« 2012年3月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月26日 (月)

タイトー「ラスタンサーガ」 ~ ”ラスタン”・ザ・バーバリアン立身出世物語

1987年3月タイトー「ラスタンサーガ」発売。

 

_rs1

前回の「黄金の城」でふと思ったのですが、当時のファンタージー系ゲームって、基本的にマッチョな漢の闘いってのが定番ストーリーだったなあと。

 

で。いつしか、昨今の”和製”ファンタジー系ゲームって、まあよく言われていることですが、”細い少女が大剣を振り回す”イメージになってますが、、、

とは言っても”洋製”ファンタジーだって昔からそれなりに”露出度の高いフェティッシュな鎧”だったジャンと言いたくはあります。

 

_rs004_2         それっぽい洋物ゲーを倉庫から引っ張り出しましたw
       左1990年4月PC版スタークラフト社「トンネル&トロールズ」
       右1991年2月PC版スタークラフト社「クォータースタッフ」
               の女性の鎧ったら無いですよw
         写真をクリックでもうちょい大きく確認ができます

 

_rs006_2              こちら洋ゲーも裸同然の鎧ですよ
          (よりによって「ソード オブ ソダン」ですがw)

 

 

そんなゲームを出していた欧米におかしいだろ」とか言われたくないと思うんですよねwww
日本、欧米、それぞれが別のフェティッシュの方向に進んでるだけジャンと。

(まあとは言え、最近の日本じゃマッチョ系主人公のゲームってほんと少ないですが…)

 


でも基本はやっぱりこう、汗臭いマッチョな漢で硬派な主人公ってことでwww

今回は前回引き続きファンタジー系でマッチョな漢のゲーム
「ラスタンサーガ」
ですwww (ポロリはありません!)

 
 

 _rs0

ラスタンサーガも、当時はかなり遊びましたねー。
ゲーム的には、ファンタジーが舞台の本当に”普通な”アクションゲームですが、まず主人公のラスタンがカッコイイのです。子供心に、こういう力強い主人公に憧れるわけですよ。

 

_rs5                 基板は1枚構成 / ハーネスはJAMMA

 

 

今回は、そんなラスタンの冒険譚をお届けします。

  #1 - 映画的な ”ラスタンサーガ”
  #2 -
ラスタンの冒険の心得(という名の攻略ポイント)
  #3 - ラスタン王の冒険譚(という名のクリア攻略)

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

#1 -映画的な ”ラスタンサーガ”

”ラスタンサーガ’ゲームとしては、典型的なサイドビュー アクションゲームです。

この時代では、取り当ててなんの珍しさもありませんでした。
ましてやこの頃には、サイドビューアクションの名作も既発がたくさんありました。 


1984.12 スパルタンX (アイレム)
1985.01 イー・アル・カンフー (コナミ)
1985.01 ドラゴンバスター (ナムコ)
1985.04 少林寺への道 (コナミ)
1985.07 青春スキャンダル (コアランド /セガ)
1985.09 魔界村 (カプコン)
1985.10 影の伝説 (タイトー)
1986.03 黄金の城 (セタ/タイトー)
1986.04 闘いの挽歌 (カプコン)1986.05 アルゴスの戦士 (テーカン)
1986.05 熱血硬派くにおくん (テクノスジャパン/タイトー)
1986.09 悪魔城ドラキュラ(コナミ)※ファミコン
1986.10 源平討魔伝 (ナムコ)
1986.12 ローリングサンダー (ナムコ)
1987.02 魂斗羅(コナミ)
1987.03 ラスタンサーガ(タイトー)

 

こんな中で当初、ラスタンサーガはよくあるアクションゲームの一つとして認識されていたに過ぎませんでしたし、既発のタイトルほどのヒットや知名度を得たかというと、確かにそうでもなく偉大すぎる既発タイトルを超えるには至りませんでした。

 

でもなぜかこのゲームの世界観が好きな人はそれなりにいて手堅い人気を得ていました。

_rs00

_rs9                 本ゲーム主人公「ラスタン」
                 うーん、似てますなw

 

 

というか、本作は1982年アーノルド・シュワルツェネッガー主演
”コナン・ザ・グレート”
のヒロイックファンタジーの世界が完全にダブリますw

汗臭くてアツイ漢(ヒーロー)が好きな人には魅力的なゲームではあったのですw

_rs002_2      昨年Blu-ray版が発売されました(DVDで散々出てましたが) 

                    

  

そんな映画作品の”コナン・ザ・グレート”を意識してかどうなのかはわかりませんが、本作ラスタンサーガでは、ゲーム作中に明示的に文字で物語が語られるようになりました。

 

もちろん、はるか以前よりアーケードでは、以前本ブログでご紹介した通り、ドンキーコング/Jr.然り、ゼビウス然り、ドルアーガの塔然り、ちゃんとストーリーはありましたが、作中自体では明示的に説明が出てくるものではなく、あくまでもウラに存在しているものでした。

しかし本作ではステージクリアごとにストーリーが語られ物語が進行していきます。

 

もっとも、ファミコンでは”物語”を明示的に進行するゲームとしてはRPGです。
参考までに、ファミコンの「ドラゴンクエスト(1)」は1986年5月27日、「ファイナルファンタジー(1)」は1987年12月18日発売です。

 

そして何よりも、”マイコン”(パソコン)の世界では、それこそ黎明期より”アドベンチャーゲーム”というものがあったわけですが、アーケードの世界では”100円で5分くらいの遊戯時間”というのがスタンダートな基準だったので、ストーリーなんてどこかに追いやられてしまう扱いでした。

 

そんなアーケード業界の中に出てきた「ラスタンサーガ」は、物語を作中で語ろうとしたちょっとした試みだったのかもしれません。

 

 

ちなみに、”コナン・ザ・グレート”は1932年「英雄コナン」ロバート・E・ハワード氏が原作です。(今となっては実に80年前!・・・実は原作読んだことありませんが…)
そして氏は、クトゥルフ神話の”開祖”HPラヴクラフトの友人でもありました。(ロバート氏もクトゥルフ神話を執筆していました)

 

 

 

そしてまた、本作のヒロイック ファンタジーの世界を盛り上げるBGMもまた、派手すぎず、地味すぎず、あくまでもこの世界観を支えるためのBGMでありながら、力強い曲でもありカッコ良いのです。

_rs001            大抵何かとカップリングで入っているものですが、
 最近のであれば左の「タイトーレトロゲームミュージック2 アクションクラスタ」
                     がお勧めです。
        ラスタンサーガの続編のBGMも入っているのでお得です。

                

 

 

ラスタンサーガの曲は、”ZUNTATA” 高木正彦(Mar.)氏の作曲です。
ちなみに、”ナイトストライカー”は氏の出世曲です。

 

 _rs003                  ナイトストライカーも必聴ですな
 こんなページを見ている人が聴いたことない、なんてことはありえませんがw

 

                 

 

 

_rs3       あと、どうでもいいですが最近「ZUNTATA Tシャツ」買いましたw

 

 

本作ラスタンサーガは、「作中に明示的に書かれたストーリー」と「世界観を支えるBGM」で、アーケードでもちゃんと物語を”はっきりと前面に押した出した”映画を意識した作品だったかもしれません。

 

 

と。ここまで煽っておいてなんですが、実は大したストーリーでもなく、その上ラウンドクリア後にポソっと説明的なのが出るだけなんですけどね。

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

#2 - ラスタンの冒険の心得(という名の攻略ポイント)

 

で。アクションゲームとしては、本当に”普通”のゲームです。力強い主人公とはいえ、結構難しいです。このゲーム。

  ・自分の攻撃範囲が”見た目通り” で狭い
  ・意外と自分の攻撃モーションが大きく隙がある(見た目は速い)
  ・死角からの敵攻撃が多い
  ・敵にまとわり付かれて連続ダメージ
  ・一見大人しめの地形トラップが殺意満々www

  → ステージ1すらクリア出来ない人多かったです

_rs9_           とにかく攻撃判定が狭いです(赤枠部分のみ)

 

_rs10_                ジャンプ 上突きも相当狭いです

 

_rs14                 斜め上からの攻撃は死角です
              上突きも水平斬りもあたりませんし、
      特に、空を飛ぶ敵(ガーゴイル等)は敵は斜め上から襲ってきます
                (こうなると大体ダメージ受けます)

   対処方法は”垂直ジャンプ横切り”ですが、まあタイミングが難しいです
       コイツの対処ができるかでダメージの蓄積度が変わります

 

 

_rs15        トラップは全部タイミングはかれば回避できるものですが
          単体はともかく、組み合わさるととにかくヒドイw
           焦らず落ち着いてタイミングを見てから突撃

 

 

結構な難易度なラスタンの困難な冒険ですが、旅を成功させるためのポイントがあります。

基本アーケードのゲームは、そして特に本作は、50円(100円)を積み重ねて身体で覚えていくものなので、ゲーセン小僧にはなかなかお小遣いが大変で、上手い人の背後から技を盗んだものですw

 

が。今となっては、他人のプレイを見て習得がデキない昨今、下記を押さえましょう。(今のご時世に攻略ポイントがあっても誰も得しないというww)

 

  ・”見た目どおり”の攻撃を有効活用
  ・攻撃は連打ではなく、タイミングよく当てていく
  ・ジャンプ攻撃は2倍の攻撃力
  ・空を飛ぶ敵には垂直ジャンプ横切りで
  ・何より焦らない(特にトラップ)

 

_rs16              攻撃は本当に見た目どおりなので、
            自分より斜め上の的に対し背面攻撃で
               振りぎわの判定で攻撃できます

 

_rs18           モーションが大きいので、タイミング良く振ること

 

_rs19            ジャンプ攻撃での攻撃力2倍はとにかく神
             耐久力のある敵に対してはもちろん、
             ボス戦ではジャンプ斬りが必須です

             では、いよいよラスタンの冒険の旅です。

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

#3 - ラスタン王の冒険譚(という名のクリア攻略)

 

ラスタンサーガは、1ラウンドは野外ステージ>城内ステージ>ボス ステージ、の3ステージつから構成されており、全6ラウンドです。

また6ステージ目はコンティニューができませんので、6ラウンドまでにどれだけ自機を温存しておくかにかかってます。

 

とはいえ基本的にパターン ゲームなので、前章のポイントを押さえた上で、

  ・地形やトラップのタイミング
  ・ダメージを受けやすいポイント
  ・ボスの攻略方法

を押さえれば、目に見えるほど着々とうまくなれるゲームです。
なお敵出現も基本的にパターンどおりですが、一部ランダムがあるので注意。

 

 

さて、この章では、ラスタンのサーガ(物語)を交えながら、攻略ポイントの案内をしていきます。

 

>>オープニング

 

_rs6                  コイン投入前のデモでは、
              ラスタン王が自らの過去を語ります

                                  I used to be a thef and murderer.
                    Otherwise, I could not survive in such d
ifficult times.
              Sit beside me and listen
tomy story of days full of adventure.

