« ニチブツ(日本物産)「ムーンクレスタ」 ~ \ドッキングセヨ!/ | トップページ | ナムコ「ギャラガ」 ~新たな侵略者”宇宙蛾”のトラクタービーム »

2011年11月27日 (日)

■他社メーカのコピー/ライセンスで広がる「ムーンクレスタ」の宇宙!

いやー、また久しぶりになってしまいました。。。

 

 

タイの洪水の影響でHDDの値段が3倍にもなっている昨今ですが、まさかのこのタイミングでHDDがすっ飛びました。

_mc50                      オイラのPC

 

なんとか、手持ちの余っているHDDを転用して、復活できました。 _mc51                     「WD Raptor X」
               ヘッドが見える素敵HDDですなw

 

 

が。お陰でデータもぜーんぶ綺麗サッパリ消えました。。。
書きためた資料たちも消えました。

うーん、不幸はどこに転がっているかわからないもんですね。

 

というわけで、IC引き抜き工具も届いたので、
前回に引き続き、

ムーンクレスタですが、今度は「ライセンス製品(コピー)」

についてです。
泣きながら更新(TT

 

 

_mc0                サンハヤト製「GX7」「GX6」

 

 

 

まあオイラがもってるのは、どれもROMコピーなんですが。

 

_m32 

 

_m33 

 

_m37 

 

 

これらを乗せ換えるわけです。

てなわけで、IC引き抜き工具でガシガシ抜きます。 

 

_mc2

 _mc5

 

 _mc4

 

 

とまあ、こんな感じでROMを乗せ換えていきます。毎回ROMの足を折ってしまわないか、ドキドキしながらやるハメになるし、数も多いので面倒です。。。

(ファミコンみたいなROMカードリッジってすごいなあー、ふと思います)

 

 

これら製品は、日本ではほとんど見かけませんでした(少なくともオイラは)、主に海外で展開されていた作品群です。

では、ご紹介です。

 

  ・FORTREK  「スペースサンダーバード」
  ・CENTURI   「イーグル」
  ・
GREMLIN   「スーパー ムーンクレスタ」

 
 

の3つです!

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------

■ FORTREK 「スペースサンダーバード」

いきなりFortrek とかいうメーカロゴが入っているパチモン(?) ムーンクレスタで
「スペースサンダーバード」です。

 

 

_mc20                         タイトル画面

 

 

Fortrekというメーカは聞いたことありませんでした。。。未だにわかりません。

今回もいろいろ調べてみたのはしたのですが、ロクに手がかりがありません。

 

なので、ハック&コピーでの違法販売なのか、ライセンス提携して販売したのかは不明ですが、まあ単発での違法販売のような気がします。
(違ってたら大変失礼な話ですが・・・)

_mc21                 とりあえずセンスのない自機w

 

 

 

_mc23                       コールドアイ
              うーん。なんかゴミみたいな感じ。。。

 

 

 

_mc24                      スーパーフライ 
                なんか戦闘機っぽい感じです

 

 

 

_mc25                          「ドッキングせよ」

 

 

 

_mc26                     ドッキング成功
                   でもカッコワルイ・・・ 

 

 

 

_mc27                      フォーディー
                  は、鳥っぽい生き物に

 

 

 

_mc28                        メテオ
                 エヘン虫みたいな形に・・・

 

 

 

_mc29                       3機合体!
                 壊滅的にカッコワルイw

 

 

 

_mc30                     アトミックパイル
                これはあんまり変わりません

 

 

 

_mc31                       1周クリア
           なんかやりきれない感じのBGMが流れますw

 

 

 

「スペースサンダーバード」 自体は、ムーンクレスタと内容的には一緒です。
ただひたすら、
カッコワルイですwww

 

BGMというかオープニング と オールクリア時の音楽かなり変で、このセンスのなさにはビックリなコピーゲームです。


FORTREK社のゲームは、これひとつしか無いようです。

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------

■ CENTURI 「イーグル」

CENTURI社(センチュリー)がライセンスを取り販売したムーンクレスタです。 
(そのコピーROMですが・・・)

http://www.centuri.net/home.htm

 

CENTURI社自体は、アメリカのアーケードゲーム系ディストリビューター(配給)会社で、日本のゲームの多くもCenturiによってアメリカに販売されていました。

後半は特に、コナミのゲームを供給していました。

 

