげ!

 

_d31        誘惑かられて2面大ボス(緑の男)をベルトコンベアーに載せた図w
                        この後、画面右はじに、大ボスが落ちてクリアw

 

 
 

~ステージ3

_d33                 バット、ムチ、ドラム缶等が出てきて使いたくなりますが、
             やっぱりエルボーで!!(バットの誘惑に駆られ殴られた図)
  

_d35               橋がありジャンプに失敗して落ちると即死というトラップが!
   この先には、中ボスのアボボがすぐ出てくるので、この水に落としたい・・・
                        ですが、やっぱりアボボも気合でエルボー

 

_d36                              アボボを落とそうとして、逆に落とされた図・・・

  

_d37                敵がワラワラ出現し、おあつらえ向きに岩もできますが、、、
                               エルボーで~ (書き飽きてきたなw)


_d39
                ダイナマイトを投げてくるのですが、拾えて投げ返せます
                  が。やっぱり意思を固く持ち、エルボーで確実に!

  _d41                   ガケを登ると岩があるので、エルボーで!www
 

_d42           3面の大ボスですが、エルボーで戦えばラクショーでクリアっす!w

 

 

 

~ステージ4 
 
_d44
                                              敵の要塞に侵入です
                                      この先はトラップがあります

  

_d45

_d46           飛び出す岩 と 石像が繰り出す槍に当たるとヒドイ目にあいます。。。
                     ここばっかりは、タイミングよく避けてください!www

  

_d47                                     モヒカンのアボボが2体出てきます
                さすがに手強いですが、やっぱりエルボーで仕留めよう!

 

_d48                                                 ラストぉぉぉー
                                ヒロイン(マリアン)が吊るされています

 

_d49                             ラスボス(ウィリー)が画面右上に控えてます!
                                    しかし、多くの敵が囲んできます
                                    根気よくエルボーでっっっ!w

 

_d50       ザコを倒しまくっていると、ラスボスがマシンガンをもって降りてきます

 

_d51                                     マシンガンに当たると即死です。。。
                   間合いと軸をずらしながら近づいて、エルボーを叩きこめ!
                              時間はかかりますが、結構簡単に倒せますw

 

_d53       ラスボスを倒したときに2P同時プレイだと、ヒロイン(マリアン)をめぐって
                                   プレイヤー同士の戦いになります
               最後くらい、エルボーを封印して、ガチで戦いましょうwww
             倒したほうが、ヒロイン(マリアン)のキッスをいただけます!

 

 

_d56

_d57                                               オールクリア!!!

 

 
 
とまあ、終始エルボーなのですがwww

ご案内したとおり、武器だったりガケだったりで、エルボー以外を使いたくなる誘惑が多いですw

 

というわけで、エルボー動画…ゲフンゲフン …ダブルドラゴンのクリア動画です。

 
 
 
 

 

-------------------------------------------------------------------------

とまあ、本当に簡単なんですよ。このゲーム。

 

でもこのゲームは、オイラにとっては、クリアするのが最終目的ではなく、いかにして密度濃く楽しんで遊べるか、そして2P同時プレイでワイワイ遊ぶというのが、本当に面白いというのをもっとも教えてくれた名作ゲームです。

 
 
簡単すぎるゲームなんですが、「簡単」ということがかえって、多くのプレイヤーを惹きつけたと思います。
また、簡単だけど色んな遊び方ができたので、
繰り返し楽しめました
 

またその反面、誘惑にかられたり、ちょっとした油断で、あっさり死んでしまって、2P同時でやっているものなら、友人をほったらかしにもできずに、ついコンティニューをしてしまう、というゲームセンターの売上にも貢献できたという、すごいゲームですwwww

 
「ダブルドラゴン」 をやったことがない人、今となってはかえって新しいゲームかもです。
 
 

ぜひ、友達と2P同時で、ワイワイ楽しく遊んでください!!(エルボーでも良いですw)

 

 

 

 

追記:2012年2月19日

コメントでいただきました2面クリア時にダンボールをエレベータ部分でもってクリアすると3面で持ち越し、、、という検証ですが、以下のとおりになりました。

_dd1         2面ボスが出現に使ったエレベーターでダンボールを持ちます
             1P/2Pがそれぞれダンボールを持つことも可能

 

_dd2                  勝手にダンボールを放り投げます

 

 _dd3                  ダンボールを3面に持ち越し成功!
                   そして、黒?っぽい色に!!

 

_dd4                   で。肝心要の攻撃力ですが、、、
       残念ながら一撃ではなく、普通のダンボールの攻撃力の様子。。。

 

うーん。残念ながら普通のダンボールな感じでした。。。
しかし、武器のステージ持ち越しで、色が変色するのは面白いですねぇ。
恐らく、ステージ切替時に、色パレット変更があって出ているものとは思われますが。

 

どうやら、2P同時プレイでなくても、ダンボールをなんとか確保しておけば、2面ボスを倒したと同時にダンボールを拾ってエレベーターに移動すれば、同じ現象を起こせそうです。

 

 

« 夏といえば妖怪だよね~タイトー「奇々怪界」 | トップページ | 格闘ゲームのパイオニアー♪ ~コナミ「イー・アル・カンフー」 »

アーケード」カテゴリの記事

コメント

2面クリア時点で、ボスが上がってきたエレベーターで段ボールを持っていると、クリア時点で捨てますが、この捨てた段ボールが3面で凶器に使えると当時聞いていました。
黒い段ボールで、一撃という事でしたが、検証できないでしょうか?
もちろん二人プレイで無いと無理です。
当時友人と何度もチャレンジしましたが、うまくいきませんでした。

>>たけぽん さん
コメントありがとうございます!