          儂はかつて盗賊であり多くの人を殺めてきた。
      そうでないと生き残ることができない過酷な時代であった。
    さあ、腰を下ろし、儂の冒険に満ちた日々に耳を傾けるが良い。

 

 

_rs2       コイン投入→スタートのオープニンデモ(若きラスタンの旅立ち)

                                 I succeeded in obtaining the consent
                                of the princess of the
kingdom "CEIM"
                to e
xchange the dragon's head for all thetresures of the empire.
                             I started on my quest to the dragon's lair.

               私はドラゴンの首と引き換えに、
          王国の財宝すべてを手に入れるという約束を
         セーム王国の姫から取り付けることができた。
          こうして、私のドラゴン討伐の旅が始まった。


 

バッチリ不純な動機でステキです!www やっぱ財宝なわけですよ!
こうして盗賊から王にまで上りつめた冒険物語の一つが始まります。

 

>>ラウンド1

 

_rs1                    スタート直後

               いきなりですが二匹くるところを、
     歩きながらサクサクやっつけようとするとダメージを食らいますw
       剣の切っ先を当てるように、立ち止まって対処しましょう
           (これはこのゲーム全体に言えることです)

 

_rs1102                  途中で分岐があります
                壊れそうなブロックの上で、
            ジャンプ下突きで下に行けます(斧アリ)

 

_rs1103              斧はジャンプ上突きでとりましょう

  

_rs1103_                ラウンド1でいきなり山場ですw

         斧の先には段差+落石+ガーゴイルいます

  岩ハイジャンプで避けながらガーゴイルをジャンプ横切りで対処します
               
とはいえ大抵ムリなのでw

     少々のダメージは諦めて岩を避けることを優先してください

 

 

_rs1105         屈強な身体を持つラスタンも水に落ちると一発死ですw
              まあ、落ちることはないと思いますが

 
 

_rs1106                     また分岐です
             下にはモーニングスターがあります
               下突きで降り
ながら取ります

 

_rs1107                      城に到着!

 

_rs1108             耐久力のある敵(2発)が出てきますが、
                ジャンプ攻撃なら1撃です

 

_rs1109                      槍トラップです
           ちゃんと引っ込んだ時に通り抜けましょう

 

_rs11010                   モーニングスターは
            鎖から横ジャンプ攻撃で取りましょう

 

_rs1111                     火の海+ツタ
         見た目通りのツタのタイミングに合わせてジャンプ
          (同社の「ジャングル キング」を思い出します)

 

_rs1112             上からの水に当たるとダメージですが
               下の水に落ちると一発死w

 

_rs1113                     つり天井トラップ
          まあ見た目通りのタイミングで避けましょう
         ただ、意外とラスタン横幅ありますので注意w

 

_rs1114                      さあボスへ!

 

_rs1115              スタート直後に歩いてジャンプ攻撃
            着地したら垂直ジャンプ横切りでもう1撃
               (これで剣4発分の攻撃です)

 

 _rs1116                   上から剣が降ってきますが、
      後はひっついて攻撃連打 か 間合いを見てジャンプ攻撃
                  
    で倒せます

 
 

_rs1117                     ラウンド1クリア

                                       My journey has just bugun.
                           There is not a moment to lose. I must
hurry.

                旅はまだ始まったばかりだ。
           立ち止まっている暇はない、先を急がねば。

 

 

>>ラウンド2

とまあ、こんな感じでゲームは進行します。ロックマンほどの一発死はあんまりありませんが、着実にダメージを受けていくというゲームバランスになってますので、ひたすらダメージを受けないように神経をすり減らしつつ進めるゲームですw

 

_rs1201                   ステージ2は森です
                   蛇が出てきます

 

_rs1202                 水+イカダ+ハチ+武器、です

           焦らずまず岸に立ち、ハチを先に片づけます
         待ってれば剣の先っちょがギリあたる位置まで来ます

  

_rs1203              イカダ乗るとガーゴイルが襲ってきます
  垂直ジャンプ横切り背面を向いての攻撃で振り際の武器を当てます

        心構えがないとココで結構なダメージをらいます

  

_rs1204       泥沼がありますが、落ちてもミスにもダメージになりません
           落ちた時はジャンプ連打で這い上がれます

 

_rs1205         泥沼の先には、炎の剣がありますがハチが守ってます
      これも焦らず寄ってくるのを待ち倒してから取りましょう

 
                  

_rs1210       炎の剣を取り直進していると突然ガーゴイルが出てきます
                  焦らず垂直ジャンプ横切り
   後ろに下がりガーゴイルが降りてきたところに炎をぶつけましょう
                 

 

_rs1211             ガーゴイルの後は段差+落石です
              焦らずしゃがんで避けましょう

 

_rs1213                  斧の前にハチがいます
            焦らず倒してから取りに行きましょう 
              、

 

_rs1212                 斧の直後にツタがありますが
          ツタに渡った瞬間にハーピーが襲ってきます

         背中を向けての攻撃で振り際攻撃が良いです
     ハーピーを倒した後に、ピラニアのタイミングを見て
イカダ
              (ダメージを受けやすいポイント)

 

_rs1214                   今度は飛び石です
             石の上に武器がありますが構わず、
    飛び石出現直後にジャンプしまくりで向こう岸まで行きましょう
      たどり着いた後に、飛び石に戻り武器を回収しましょう

 

_rs1215                    すぐに橋があります
          橋についた瞬間にガーゴイルが襲ってくるので、
              焦らず垂直ジャンプ横切りで対処
                 

 

_rs1208         このあたりでもう体力が結構削れているはずです
     大体「金のヤギ」が出てきますので、取れば体力全回復です

 

_rs1216                  橋を渡りきれば城です

 

_rs1217          城ステージは割りと簡単ですが、トラップは慎重に
        無理そう、、と思ったら次のタイミングで行きましょう

 

_rs1218           飛び跳ねる火球も無理しないタイミングで!

 

_rs1219               炎の橋を超えると坂があります
    その途中に斧がありますので、手前で垂直ジャンプ横切りでGet
      ただしハチがいます、、、少々のダメージは諦めましょう

 

_rs1220                 坂を下りきる前に鎖へジャンプ
             これを越えれば後は道なりで進めます

 

  _rs1221                ラウンド2のボスはそんなに強くありません
        ボスがジャンプしてくるので、そこに合わせて攻撃連打

                   斧があれば瞬殺ですw

_rs1222                  たまにボスが飛びますが、
         この時も降りてきたタイミングで攻撃で大丈夫

 _rs1223                     ラウンド2クリア

                                 The seem to be cursed by the dragon.
                                A
s expected, I have to kill the dragon.

        奴らは、どうやらドラゴンの呪いで操られているようだ。
        思った通り、ドラゴンの息の根を止めるしかなさそうだ。


 

どうやら敵が襲ってくるのはドラゴンのせいだ、ということらしいです。そんな根拠はどこにも出てないですがw


 

>>ラウンド3

ラウンド3は何気に、ラウンド1や2と比べるとラク(だと思います)です。
野外ステージで、飛び石+ツタの部分の感覚 と 所々に出てくるガーゴイルさえ対処できれば割りと行けます。

 

_rs1301              ラウンド3の野外は洞窟ステージ

 

_rs1302                 ガーゴイルが出てきます
          焦らず垂直ジャンプ横切りでやっつけましょう

 

 

_rs1303_            途中の坂を下ると、左上から落石があります
            焦らず垂直ハイジャンプで避けましょう

坂道ではレバーを後ろ方向にいれながらジャンプで、垂直ジャンプになります

 

_rs1304                段差部分では水が降ってきます
             もちろん敵もわさわさ出てくるのですが、
       水が降ってくるタイミングに合わせて向こう岸に
ハイジャンプ

 

_rs1305              渡り切るとガーゴイルが襲ってきます
            やっぱり、垂直ジャンプ横切りで対処

 

_rs1305_                 槍が横から出てきますが、
            まあわかりやすいので問題ないでしょう

 

_rs1306                    ここもタイミング命ですが、
     あわないな、、、と思ったら連続垂直ジャンプでとどまりましょう

_rs1307             ラウンド3で引っかかる地形トラップです

          坂を
下りきった先に、槍+ツタがありますが、
            いきなり飛びつこうとすると落ちます

     焦らずツタが4回目にこちら側にくるタイミングでジャンプです

 

 

_rs1308            またまた気をつけるべき地形トラップです

               ちょっと進むと野外に出てます
            そして飛び石+ツタ+炎の海です
        飛び石は2回目に上がってきたタイミングでジャンプ
                 そのまま渡りきりましょう

     途中の炎の剣は1つ目から2つ目のジャンプの最中に回収


 

_rs1309      下り坂途中でまた岩石が降ってくるので垂直ハイジャンプ

 

_rs1310          今度はまた段差をあがりますが、また落石です
            しゃがんで避けるか、ハイジャンプで 


 

_rs1311                       城へ!