 ・プレアデス (1981年/テーカン)
 ・ルート16 (1981年/サン電子)
 ・スイマー (1982年/テーカン)
 ・タイムパイロット (1982年/コナミ)
 ・サーカスチャーリー (1982年/コナミ)
 ・ハイパーオリンピック (1984年/コナミ)
 ・バッドランズ (1984年/コナミ)
 ・新入社員とおるくん(マイキー) (1984年/コナミ)

 

「イーグル」もそのうちの一つです。
なお、1985年にアーケード業界から撤退しています。

 

_mc32

 

 

_mc33              むは。いつ見てもやっぱりカッコワルイw

 

 

 

 _mc34                     コールドアイ

 

 

 

 _mc35                     スーパーフライ
           形は違いますが、これはこれでなんか良さげです

 

 

 

 _mc36                    ドッキングシーン
           2号機3号機ですが、やっぱりカッコワルイw

 

 

 

_mc38                       フォーディー
        鳥っぽい感じですがエイリアンな雰囲気もあってなかなか

 

 

 

_mc39                        メテオ
       なんか変な形で隕石というより変なエイリアンっぽい感じ

 

 

 

_mc40                      アトミックパイル
            これもちょっとだけエイリアンっぽいですが
               やっぱり”アトミックパイル”ですw


 

 

         

 
 

ムーンクレスタのライセンス製品だけに、ゲームそのものはムーンクレスタそのままです。

(ていうか、「スペースサンダーバード」も、ゲーム自体はそのままのゲームですが)

 

しかしまあどうにも自機のセンスが。。。

 
 
 

----------------------------------------------------------------------------------------

■GREMLIN 「スーパー ムーンクレスタ」

これもどうみてもパチモンに見えるのですが、ニチブツよりライセンスを受けた作品です。

 

_mc8       ハイスコアネームと画面下部に変な表示があります。。。
    これは、Gremlin社のロゴですが上半分しか写ってないからです

_segagremlinlogo                                        ”Gremlin”の上半分

    オリジナル?のスーパームーンクレスタもそうなのかは不明です・・・
    そして「HIGH=SCORE」となぜか、”=”表記になってます・・・?

 

 

 

Gremlin社(グレムリン)はアメリカのビデオゲームメーカーです。

 
日本では知られていないですが、黎明期ではそれなりに名を馳せたメーカーです。

 

元々は海洋計測器メーカーだったようですが、1976年11月に8080CPUを採用した、”Blockade”(ブロッケード)でビデオゲーム業界に参入しました。

インベーダーの回でのコメントでちょっとだけBlockadeに触れました)

 

 

なんというか、

「線引きゲーム」「陣取りゲーム」というもので、
相手の動きを読んで先回りし壁に衝突させれば勝ち

というゲームです。

後年は「トロンゲーム」とも呼ばれていました。
(1982年の映画「トロン」にこれをモチーフしたシーンがあります)

 

ちなみに、1977年に中村製作所(ナムコ)から、”Blockade”日本国内版が販売されています。

 

また、リメイク版も「Wit's」いう名前で、アテナよりアーケードとファミコン版も出ています。 

                   この動画はアメリカ人?の実況みたいですが、
          ところどころで”Tron game”と連呼していますw

 

Gremlin社は、1979年にはセガに買収され”セガ・グレムリン社”となり、数多くのセガのゲームをアメリカに販売していましたが、1983年の”ATARIショック”の翌年1984年に、アメリカのBally社に売却されました。

 

さて、そんなGremlin社のムーンクレスタは、

スーパー ムーンクレスタ」です。

 

どのへんが、「スーパー」かと言うと、敵が弾を打ちます
(ムーンクレスタの敵は弾を撃たない、という特徴がひっくり返ってますw)

 

_mc7                自機はムーンクレスタと同じです

 

 _mc9                      コールドアイ
                 これはそのまんまです

 

_mc44                   これが敵の弾ですw
               これが”
スーパー”ですwww

 
 

_mc10                     スーパーフライ
             メテオっぽい感じがくるくる回ります・・・ 

 

_mc11                     ドッキングです

 
 

_mc12                ムーンクレスタと変わりません

 
 

_mc14                      フォーディ

 

_mc15                        メテオ
              なぜかスーパーフライが降ってきます

 

 

_mc16                                 メテオを倒すと
                              スーパーフライ的なキャラが破裂します

 

_mc18_2                アトミックパイルもそのままですが
       
ミサイルが弾を撃つ、というシュールな新機軸もwww

 

 

_mc19                       1周クリア
         O.K. FANTASTICって、、、なんか情緒が無いですなw

 
 