って、うおっ。それなんですかっ。
聞くからに怪しさ抜群ですがw
オイラはそれまったく知りませんでした。。。
(ダンボールのスプライトの色が化けたって感じですかね)
 
 
興味ありますねー。
ちょっとお時間かかると思いますが、土日に時間作ってやってみますねー。
(海外版 基板ですが)


まさか20年以上の時を経てこういう話を聞くとはw
 

>>たけぽん さん
受けおっておきながら、進捗もご案内せずで申し訳ありません。

さらに恐縮ですが、もう少々お時間ください。

思いのほかいろんなことに忙殺され、とりかかれず、です。
近日、友人をよんで2Pでやってみます。

>>たけぽん さん
お待たせしました。
検証結果です!
 
記事の末尾に画面写真と共に掲載しました。
 
・「黒いダンボール」は再現しました!
・攻撃力は一撃必殺ではなかったです…
 
 
実際やってみると、途中でダンボールを敵に拾われ画面外に投げられたりw で、ちょっと苦労しましたw
 
攻撃力に関しては、敵に当てても自分が当たっても、普通のダンボールと同じ感じでした。。。
 
 

検証ありがとうございました。
20年来の謎が解けました。
攻撃力は、都市伝説レベルだったのは残念でしたが、色が変わるのは本当だったんですね。

>>たけぽん さん
検証が遅れまして申し訳なかったです。
 
攻撃力に関しては残念な結果でしたが、、、しかし何でもやってみるもんですねー。
 
色が黒くなったときは、おおおっと小躍りしたくなったくらいですw
2Pでうまくやれば、黒ダンボールが2個でも再現できました。

時を超えてこういった事実を把握できたのは感動しましたー。
 
 
情報ありがとうございました!
 

私の始めてのCOIN-UPゲームです。 Good old days...

ステージ3 橋 : "アボボを落とそうとして、逆に落とされた図・・・"

Looks like it's not just me ;)

Hi, Kamilz !

Oh, It's good. I sometimes had asked some my friend who doesn't ever play any video games to play "Double Dragon". It could allow to play multiplayer. Then,,, almost friend fell into "game OTAKU", right? ;)


>ステージ3 橋 : "アボボを落とそうとして、逆に落とされた図・・・"
>Looks like it's not just me ;)
LOL Exactly !
I remembered that My old friend who I playing with kicked me out to river.
 
 

Hi,

" Then,,, almost friend fell into "game OTAKU", right? ;) "

I remember 年 was 1990, and soon enough Final Fight become major hit.

Here (トルコ) Final Fight and later with Street Fighter 2 probably hurt many people's pocket ;)

These 2 games was a must have for every arcade here.

I believe every young person back then old enough for arcade, played these games. Even sometimes we say "We grow up with Street Fighter (2), there was 'adooket, are you can' (hadouken, shouryuuken).

Btw, as far as I know other then 日本 in every country Ryu and Ken's voices not understood correctly. Don't even ask what was 竜巻旋風脚. Heheh, Believe me it was funniest one ;)

Hi, Kamilz

Oh, Final Fight and Street Fighter 2 !
Yeeeesssss, exactly !! These were most really scare-storm out of the arcade video game history !! (than space invaders and XEVIOUS !) Almost video gamer flat broke in our school days. I want to say "We really grow up with Street Fighter 2 !" too.
I'm surprised to know these titles were very very popular in Turkey. (I want to go there someday)

As you said, I think that Ryu and Ken voices are difficult to understand what they said for non-Japanese speaker. Especially, 竜巻旋風脚.
BTW, E.HONDA's voice is probably easy to understand pronunciation, "どすこい" (DO-SU-KO-I ). But it's difficult to explain "どすこい" means.

Hi,

Funny thing is, I didn't know till now Honda says something in the game. I can only remember some noises like 'yack'..
The only ones I correctly understand are Dhalsim's 'yoga fire' and 'flame'.

Even Guiles 'sonic boom' we thought it was something like 'avec who'.

More interestingly even today if I play SF2 on Mame, although I know what they say exactly, still Ryu says more like 'are you can/(or) Ken?' and Guile says 'avec who'.

Clearly 犯人 is low quality sound recording and even worse sounds clearly speeded-up slightly. And final result is modern art masterpiece :)

HI, Kamilz

'yack' !
If I remember rightly, Almost SF2 characters voices were recorded by CAPCOM staffs. So they were not a voice actor or actress. In short, It's natural to not catch what they said correctly for non-Japanese speaker.
I heard that E.HONDA and Blanka's voice were made by a foreigner staff, also GUILE too.
I fell that MAME sound driver(?) often caused that original sounds were distorted and sounds incorrectly , maybe. So I always want to get an original arcade PCB. ;)

Hi,

I believe Mame uses different sound driver for each system. I have the original PCB, SF2 World Warrior, USA version.
Once I 比較’ed side by side PCB and Mame, I can say Mame does perfect job on CPS Emulation.

Btw, how come you don't have SF2 PCB ?!? 信じられない。

HI,

Oh, are you?! SF2 emulation of MAME is excellent. It's great work! And you explained so.
Actually I used to have SF2 PCB. But It was broken...
Well, I have SF2X. After all, I feel to buy one again...These days, I don't surprisingly see one at used shop or japan auctions. Umm, I will check a foreign eBay...

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573233/52428274

この記事へのトラックバック一覧です: エルボーで突き進め!~「双截龍(ダブルドラゴン)」 テクノスジャパン:

« 夏といえば妖怪だよね~タイトー「奇々怪界」 | トップページ | 格闘ゲームのパイオニアー♪ ~コナミ「イー・アル・カンフー」 »

フォト
無料ブログはココログ