 

_rs1312          城内は野外に比べればそんなに難しくありません

 
 

_rs1313            つり天井+槍、ですがタイミングは簡単です
   しかし、ここで間違って”ハイジャンプ”するとつり天井で一発死ですw
              ノーマルジャンプでやり過ごそう

 

_rs1314           鎖を使ってタイミング良く降りれば良いのですが、
           青い炎は先端しか当たり判定が無いので、


    写真では左側にいますが、右側をジャンプで一気に降りれます 

 

_rs1314_       コウモリがいますので、先にやっつけてから斧を取りましょう

 

_rs1315_            渡りきって、上に行くとまた炎トラップです

 

_rs1315            特に問題はない単純なタイミングだけの箇所です

 

_rs1316                        ボス!

 

_rs1317_            スタート直後にジャンプし、降り際に攻撃

 ここから先は2つの対処方法があります

 _rs1319__ <方法1>
           開幕で2撃あたえた後は、一回間合いを取るために離れて、
              再びジャンプで飛び込みジャンプ攻撃
                  これを複数回繰り返す

 

_rs1318 <方法2>
                    敵の懐が死角です
          相手の攻撃はちょっと離れたところから出るためです
             相手の裾を足で踏むような位置で連打です
             (間合い慣れないとダメージ食らいますが)

 
 

_rs13120                     ラウンド3クリア

              The situation is getting serious, but i cannot afford to die yet.

                事態は深刻さを増すばかりだ。
      しかし私はこんなところでは死ぬわけにはいかないのだ


 
 

>>ラウンド4

このラウンドから敵の配色が変わり、なんか強そうに見えますが、基本性能はまったく変わりませんw

 

_rs1401                いきなり大きな段差があります
                  下突きで降りましょう

 

_rs1402                 そしてすぐにガーゴイルです
               焦らず、垂直ジャンプ横切りで

 

_rs1403                  坂道+炎+コウモリです
               モーニングスターもあります
    モーニングスターの手前で垂直ハイジャンプし横切りで取りましょう

 

_rs1404                この辺は特に問題ありません

 

_rs1405        ちょっと進むとハーピーがでるので垂直ジャンプ横切り

 

_rs1406     あまりにも速く進んでると地面から岩が突き出てやられますので
            ちょっとゆっくり進んだほうが良いです

 

_rs1407         岩が4個降ってきますが、そのまま駆け抜ければOK

 

 _rs1408        段差を登ることになるのですが、足元から岩が突き出ます
     油断しているとあっさりやられるのでちょっと気を引き締めましょう

 

_rs1409           飛び跳ねる火球のタイミングは簡単なのですが、
       意外と危ないのは、ちょっと上の段差に敵がいる時です
              先に倒してから飛び移りましょう

 

 

_rs15          何気にラウンド4の危ない地形トラップ ポイント

 
     油断しているとあっさりやられる地形トラップ組み合わせです
      火球が飛び跳ねるタイミング岩の突き出るタイミング
                これを良く確認しましょう

 

_rs1410            ラウンド4野外ステージの最大の山場です
 
       手前を炎が飛び跳ねてるところにツタがあるのですが、
    このツタが最大限左にくるタイミングでハイジャンプです

 

_rs1411                     坂道+火球
       垂直ジャンプでタイミングを合わせながら進みましょう
                   城はすぐそこ!

 

_rs1412                     城につきました

 

_rs1413           ラウンド4の城内はそんなに難しくありません

 

_rs1414         ツララが降ってきますが見た目通りのタイミングで

 

_rs1415                  城内地形トラップ ポイント

            炎+連続ツタですが、急ぐと死にます
          焦らずちゃんとタイミングを見て進みましょう
                      

_rs1416              たくさんの火球が跳ねてるので
           鎖の上のほうからジャンプで飛び移りましょう

 

_rs1417                   城内も最後の方ですが、
            ここで油断して普通に横ジャンプすると
                 さっくり槍にやられます
      
        ちゃんとタイミングを確認しましょう

 

_rs1418                  さあ、ラウンド4のボスです!

 

_rs1419              もしモーニングスターを持っているなら
              開幕直後にその場にしゃがんで連打
                   これだけで勝てます
                   (安全地帯なので)

 _rs1420__2                モーニングスターが無いなら、、、

                開幕直後に前進し下段に降り、
           さらにちょっと前進しジャンプ攻撃を当てます
        その後離れて間合いを取ってまたジャンプ攻撃

               もし、敵が弾を撃って来たら、
      ”背景が階段”のところで、ハイジャンプで避けつつジャンプ攻撃
       かわした後にまた間合いを取りジャンプ攻撃を狙います

 

_rs1421                     ラウンド4クリア

                                 I regret why I made such a promise,
                                  but it is no
w too late to withdraw.

    とんだ契約をしてしまったのものだと後悔をしているが、後の祭りだ
              もう今更、後に引くことは出来ない

 

 

ラスタン、とうとう後悔し始めましたw 
いくら王国の財宝をもらえるとはいえ、まあ単身で乗り込むあたりで気がつけよって感じですwww

 

 

>>ラウンド5

さて残すところ後2ラウンド。佳境に入って来ました。
地形トラップが酷いステージDEATHw
初見プレイでは間違いなく死にますw

 

 

_rs1501              ラウンド5の野外ステージは短いです
           が。地形トラップがとにかく嫌らしいので注意

 

_rs1502          火球が単体で来るぶんには問題ないのですが、
           地形トラップ+キマイラ、というコンボが厄介

     向こう岸にキマイラがいると弾を吐くので放おっておけません
    焦らずに向こう岸の敵をジャンプ攻撃で叩いてから渡りましょう

 

_rs1503                 火球+坂道+落石です
             これ自体はもう慣れたものですが…

 

_rs1504         その先には火球+ハイジャンプが必要な崖が…

 

_rs1505            さらにその先は、炎の海+ツタ+飛び石
   ツタから飛び移る先の飛び石に乗ったら沈むまでちょっとまってると
    その先に新たな飛び石が出てくるので、焦らずそれに乗ります

 

_rs1506            その後に、ツタやらイカダやらがありますが、
                 次はちょっと大きな泥沼

     落ちてもミスになりませんが、這い上がるのにはジャンプ連打です
  その際に、向こう岸に敵が密集しているので、とにかくタイミングがシビア
     ヤバイと思ったら戻って画面をスクロールし敵を消すことも重要

 

 _rs1508          城内ステージは今までと違って洞窟になります
         早速、坂道があり、そして水たまりトラップですw

 

_rs1509            炎を吐く石像はそんなに難しくありません
               タイミング良く駆け抜けるだけ

 

_rs1510            また坂道ですが、今度は火球が跳ねてます
           垂直ジャンプでタイミングを見計らって向こう岸へ

 

_rs1511                 下からの岩x2 と 火球です
           ここはすぐに駆け抜けることができますので、
                   さっさと向こう岸へ

 

_rs1512              3回目の下に降りるところがあります
                 また坂道とおもいきや

 

_rs1513         着地先は沈む石なので、すぐにツララに飛び移ります

  

_rs1514                    いよいよボスです!

 

_rs1516              ヒドラです!いよいよ大物な感じです!!

          開幕直後に前進しジャンプ攻撃を1撃当てます

 

 _rs1517__               その後、垂直ジャンプ横切り連打


       もし炎をはいてきたり、間合いが詰まってきたら後退します
         またその後間合いを詰め垂直ジャンプ横切り連打

           多少ダメージを受けますが、これで勝つるw

 

_rs1518                    ラウンド5クリア  

                            Now you are the only one who is still alive.
                                                 Hang in there.
                           I will come
right away to cut your head off.

            後はヤツを残すのみ。決着をつけてやる。
                  首を洗って待っていろ。

 

ラウンド4クリア時はちょっと弱気だったのに、ヒドラをやっつけて急に強気になるラスタンwww

 

 
 

>>ラウンド6

いよいよラストです。ここからコンティニューはできないので、一発勝負ですw

そしていよいよ写真撮影もつらくなってきました!www
(MAME使えばいいジャンってのはナシで。。。)

 

とはいえ、ここまで来れる人であれば、もう十分鍛えられています。
地形トラップ
以外は今までの感覚だけで十分行けます。

 

_rs1602_           先へ先へと進むとさっくり地形トラップにやられます
          記憶していない場合は、ちょい慎重に行きましょう

 

_rs1602                おなじみ火球+向こう岸に敵
                 もう慣れたもんですよ
                 先に敵を片づけましょう

 

_rs1603             ここの飛び石 x4 ラッシュには注意です

              3つ目まではスムーズに行けますが、
       3つ目の飛び石が沈むと同時に4つ目が上がってきます
                これは知らないと焦りますw

 

_rs1604       毎度のことながら、段差ラッシュでは向こう岸の敵注意 

 

_rs1606              ラウンド6野外ステージ最後の山場です
        坂道+火球ですが、向こう岸に大量の敵が控えてます
             もう諦めて突撃してもいいと思いますw

 

_rs1609               いよいよドラゴンが控える城へ!