とまあ、「ムーンクレスタ」の名をそのまま冠しているだけあって、原作とほぼ変わりませんが、なんと言っても「弾」を打つのが、不自然で仕方ありません

 

 

しかも、この弾ですが、周を重ねるごとにスピードアップしまして、4周目あたりからレーザーばりの速度で打ってきて、なかなかの圧迫感です。

これだけで難易度がグッと上がっています。

 

 

この作品の動画が無いようでして、動画でお見せできないのが残念です。。。

今度キャプチャカードを買ってくるので動画作っておきます。

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------

 

ムーンクレスタはたくさんのコピーや亜流が派生していました。

日本ではこれらはほとんど見かけず、オリジナルのコピーが多かったようですが、海外ではこれら以外にもたくさんあり、それだけ当時はすごい人気があったことを示しています。

 
 

 

この時代のアーケードの主体は、やっぱりシューティングが根強かったです。

次回は、このままのシューティングの流れ”ギャラガ”にしようと思います。

 
 
 



« ニチブツ(日本物産)「ムーンクレスタ」 ~ \ドッキングセヨ!/ | トップページ | ナムコ「ギャラガ」 ~新たな侵略者”宇宙蛾”のトラクタービーム »

アーケード」カテゴリの記事

コメント

HDD飛んじゃいましたか....厳しいですね。
(;д;)
後、ムーンクレスタのスーパーの弾出しのみってのはわらけましたw

>>fuyu-tom さん
コメントありがとうございます。
お久しぶりです。

”スーパー”の名はダテじゃアリませんw
 
あと、書き忘れたのですが、自機が2連射できるようになってますw
 
 
いやー。このタイミングでHDD新規購入はためらいます。。。高騰しすぎですなあ。
どうやら来年もまだちょっと引っ張るみたいです。

ムーンクレスタのコピー、ひどいですね(笑)

あと、陣取りゲーム懐かしいです。
今遊んだら5分で飽きそうなのに、
昔はサルのように遊んでた気がします。

あと、アタリのキャニオンボンバーも同じ。
でもこっちは放物線描いて落ちる爆弾の、
軌道を読む楽しみがあった分よかったですけど(笑)

「ギャラガ」編、楽しみにしてます。
コピーのタイトルといえば…
ギャラッグ
ギャンタ
ネブルス ビー
…ここまで記憶してます(笑)
他にもありましたっけ?

HDDは高いですね。
こっちのショップで1TBが15000円くらいでした。

>>Hiro さん
コメントありがとうございます!
いやーHDDの高騰っぷりはひどい目にあいました。これを機会にSSDにしようと思ってもこれもまた高いという。。。
 
 
ムーンクレスタのコピー、なかなかのカオスっぷりです。
結構おおらかな時代だったというか、カオスだったいうかw
小学生が考えたような、しょぼしょぼアレンジですが、こういうのも結構好きだったりします。
 
 
陣取りゲームは、シンプルだけにすぐ遊べるというのが、That's VideoGameという感じで素敵です。
ゲームをあんまりやったこと無い人に対する、接待ゲームとしては、なかなか良いと思うくらいです。もっとも、今となってはどこにも無いのですが。
 
 
キャニオンボンバー!
懐かしです!
いいですよねー。④の高得点を狙っても放物線を描くので、狙いが重要でなかなか当たらないというもどかしさwwwまさに軌道の読みが命でした。
ATARI2600に移植されていましたね。確か。(持ってた記憶があるのですが)
  
 
ギャラガのコピーもたくさんアリましたです。
おっしゃっていただいたもののほかに、”ギャッツビー”だか”ガッツビー”とかあったはずで、これがまた”ギャプラス”もどきで、自機が上下左右に動けるという変態ギャラガコピーがありましたです。
敵キャラも改ざんされてて、また自機もオリジナルと違うのですが、残機表示の自機はオリジナルと同じというw
(・・・基板は持ってないですが) 
 
 
次回のギャラガ、ご期待が重いですがw そうおっしゃっていただけると、嬉しい限りです!
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573233/53327480

この記事へのトラックバック一覧です: ■他社メーカのコピー/ライセンスで広がる「ムーンクレスタ」の宇宙!:

« ニチブツ(日本物産)「ムーンクレスタ」 ~ \ドッキングセヨ!/ | トップページ | ナムコ「ギャラガ」 ~新たな侵略者”宇宙蛾”のトラクタービーム »

フォト
無料ブログはココログ