 

_rs1610            ラウンド5と似たようななステージ構成ですが、
       ここまで来れる人にとっては、注意点は意外と無いです

 

_rs1611     また沈む石があるので焦らずツララにジャンプして掴まりましょう

 

_rs1613                  火球x2だけで楽勝ですが
              この向こう岸にはまた敵がいます
    もう城内も最後なので、残機があるなら、この際諦めて突撃ですw

 

_rs1607                   とうとうドラゴンです!!

 

_rs1700_          「  ド  ラ  ゴ  ン  だ  !  」
                (「モンスターランド」風にw)

 

_rs1703               開幕はジャンプ横切りを当て
              着地後は垂直ジャンプ横切り

 

_rs1704            炎を吐いてくるので、崖の端くらいまで後退し
               (ブレスが当たらないところまで)
               垂直ジャンプ横切りを連打

             斧を持ってればこれで終わりますが
            もし、斧がない場合、2撃与えた後に、
          また少し後退し垂直ジャンプ横切りを連打で

 

 

 

>>エンディング

 

ドラゴンを倒した瞬間にあっさりエンディングになりますw
 

_rs1801              (たぶん)セーム王国の城が見えます

 

_rs1802

 
 

_rs1803

  

_ts1804               最後にラスタンが締めくくります

 

     This is only a part of my long story-only a part to become a King.
           If I have another chance, I'll tell you my other adventurous stories.

    

     これは儂が王になるまでに至ったほんの一部の冒険に過ぎない。
 また機会があれば、数々の冒険の旅について聞かせようぞ。 



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 
 
 
 

いやあああ、(オイラ的に写真が多い上に、アクションゲームは忙しくて)長い冒険でした!

結構、頻繁に死ぬゲームなのですが、とにかくポイントさえ覚えてしまえば、本当にうまく慣れます。

オイラも久々に引っ張りだしましたが、直後はまあエライやられようでしたが、写真撮影のためにコンティニューを繰り返してしていたら、1コインクリアできるようになりましたwww

 

で。このラスタンの物語こそが、ラスタン サーガなのですよ。
そんなラスタン王の物語は、これで終わりません。続きがあります。 

 

  ・1989年3月「ラスタンサーガⅡ」
  ・1992年5月「ウォリアーブレード」

 

「ラスタンサーガⅡ」は、Ⅱなんですが、時系列的には”ラスタンサーガ”より前の話になります。。。そしてなんといってもク○ゲーと名高いですw (BGMは良いのですが…)

 

で。「ウォリアーブレード」ですが、こちらは大傑作でした。
ゲーム性もストーリーも良くデキており、しかも”横2画面”(3画面Verもありましたが)という大きなフィールドで大変な迫力がありました。

(すごい欲しいですが本当買える機会が少なく…あってもそういう時に限って予算が無いというw)

 

 

しかしこの「ウォリアーブレード」でも、ラスタン王が王になることができた話自体は語られません。物語は完結していないのです。

 

いつかまたラスタン王の冒険譚を耳にすることができる、そんな続編がでることを望んでやみません。。。出してくれないかなあ。。。

 

 

で。

 

何を思ったか、このあと2003年4月にPS2で「ウォリアーブレード ラスタンvsバーバリアン」としてラスタンを使った格ゲーがでます。待望の続編がでたかっ!?と思ったら、、、流れ的には”ラスタン”の子孫らしいですが、ストーリーらしいストーリーも特に無く、、、うーん。。。

 

_rs8_           ドマイナー作品です。。。(動画すらありませんw) 

                     

 
 

コレジャナイんだよー。(前回と同じ終わり方か。。。)

 

 

 

2012年11月10日 (土)

タイトー「黄金の城」 ~ ドキッ!漢達の剣闘大会!ポロリもあるよ★

1986年3月タイトー「黄金の城」の発売。

 

 _os11

 

ファンタジーとビデオゲームの相性は抜群ですよね。ホント。
 

ドルアーガの塔のエントリでも触れましたが、それこそ古くは、1974年TSR社よりテーブルトークRPG「Dungeons & Dragons」から始まり、、、コンピュータ ファンタジーRPGとして1981年Sir-Tech社からAPPLE IIに出た「ウィザードリー」、、、そして本当に沢山のファンタジー系のゲームが発売され、今でもゲーム界の主流であり、多くの人達を魅了するテーマでもありますね。

 

 

で。実は最近、オイラ、PS3の「ドラゴンズ ドグマ」 にハマってました。

Img_2277_

レトロゲー オタクを標榜するオイラで、普段は全くといっていいほど新作には手を出さない、いわゆる懐古房おっさんコレクターですが(買ってもレトロゲー移植かリメイク版くらい)、ところが何を思ったか新作をエライ珍しく、しかも発売日に買ってしまいましたw
 

Dragons_dogma_screen_shot

オイラにとってはリアル系の話より、ファンタジーのほうが想像力というか感情移入しやすいです。そして何より、剣と魔法!

 

装備したものがそのままグラフィックで表示されるってのは(今では当たり前ですが)良いですねー。かなり見た目にこだわっちゃいます。

で。ちょこちょこやって、やっとレベル100超えましたw

 

Img_2286                    メインキャラクター

 

Img_2294                  ポーンオプションキャラクター)

 

 

ドグマより面白いファンタジーRPGはたくさんあるとか聞きますが、オイラ的には十分楽しかったです。ドグマ。
というか、まだレベル上げとアイテム回収で遊んでますwww そしてウルドラゴン、つえぇーw

あ。なんか、拡張パックが販売されるみたいですね!大変楽しみです!!

 

 
 

 

 
  

_os4

で。今回ご紹介するのは、なんだかんだでやっぱりレトロゲーでしてw
1986年3月タイトー「黄金の城」です。

 

_os0                     2枚基板構成です
             ハーネスは専用のハーネスが必要です

 
 

_os2                 黄金の城ハーネス(配線表)

 

_os3                 黄金の城 ディップスイッチ表

 

 

前フリの通り、ファンタジーなゲームがアーケードやマイコン、コンシューマで、沢山ありましたがアーケードの中で地味ながら、結構な人気があり、名作と呼ばれた一つでもあります。
たまに基板を引っ張りだして遊んでも、やっぱり面白い!

このゲームの面白さのポイントは、 

  #1- 剣 と 盾 を自在に操れる!
  #2- 脱衣アーマー!
  #3- 個性ある攻略法

です!

 

アーケード販売からかなりの間、一切移植がなく本当にガッカリしたものですが、、、今では移植があります! 

もし、本エントリをお読み頂き、興味を持った方は是非遊んでください!

 
                  

※PS2「タイトーメモリーズ」はジョイスティック必須!でないと魅力半減以下です!
※Lets!TVプレイは、直接TV接続するタイプです。また黄金の城のアレンジ版も同梱!

 

 
 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

#1- 剣 と 盾 を自在に操れる!

本作「黄金の城」の主人公ガリアノスはマイトレーヤ姫と財宝を取り戻すために、古代ローマの剣闘士風のいでたちで、左手に盾、右手に剣で、17人の剣闘士と1vs1で闘うゲームです。

なお、アメリカ版タイトルは「GRADIATOR」。グラディエーターなので、それに従えばローマ剣闘士ですね。
剣闘士といえば通常、戦争捕虜で奴隷にな
りコロシアムで使役される”剣奴”ですが、本作はそういった感じでなく”ヒーロー”的な感じではあります。

 

ゲーム的に1vs1なので、古代ローマのコロシウムよろしく”GRADIATOR”という題がついたのだと思います。(たぶん単純に古代ローマがモチーフだから、だと思いますがw)

_os5

 

当時のゲームとして、デカキャラだったというのも際立っていたのですが、それよりも操作方法が結構特殊です。
(後発1986年10月ナムコ「源平討魔伝」もデカキャラでしたが)

 

レバーの左右で前進後退移動、そしてレバーの上、中、下で盾の位置を変え、敵の攻撃を防御します。

剣は、3ボタンで、上段攻撃、中段攻撃、下段攻撃です。

 

_os1                       インスト
     (上部に簡単ですがストーリーもあり、舞台はやっぱり”紀元前”)

 
 

初めのうちは、とにかくややこしいですが、まあ慣れれば剣は上段、そして盾は独立して下段とか、自在に操作できるようになり、さながら剣闘士のように振る舞えます!
とは言え、この操作方法は、「黄金の城」の前作?として扱われる、1984年9月タイトー「グレードソードマン」から引き継いだものです。 

 

ややハードルが高いながらも、当時のオイラには結構衝撃的でした。
こんなに剣と盾を振り回すことができるとはっ、と。

相手の攻撃の隙をみて、上段中段下段と剣を振り分け、盾で相手の攻撃をカツカツ見きれるようになると大変おもしろいです!

 

この操作は、剣闘士としての臨場感を盛り上げてくれる重要な要素です!
(今でも十分通じるシステムだと思うんですけどね)


<--------  <--------  <--------  <--------  <--------  <--------  <--------  <--------

#2- 脱衣アーマー!

本作では”体力” の概念はありません。

体力の概念が無いということは、大抵ミスは一発死ってのが定番ですが、本作は非常に面白いシステムを搭載しています。

_os12

 

まず、一発死はありません。が。
攻撃を受けた部分のアーマーが剥がれます
剥がれたところに攻撃を食らうと、ミスです。

 

 

逆に言えば、そこに攻撃を食らわなければ良いわけで、剥がれても諦めずに、盾と剣で防御すれば凌げます。 

 

なお、盾には耐久力があり、初めは普通に攻撃を受けれますが、あまり受けすぎると盾が壊れ、防御できる範囲が狭くなり、アーマーが剥がれやすくなります。
 
しかし、道中に出てくる、
”黄金の盾”を拾うことで、破壊されない盾が入手できますの攻略に必須です。

 

_os15       コウモリが運んでくるのでたたき落として黄金の盾を拾います


 

 

なお、アーマー破壊は敵も同じで、敵を倒すにはアーマーを剥がしてそこに攻撃をすることで倒せます

 _os16             なので、とにかく相手を脱がす脱がす!w
                  露出したところに攻撃!

 

まあそうこうしていると、自分もそのうちアーマーが剥がれまくって満身創痍になるのですが、ミス/ステージクリア以外でもアーマー回復手段があります。

・道中に飛んでくる”青いクリスタル”を破壊
・剣を3本拾い、相手に攻撃を連打すると全身黄金色(無敵)になりその後回復

_os14_                 青いクリスタルを剣で破壊!
          (盾をぶつけると効果が発揮せず消滅します)
 

_os17_    剣を3本拾って赤い剣になり(左) と 相手に連打して黄金状態(右)

 

                        で。
本作が名作たる所以は、この
アーマーの存在です。
アーマーを大事に守りつつ、相手を剥がす。相手の隙を作り出し如何にしてそこに叩きこむか、というのが非常にアツイのです。

 

       しかし、なんといっても、本当に名作たらしめた存在はっ!

 

_os13             4人目の 対”イレーネ”戦~~~ッッ !
                 (グラップラー刃牙 風)

 

黄金の城といえば、なんといってもイレーネです。
アーマーを剥がし、最後に上半身をうまく狙うと、

_os18                     ”ポロリ”しますwww

                          _  ∩
                        ( ゚∀゚)彡 
                          ⊂彡

       (今このページはおっさんしか見てない、そういうことだッッ)

         当時のゲーセン小僧たちの青く、そして甘酸っぱい
            アレゲな感じを鷲掴みしたものです。
         なお、イレーネの多数ショットは第3章でッッ!

 

 

もうとにかく、コレに尽きるんじゃないかってくらい、
本作の一番の盛り上がりポイントです。

ちなみに、これに失敗したときの後ろで見ているギャラリー達の落胆ぶりはものすごかったですwww

 

_os18_                      失敗・・・
            勝利とは儚いものです・・・別の意味で

 

 
プレイヤーとしても、これをしくじると、オイラの50円(100円)は何だったんだ的な感じで、モチベーションだだ下がりですw

(ほんの”数ドット”の単なるデータ配置、なのになーって思うと感慨深いですw)

 
 

オイラ的には、いやぁーなんかもう、これだけでブログ 一本書き終えた感じですw

 

 

ちなみに、本作は販売はタイトーですが、実は制作が”セタ”だったとか。
セタと云えばアレですよ。ほら、”脱衣麻雀”で悪名高い「スーパーリアル麻雀P2」www

(とはいえ「スーパーリアル麻雀 P2」は1987年6月発売で黄金の城の後発ですね。)

 

・・・あ。
”タイトーメモリーズ版”と海外版では規制されていて、
ポロリがありません!
 

なので、基板を買うべし!!www 
(だいたい1万5千以下で買えるそんなに高い基板じゃないので、、、って高いですね)
 
 
 

               冒頭で、移植版もあるよ!、、、と言っておいてなんですが、、

         嗚呼、基板を買って良かった!

 

 

 

((((((((((((((((((((((((((((((   ((((((((((((((((((((((((((((((   (((((((((((((((((((((((((((((( 

#3- 個性ある攻略法

とにかく、1vs1形式で17人の剣闘士と闘うゲームなんですが、道中の敵それぞれに名前と性格(攻略法)があるんです。
 
ステージ1(5人目くらいまでは)ガチャガチャやってて勝てますが、後半ちゃんと相手を見切らないと結構やられちゃいます。

 

とりあえず分からなくても、相手の剣の動きに敏速に反応する、という戦い方もアリです。己の反射神経との闘いでもありますねw

 

もっとも敵ごとのポイントを押さえると、みるみる上達しますので、攻略法を身につける方法であれば、それはそれで向上心を満たしてくれるゲームです!

 

とはいえ、まず基本となる闘い方は、

  ・盾を上段、剣は中段攻撃
  ・相手の盾をひたすら盾を攻撃しつづけ破壊
  ・さらに相手の剣も攻撃しつづけ破壊
  ・剣をへし折ってしまえば相手は完全無力


  →これが基本形です

 

とはいえ無論、そうすんなり壊させてくれませんし、そもそも剣すら持ってない敵もいたりで、簡単には倒されてくれませんが、この基本形を押さえれば、攻略法が分からなくなってしまっても、STAGE2はクリアできると思います。

 

 

■STAGE1 大広間

1vs1の剣闘の前の渡り廊下で、コウモリや火の玉が飛んできます。
ある意味、盾の練習に持ってこないですが、とりあえず、黄金の盾はGetしましょう。
あと、途中で剣が3本でるので、取っておいて赤い剣にしておくとちょっと安心。

 


>>1人目:ソロン
とりあえず、

 相手の攻撃を受け、引っ込み際に上下に振り分け攻撃

_os40 

でいけます。まあテキトーでも勝てちゃいます。

 

 
>>2人目:カリアス

ソロンと同じで大丈夫
ですし、テキトーでもけます。
 
_os41
 

 

 
>>3人目:ミュロン
ちょっと、防御がうまくなります。
いろんなコツはありますが、とりあえず初めは、


  ・盾上段に構え、中段攻撃連打
  ・途中で相手が中段攻撃に切り替えたら、盾を中段 + 剣は上段攻撃

 
これで大丈夫です。
まあ、ゆっくりと、相手の盾と剣を壊す、という作戦もありです。

_os42

 

 

 

>>4人目:イレーネ

_os13              来ました!イレーネ戦!!
 
 

_os20    ちなみに、自分の胸アーマーを壊されるとイレーネがはしゃぎます
                 ちょっとカワイイですw

 

 
       まあ所詮ステージ1なので普通に戦っても勝てちゃいますが、、、

 

    ここではそんなのは要求されてませんよね!?
            そうです。”
ポロリへの道です!!www

 _os21          とりあえず、盾を上段に構え、剣は中段を連打
             まずイレーネの盾と剣を破壊します

 

_os22           カウンター気味に上段攻撃で仮面を外します

  

_os23             まぁ実は、仮面は外さなくてもいいですが、
            素顔が出るので
外すってのが心意気です

  

_os24            イレーネが(折れた)剣で攻撃してくるところに
              カウンターで上段攻撃(中段でも可)
       
胸アーマーが外れ、コルセットになります

 

 

_os25_    また剣で攻撃してくるところカウンターで上段攻撃(中段でも可)
                      来ました!
         
コルセットが外れ、ブラになりました!

 

 

_os26        さあっ!またカウンターで上段攻撃(中段でも可)!!

 

_os27                   どうだっ!?

 

_os33              ポロリ!感無量です!!

 

_os28              ガリアノスもガッツポーズですよ!www

 

_os29                 イレーネ サービスショット 1!
                    カワイイですw

 

_os30                 イレーネ サービスショット 2!
               ポーズがちょっと違いますよ!

 

_os32                イレーネ サービスショット 3!
       颯爽(?)と先へ進むガリアノスに何か言いたげな感じ!!

 

 

        いやぁ、もうこれだけで大満足です
 
 

 

たぶん、ここまでイレーネ戦のショットを用意したのは、きっとオイラけ!
(これで規制を食らったらどうしようw)
 

ふぅ、、、オイラ的に全力を使い果たした感じですw

ちなみに、このショットを撮るためにデジカメを構えて取ってたのですが、、、なんか自分の背中からの視点を考えると、いいおっさんが何やってんだか、、、という沈んだ感じになりますが、ネバーマインドですw

 

で。
このあとは、
漢だらけのガチムチの世界なので、粛々とすすめることになりますwww
(あと1回だけ、ほんのちょっとほんのりお色気がありますが)

 

 

>>5人目:パッポス
STAGE1のラストです。(なんかもうどうでもよいかな、って思ってますw)

_os43

出現前より、火の玉が多数飛んできます。
とにかく、盾で焦らず防御!

 

パッポスが出現したら、、、

_os44 

  ・すぐに接近し、剣が届く間合いでレバーをニュートラル
  ・火を吐かなくなるので、その間に盾を破壊
  ・盾が壊れたら、あとは盾を持ってないところに攻撃を連打!


 

これがわからないとちょっとツライですが、STAGE1なのでまだ楽勝です。

 

_os45                    ステージ1クリア!

 
 
 
 

■STAGE2 レンガ回廊

槍とか飛んできますが、どっちかというと道中のレンガの軌道には注意!

_os47

 


>>6人目:ザイド
相手の攻撃を受け、引っ込み際に上下に振り分けて攻撃でも勝てますが、、、

_os50

  ・盾は中段 + 剣は上段 攻撃で相手の剣を折る
 



>>7人目:ゾナラス
ものすごい攻略ポイントがあります。

_os51 
  ・レバーを左へ入れておくと、攻撃してこない
  
→左へ入れつつ攻撃連打です

 

 

>>8人目:エンツィオ
ゾナラス戦と同じ戦法が通じます。
 

_os52 

 

 

 
>>9人目:ゼノン
普通に闘うと守りも固くて強いです。
とりあす、先に盾と棍棒を破壊しましょう。

_os53

  ・盾を上段か中段に構え、剣は中段 攻撃で棍棒破壊

 

倒した後は棍棒を拾うことができます。
破壊力高く、この後でてくる”ローラー”の対処が楽になります。ローラーが出てきたら、すぐに盾を下段 + 画面右端へ進み + 剣も下段攻撃連打で破壊しましょう。


 


>>10人目:ラウラ
出現前より、矢が多数飛んできます。

_os54                とにかく、盾でテキパキ防御!
               (パッポスより速いので注意!)

 

_os56                ラウル出現!

 

 

                ・・・えーっと脱ぎません

 

とりあえず画面後ろスタンバッおいて、矢を防御しながら前進前進
弓をよく見て、手の位置で高さを判断し
、盾で矢を防ぎます。
アーマーは着ていないので、一撃で倒せます。

 

_os56_           脱ぎませんが、漢達の肉体美含有率が高いので、
            ラウラのサービスショット
ちょいちょいw

 

_os56__                     矢を射ったところ

 

_os56_____                       ザクッ!

 

_os56____             漢・ガイアノス、颯爽と置いていきますw

 

 _os57                    STAGE2クリア!

 

 

 

 

■STAGE 3 城の屋上

さぁ後半戦です。いよいよ強くなってきます。道中では、衝撃波(レーザー)が飛んできます。
普通の縦で受けると、あっという間に破壊されてしまいます。
黄金の盾、必須です。

 

_os60 

 

 

>>11人目:ルキウス
ここからとたんに速く、フェイントも多用してきます。
このあたりから、反射神経だよりの闘いはツラクなってきます。

_os61

  
・盾を下段 + 剣も下段 攻撃連打 か 盾を上段 + 剣も上段 攻撃連打

で対処できます。

 

 
 
 

>>12人目:バッカス
ルキウス戦と同じ戦法が通じます。

_os61_2 

 

>>13人目:メテルス
感じ的には、ルキウス、バッカスと同じですが、ちょっと戦法が変わります。

_os62 

  ・盾は上段 + 開始と同時に前身 + 剣は中段 攻撃連打
 

 

 
>>14人目:ディオクレス
フェイントも織り交ぜ速い攻撃をしかけてきます。

_os59 
  ・盾を上段 + 剣は中段 攻撃連打 (まず盾を破壊)
  ・盾破壊後、盾を上段 + 剣は上段 攻撃連打 のカウンター狙い


なお、倒した後のディオクレスの棍棒は拾うことができません。


この後の道中では、衝撃波(レーザー)が多数、その後、ローラーが2個きます。

_os70 

 

 

>>15人目:アガトン
STAGE3のラストです。

_os71               普通に闘うとトンデモなく強いです

 

_os73               また相手の武器は棍棒っぽいですが、
              振ると先端から剣が伸びてきます
                  射程がエライ長いです。

 
 

  ・盾は上段 + 剣は下段 攻撃連打で剣を破壊
 剣を折ってしまえば、なんら問題なくラクショーです 

 

 _os74                    STAGE3クリア!

 

 

 

■STAGE4 異次元

衝撃波(レーザー) + 隕石ラッシュで始まります。

_os75 

 

 

>>16人目:ギルダス
(いきなりですが
、一応)最後の敵です!

とにかく、強いです。剣がめちゃくちゃ速いこともありますが、こちらの攻撃がことごとく防御されます。
死力の限りを尽くしましょう!

 _os76

 
  ・盾は上段 + 剣を中段 攻撃し盾を破壊
  ・盾を破壊後、上段攻撃を連打 + 相手攻撃は一閃の見切りで防御!w

  
→正直、運任せであったりもします。。。
 
 
 

 

>>17人目:ガイウス
本当のラスボスです。

ギルダスが骨になり復活します。最強最凶です。

 

_os77                       復活!

 

_os78                   骨になって襲ってきます
             (それにしても盾も変わってますが…)

 

  ・弱点は頭部のみ
  ・他の部分に攻撃を当てても倒せない
  ・ギルダスと同じ戦法で勝てることもある

  →気合と根性、そして一閃の見切りの闘いです

  ※ガイウスが立ち上がる瞬間に上段攻撃をうまく合わせると瞬殺できることがあります
  ※ガイウス戦でミスすると、ギルダス戦まで戻されます

 

_os79                 体は攻撃しても意味が無い!

 

_os81                       いけー!

 

_os82                     勝利ッッッ!!!

 

 

さあ、いよいよエンディングです。。。 

 _os84              財宝の部屋にたどり着きました

 

ん?

なんかおかしくないですか?

そもそもこのゲームのストーリーは、、、 

 

本作「黄金の城」の主人公ガリアノスはマイトレーヤ姫と財宝を取り戻すために、古代ローマの剣闘士風のいでたちで、左手に盾、右手に剣で、17人の剣闘士と1vs1で闘うゲームです。

 

です。

ん?マイトレーヤ姫は??

 

 

 

 

 

 

_os83              この財宝の部屋の中央にいますw

 

_os63                     これですww
             しかし、どうにも無機質ですよね。。。
                  本当にお姫様なのかっ

 

なんか、ガリアノスは財宝だけが目当てだったのかっ!?と思う感じですが

 

         いいんです。イレーネが入ればwww

 

さて、最後の最後ですが、黄金の城の動画です。

 
 
 
 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

とまあ、黄金の城、の(イレーネの)魅力を存分にアピールしたつもりですw

 

文中の通り、一番の盛り上がりポイントは、
なんだかんだいっても、
ポロリなわけでwww

 
 

リメイクでないかなあ。。。
ゲームとしてもかなり白眉な面白さで今でもイケると思うんですよ。

 

格ゲー風にも、持ってけるので今なら、Dead or Alive か キャリバー よろしく、ガリガリ3Dでポロリ搭載でどこか出さないものかっ!?

 

・・・そういえば、、、黄金の城の格ゲーあったんですよ。。。「ブランディア」。。。

 

 

 

 

コレジャナイのが出て欲しいです。。。(しかもポロリないですし)

 

 

 

・・・ポロポロうるさい、文章でしたねwww

 

2012年11月 3日 (土)

データイースト (スーパー)「バーガータイム」~手にフライパン 心に勇気!

1982年8月データイースト「ハンバーガー」発売。

Bg25

いやぁ、お久しぶりでございます。

引越しがあったり、その他いろいろあったりで、怠けちゃってましたが、前回より半年以上経過してたんですね。。。

 

しかしまあ、引越しはエライ大変だったです。

5月に遡る話なのですが、2トン トラック2台分使いました。。。合計大体3.5トン分はあったのですが。

普通は2トントラックでもあれば大抵収まる切るのですが、2台分使うハメになったのは、無論、ゲーム達でして、、、1.5トン分のスペースは確実にありましたwww
こんなに溜め込んでいたとは、、、

 

 
まぁ”この世界”では、コレ以上持っている人なんて山ほどいるわけですが、引越し業者さんから見たら”普通”では無いわけで、、、でも呆れられるどころか、「コレ持ってます!」とか「コレなんですか?」と、エライ興味津々で色々聞かれ、説明だらけで引越し作業が捗らない捗らないw

 

で。半年たっても実は、未だに完全には終わってませんが、やっとカタチになりました。。。

Bg00000

Bg00

Bg000

Bg0000

とはいえこれは、遊び用の”ゲーム部屋”ですので、倉庫はまた別にあります。
倉庫の大きさは6畳ありますが、はやくもすでに天上まで部屋がゲームたちがいっぱいで、人が入るのもやっとですwww

新しく買ったゲームの収納をどうしようかと考えるハメになってます。。。

 

 

とまあ、エライ久しぶりになってしまいましたが、リハビリがてら軽い内容でお届けしようと思います!

というわけで今回は、

 

  #1- 「ハンバーガー」の面白さ
  #2- 「ハンバーガー」の”怪作”性
  #3- 「スーパーバーガータイム」


で、1982年8月データイースト「ハンバーガー」です。

 
  

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

#1- 「ハンバーガー」の面白さ

「ハンバーガー」というタイトルより、「バーガータイム」というほうが有名なタイトルです。

ファミコン版は、こちらの名前で販売されていましたので、ファミっ子たちには「バーガータイム」のほうが自然ですね。

 

元々、国内でアーケード販売時は「ハンバーガー」でしたが、アメリカで販売する際に商標の問題で「バーガータイム」となり(Midway販売)、そのタイトルが日本国内にも逆輸入されるカタチになりました。

そして、国内、海外ともに大ヒットとなった、データイーストの快作/怪作です!

 

Bg1

Bg4

Bg15

 

とはいえ、、オイラが持ってる基板は、コピー版の「クックレース」です。。。

 

元々は、当時データイーストから出ていた、デコカセットシステムという「カセットテープ」での供給でしたが、如何せん現存しているのがどれくらいあるのか、、、
(”デコカセットシステム”は非常に高価で筐体込で80万だったそうですが、1ゲームは4万前後だったとか。。。あー欲しい欲しい)

 

そして、「ハンバーガー」は基板バージョンもありましたが、残念ながらオリジナルを購入する機会がなく、、、コピー版で我慢していますw

 

 

ゲームとしては、若い人たち向けに説明するとw、、我らが主人公”ピーターペッパー”氏を操り、迷路状のステージにあるハンバーグの材料をすべて下に落として完成させる!というものです。

 

Bg18              プレイヤーこと「ピーターペッパー」氏

 

 Bg17          迷路状ステージ各所にハンバーガーの具材があり

 

 

Bg21         ハンバーガーの材料を踏みつけ、下に落とすと
        一段具材が落ちて、連続的に具材が下にズレます

 

 Bg19                  一個ずつ具材を落とし、
         ハンバーガーをすべて完成させればステージクリア!

 
 

Bg202              そんなピーターペッパーを邪魔するのが、
         日頃、ハンバーガーの具材として使われている
            ウィンナー、ピクルス、目玉焼き、たち
              (ウィンナー使わないような・・・)

 

 

Bg29                     捕まったらミスです
          (よく考えたら、人間大のウィンナーってすげぇw)


 

 Bg34                  敵に捕まりそうになったら、
            コショーをかけて敵を麻痺させ緊急回避!
             この時は、敵の後ろを通り抜けれます。

             が。使用回数に制限があるので注意

 

 Bg31                具材を何個か落としているとたまに
               ソフトクリームやポテトがでるので
            コレを取るとコショー使用回数が1つ増えます

 
 
 

 Bg203                逃げたり、コショーで回避だけでなく
          敵は、ハンバーガー具材で押しつぶすと倒せます

 

Bg205           もしくはハンバーグの具材に敵を乗せ落とします
         普段は一段落下ですが、この場合は三段以上落とせます
           ので、手っ取り早くクリアすることができます
                  また、点数も高いです

 
 
  

とまあ、簡単なゲームなのですが、やってみると結構難しいです。。。

なんせ自分の足が遅いし、はしごできっちりレバーを入れないと突っかかったりで、、、
そして適当に歩いていると、すぐに挟み撃ちです。

 

しかし、ちょっとコツをつかむと、戦略的に敵をうまく誘導して、いっぺんに敵を具材と一緒に落とせる、という遊び方ができるようなり楽しさ倍増で、大変楽しかったです!

これが本作を”快作”に導いた一因でしょう!

 

 

とはいえ、幼少の頃のオイラにとっては、トンデモなく難しいゲームで。
コツを掴むまでは苦労したものです・・・

 
  

というわけで、「ハンバーガー」デコカセットシステム版の動画です。

 

 

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

#2- 「ハンバーガー」の”怪作”性

 

さて、「ハンバーガー」については、すでにご紹介の通りなんですが、
”サイドビューの迷路画面で敵を避けながら、ハンバーガーを完成させる”
というゲームですが、昔から迷路ステージっぽいゲームは結構出ていまして、迷路的要素をちょいアレンジしてゲームを販売していました。

 

・1977年10月ミッドウェイ「アメージングメイズ」  <<ずばり”迷路”そのもののゲーム
・1978年~1979年04月グレムリン/セガ、等「ヘッドオン」
・1979年11月電気音響「平安京エイリアン」
・1980年04月タイトー「ルパン三世」
・1980年04月タイトー「クレイジーバルーン」
・1980年06月セガ「トランキーライザーガン」
・1980年07月ナムコ「パックマン」
・1980年11月ユニバーサル「スペースパニック」
・1981年02月サン電子「ルート16」
・1981年04月データイースト「ロックンチェイス」
・1981年10月クラール「クラッシュローラー」
・1981年10月タイトー「フィッター」
・1981年10月ユニバーサル「レディーバグ」
・1981年10月コナミ「アミダー」
・1981年11月コナミ「ターピン」
・1982年01月ナムコ「ニューラリーX」
・1982年03月セガ「アリババと40人の盗賊」
・1982年03月ナムコ「ディグダグ」
・1982年08月データイースト「ハンバーガー」

※一部それ迷路じゃなくね?というのもありますが、まあご愛嬌で
※あとやっぱり、漏れがあると思います…

 

前述の通り、この当時、迷路ステージをちょっとフィーチャーしたものは多かったですが、”モンスター”みたいな敵から逃げつつ、、、

 ・何かをすべて回収することでクリア
 ・もしくは敵を全滅させる

というのが大半でした。(フィッターは変わり種でしたが)

 

 

ハンバーガーもその亜流といえば亜流なんですが、

そこは”データイースト”ですよ!w

 

おおまかに言うと、「迷路ステージでハンバーガーの具材を”回収”」みたいなゲームなんですが、、、

そのテーマに”食べ物”そのものを使ったゲームって当時なかったんですね。

オイラが知る限りでは、食べ物を使ったゲームは”ハンバーガー”が初です!

 

当時のゲームとしては、白眉のアイデアでインパクト抜群でした。

 

なんせ、人間大以上の巨大なハンバーガーですwww
しかも、
それを足で踏んで、作りますからね!

 

この発想って、なかなかデキないですよ。。ホント。

今だに「足で踏んでる」とツッコミが入るゲームですからねえー。
これが”怪作”とも言われる所以ですwww

 

 

”快作”であり、”怪作”でもある、という非常に面白くデザインされたゲームです!

 

 

 

そして、日本国内でもファミコン版を初め、各種パソコン(マイコン)への移植、何よりも海外でも大ヒットし、いろんな移植がされました。

 

        

               ファミコン版とてもデキが良いです
    Wii/DSのヴァーチャルコンソールでもあるので未プレイの人は是非!

 

 

Bg10             海外のゲーム機「インテレビジョン」の移植
  (また例によってなぜかオイラ、箱付き と 裸ROM、の2つ持ってました…)

          

 

 

 

 

 

 Bg13                もちろんATARIにも移植されました
       (残念ながらこちらは持ってないので、雑誌のやつを掲載)

 

       

                いやもう、さすがATARI版www

 
 

Bg3             ひっそりゲームボーイで続編も出てます

 

         続編ですが、ゲームボーイ版なかなかデキがいいです
                 一応ストーリーが付きました

                    以下原文のママ
         隣のドーナッツ屋の主人・ドーナッテンがお客を
      みんな取られてしまったハライセに、手下のウィンナたちに、
      ピーターペッパーの邪魔をするように命令したからです?!
         それでなくても忙しいのに邪魔なんかされたら・・・?!
    狭い通路を上に行ったり下に降りたり、右へ逃げたり左へ言ったり!
    邪魔者たちをよけながら、速くハンバーガーをつくらなくっちゃ!!

 

 

 

 

        

            その他プラットフォームの「バーガータイム」

 

        

          そしてアーケードで、ひっそり発売されていた続編
      1984年02月「ピーターペッパーズ アイスクリーム ファクトリー」 
         こちらは実は当時、実物を見たことがありません。。。
                   本当に販売されたのかなぁ。。。

 

 

 

日本でも結構なヒットでしたが、しかしまあ、とにかく海外プラットフォームへの移植が多いのが特徴のゲームです。
アメリカ人、どんだけ好きなんだ「バーガータイム」www

 

移植が多いということは、やっぱりそれだけ売れたってことは間違いないです!

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

#3- 「スーパーバーガータイム」

 

さて、前作大ヒットを飛ばした「ハンバーガー」 (バーガータイム)ですが、なぜか8年も時をおいて1990年12月に、続編が出ます!(アイスクリームファクトリーはなかったことに…)

 

Bg40                      その名も
            
「スーパー バーガータイム 」

 

Bg5             シンプルな1枚基板でJAMMA接続です

 
 

残念ながら、実はあんまり売れなかったゲームです。。。

しかしオイラは、初代「バーガータイム」より遥かに好きなゲームで、いくら使ったかわかりませんw

 

この頃の、データイーストはアレです。なんか極まってた感じでw
言わずもがな、

 ・1988年01月「人間発電所チェルノブ」
 ・1990年04月「トリオ・ザ・パンチ」

が既発で、なんか間違った病にかかったかのようにトンガッてましたがwww
(これら基板は持ってるので、いつか紹介を)

 

この、「スーパーバーガータイム」も、地味ながら結構なトンガリ具合がステキ過ぎて、基板を買ったという次第ですwww

 
  

前述のとおり、ゲーム自体は前作そのままですが、

・ある意味前作の弱点であった「コショー」の使用回数がなくなった
・前作のコショーには攻撃力がないが、今回はコショーで敵を倒せる
・攻撃アイテムは時間制限となり、時間内なら使い放題
・攻撃アイテムだけでなく、補助系アイテムの入手も簡単になった
・ジャンプを搭載し、迷路ステージの戦略性はなくなり自由に移動可能

→完全なアクションゲームになりました

 

という点で大きく異なり、初代ユーザーはちょっと違和感を覚えたかもしれませんが、オイラ的には気持よく遊べて楽しかったです。

 

で。ココだけなら、”普通になっちゃった”ゲームですが、、

 、
こちらの章では、さすがデコというトンガリ具合の抜群さ、”デコイズム”というか”デコ節”を、以下ポイントで紹介したいと思います!

(”データイースト コーポレーション”=”デコ”)

 

 #Ⅰ-デコっぽい開き直り と 大胆さ
 #Ⅱ-なんか変なサポートアイテム
 #Ⅲ-もう色々関係なくなってる敵
 #Ⅳ-素敵なBGM
 #Ⅴ-ボスのいい加減さ と エンディング

 

これで誰かにスーパーバーガータイムの良さが伝わるといいなぁ。(ムリッスカ

------------------------------------------------------------------------------------------

#Ⅰ-”デコ”っぽい開き直り と 大胆さ

当時のゲームメーカーの多くは、ナムコしかり、コナミしかり、カプコンしかり、、、硬派に真面目なゲームを作ってるって感じだったんですが、こう、、、”デコゲー”って、なんか違うんですよ。

 

”大まじめに馬鹿やってる感”があるんですよw(いきなり失礼だなオイ)

 

 
デコは、アーケード初期から存在していた古参メーカーで、とにかく発想や新規性にかけてはズバ抜けていますが、ゲームとしては大味なところもあり、またチョイチョイ、そこかよって感じでヘンなのを入れてくるという独自ワールドがあり、これを通称”デコゲー” ”デコ節”と呼びますw

 

で。本作なんて、チェルノブやトリオ・ザ・パンチほどのインパクトは無いんですが、ホント”デコ節”が光ってるんです。

Bg43            主人公は前作同様「ピーターペッパー」氏
                今回はとてもキュートです
        一つ一つのアクションがなかなかカワイイんですよ

             なお、今回は2P同時プレイ可能です

 

 

Bg207

       文字での紹介とかは無いですが、ストーリーっぽくなり
              画面の右上に”大ボス”がいます
       全5ワールドで、1ワールドが4ステージで構成されており、
                   全部で20面あります
           各ワールドの4ステージ目にボスがいます


 

Bg7
                          で。
               ゲームのモチーフは全く一緒です
         今回もハンバーガーの具材を踏みまくるのですが、、、

 
 

Bg206
    とうとう
”ストンピングで踏みつけ”まで公言し始めました!
              こう、アレです、シェフってなんだ?  

             前作は幼心に、足で食べ物を踏むなんて、、、
             でもゲームだからなあ、と思ってましたが、、、
            もう
踏むこと”が前面プッシュですw

 
 

Bg87    本作にいたっては、なんかコレがもう当たり前だろ感が漂ってます
         踏みつけどころか、もう力強くストンピングですからね

 
 
 

で。一応”ハンバーガーを完成させる”ゲームなので、ステージのデザインも普通は調理室だったりを考えるわけですが、、

 

Bg80               まず大自然が背景ですからねw

 

 Bg83                  そしてそんな大自然の中で
                 
巨大バーガーwwww

 

Bg96        巨大バーガーをスントピーーーング
               (これ、結構スッキリしますw)


 

ゲームにリアリティは求めるな、ってのはありますが、なかなかこういった発想はデキないもんです。。

ゲーム基板1枚の定価が大体20万~40万です。買う方も、そりゃ手堅くインカム稼げるゲームが欲しいわけですよ。そして作り手も、手堅く作ろうとするわけですよ。

 

なのに、こういうチョイとしたところの勇気というか開き直りがデコなんですww
 
 

 
 

------------------------------------------------------------------------------------------

#Ⅱ-なんか変なサポートアイテム

前作のアイテムは、コショーだけで武器というより回避のために使うものでした。
また、回数も限られていてヤキモキしたもんですが、本作ではその憂いを払うかのように、武器は使い放題です。

 

Bg42        回数ではなく、時間制限制になりました。(画面上部の数字)
                         で。

 

Bg215             画面の左右窓からヒロイン?が顔を出して、
                   (奥さんって話も。。。)

 

Bg218                 窓際に武器を補給するので、
            それを取れば新たな武器が手に入ります

 

Bg213          武器は、コショー、フライパン、フライ返し、クシとあり、
               まあ、シェフっぽい感じですよね
          (フライパン持ってる姿が最高にキュートです)

 

Bg211                          で。。。

    その武器の中に、なぜか”ホース”(ポリタンクの水鉄砲)が、、、
   ハンバーガーにしろ、その他料理にしろ、こんなのは使いませんwww
       唯一の遠距離武器なんですが、もっとあるだろ他のがw

          こうやって、チョイチョイ外してくるセンスがががw

 

ちなみに、このゲームのコツは、時間切れに注意しながら武器を絶やさぬようにすることです。とにかく武器を持ってればサクサク行けます。

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------

#Ⅲ-もう色々関係なくなってる敵

 

前作ハンバーガーでは、ゲームのモチーフに合わせ”ハンバーガーの具材”たちが襲ってきます。

 

Bg130__          前作でも出てきた、ウィンナー、目玉焼き、ピクルス
        (相変わらず、ウィンナーはどうなんだ、は無しにして)

                 
 
 

Bg135_                   タマネギ と カイワレ
           あー、ハンバーガーに挟んでも美味しいですよね

 

               とまあ、ここまでは良いんです
                         ・
                         ・
                         ・
                         ・



 

Bg134_  
              トウモロコシ、エンドウマメ、ニンジン
           ・・・さすがにハンバーガーには使わないなあ、、

 
 

Bg132                   ブドウ、パパイヤ、スイカ
                とうとう果物を出して来ましたw
                もうハンバーガー関係ないしww

 
 

Bg51                       カボチャ!
                 いやあ、どうなんだコレ・・・


 
 

Bg139                        長ネギ
         うううん、ちょっとアリな気がしなくも無いですが、
    ちなみに、長ネギは足が短いので、途中で転んで攻撃してきますw
                    (カワイイ)

 

 Bg140                       タケノコ!
                    新機軸ですww
                        が。

 

Bg141                          !
                途中で根を張り、竹が成長し、
                         ・
                         ・
                         ・

Bg56              ロケットで飛びます
             もう何がなんだかw
wwwwwwwwww

 

Bg300               オイラは、このシーンが大好きです
               タケノコ
ロケット ラッシュww

 

 Bg57__                     フグ と コンドル
            野菜、果物の枠すら飛び越えましたww

 

 Bg152                      カナヅチ!!
          もう食べものですらありませんwww 自由すぎてもう、、、
              ちなみに、カナヅチが振り下ろされると
      ピーターペッパー氏は振動で”強制ジャンプ”させられます

 
 

Bg142                   ライター と ハンドソープ
             もう、これ、どうするんだかさっぱりですw

 
 

いやあ、もうアレですよ。自由すぎてついていくのが疲れるほどですw
普通、”ハンバーガー”をモチーフにしたら、それに関連するものをデザインするわけですよ。普通は。

で。この展開ですからね。まさにこれが”デコ節”ですw

 

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------

#Ⅳ-素敵なBGM

 

さて結構、シッチャカメッチャカな感じのゲームですが、本作はBGMがサイコーにステキです。 

Bg6

特に、ステージのメイン曲が2曲あるのですが、ノリが良くてサイコーです。

 ワールド奇数面の曲「手にフライパン 心に勇気」
 ワールド偶数面の曲「足にローラースケート 心に正義」

曲名もステキです。。。

 

                    

デコのゲームサウンドは、名曲が多いのですが、その中でもスーパーバーガータイムはかなり名曲です。

スーパーバーガータイムのゲーム性にマッチしていてテンポよく遊べます。
また単体で聞いても、とにかくとても楽しく元気な気持ちになれます!

 

いやあ、サイコーです!


 



------------------------------------------------------------------------------------------

 #Ⅴ-ボスのいい加減さ と エンディング 

このゲームは、各ワールドの最後、つまり4ステージごとにボスがいます。

が。なんかですよ。いきなりゲームが変わるんですw

Bg88

 

武器が急にハンバーガーになり、投げることができるようになりますwww
なんでそうなるのか一切説明もフォローもないですw

もう何の関係があるのかさっぱりなんですwww

Bg89                  ワールド1ボス「蜂の巣」 
            いやもう、まったく意味がわかりませんw
                 ちなみに、オイラの感覚では
           全ワールドの
ボスで”最強”ですwww

 

 

Bg93_               ワールド2ボス「鳥の巣 と 親鳥」?
         なにがどう関係しているのか相変わらず説明なし!
                  (すごい弱いです )

 

 

Bg97_2                 ワールド3ボス「魚と小魚」?
      親魚が右へ左へフラフラしながら、小魚を放出してきます
         関係性がわからない上に、めちゃくちゃ弱いですw

 

 

Bg103                    ワールド4ボス「風船」
          もうね、風船である意味がさっぱりですよwww
               何の問題もなくあっさに倒せます

 

 

Bg109                  ワールド5ボス「最終ボス」
           ボスの顔にハンバーガをぶつければ良いです
               ただ、そのままでは届かないので、
              下から出てくるボスの手に乗ります

 

                     というか誰?w
         適当に「ハンバーガー大王」だろくらいな感じですが、
             頭の上にはパフェっぽいのが乗ってます。
       そもそも大ボスが”ハンバーガー”と関係が無いのかっ!?

    はっ。もしかして”お菓子大王”的な感じで、ハンバーガーに復讐を!?
            とかテキトーすぎることを考えたりもしましたが、
    そもそも襲ってくる食材達が、お菓子とも関係が無いというww

 

 これ絶対、ノリだけで決めたとしか思えませんwwww

 

 

Bg111                ハンバーガーを顔にぶつけろー

 

Bg110              いつまでも乗ってると握りつぶされます
          が。すぐわかるんですよ。握るタイミングがwww
                   正直、弱いんですw

 

Bg112

Bg113                        勝った!

 

                          ・

                          ・

                          ・

Bg114                   そしてエンディングへ!
      ハンバーガー カーに乗って凱旋です!!

           というか、なんだこのクルマwwwwwwwwww

 

                          ・

                          ・

                          ・

Bg115    終わり!

                          ・

                          ・

                          ・

                          ・

                          ・

                          ・

というか、なんだストーリーのこの大味さ加減wwwwwwwwww

一連の流れをどう見ても、”ハンバーガーを作る”ゲームとの関連性はまったく見いだせませんw

 

さて、「スーパーバーガータイム」の見所を押さえましたので、これらに注目しながら、動画をご覧くださいwwwww 

 



 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 
 

アーケード初期の名作「ハンバーガー」(バーガータイム) と 90年台初頭に急に復活した”デコゲー”まっしぐらの「スーパーバーガータイム」!

 

オイラは、この両極端っぷりがまさに”デコ”を体現していると思ってますw

 

 

 

 

ちなみに、またまたスーパーバーガータイムから時を超えて、21年後。。。

 

 

2011年11月2日に ”Burgertime World Tour”なんてものが、海外のPS3とXBOXで出てたんですね。。。

開発元はMonkeyPaw Games、発売はKONAMI、ですよwww


  

アメリカ人、どんだけバーガータイムすきなんだよ、とwwww
 
 
 
 
  

まあ、オイラもオイラで、今だに「スーパーバーガータイム」 遊びます

 

 

 
 

« 2012年3月 | トップページ | 2012年12月 »

フォト
無料ブログはココログ