« 任天堂「ポパイ」 ~”マリオ”を作ったもう一人の男? | トップページ | データイースト「空手道」 ~ レトロゲームバカ一代 »

2013年3月23日 (土)

カプコン「ヴァンパイア ハンター」 ~”リザレクション”買いました!

1995年3月カプコン「ヴァンパイア ハンター」発売

 

_v2_4  

で。

オイラは、本当にレトロゲーばっかり買って、新作を買うことなんてほとんどないわけですが、(ドラゴンズドグマ以来の)新作ゲーム買いました! 

というわけで、今回は”最近のゲーム”ということで「ヴァンパイア ハンター」です。(え?)

 

  #1-ヴァンパイアリ ザレクション買いました!
  #2-オリジナル「ヴァンパイア ハンター」の時代
  #3-なんで「ヴァンパイア ハンター」は売れたの?

 

で進行します!


 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■#1-ヴァンパイアリ ザレクション買いました!

・・・って新作って呼ぶのはどうかと思いますがw

_v1_3

 

みなさんは買いましたか?
オイラは、Amazonで予約していたので発売日に無事にゲットできました。

値段も2,990円と安価ってこともあり、どうやら店頭販売ではどこでも売り切れ続出だったようですね。。。(1週間も経てばそろそろ潤沢になってるころでしょう)

 

もっとも、安価ってだけでは売り切れ続出ってことはなく、やっぱりファンが沢山いて大変多くの人に支持され、”ヴァンパイア”が愛されているってことでしょう!

 

  

でもこれを機会に、当時ゲームセンターで遊んでなかった新規ユーザーも入ってくれるとうれしいなあ。
格ゲーの中でも、珠玉なシステムで、今までの格ゲーの中で最も完成されたものの一つと言っても良いと思います。

しかも結構とっつきやすいし、練習モードもエライ充実ぶりなので、今からでも大丈夫!

なぜかこのブログにたどり着いちゃった人は、騙されたと思ってジョイスティックと一緒にぜひ買いましょう! 

 

           

 

さて本作「ヴァンパイア リザレクション」 ですが、

・1995年3月発売アーケード「ヴァンパイア ハンター」
・1997年5月発売アーケード「ヴァンパイア セイバー」

”HD化移植作品”です。

もっとも、今まで数多くのコンシューマでそれぞれの移植作品
や ”ヴァンパイア クロニクル”として発売されていましたが、このたびはPS3にて満を持して発売です。

  

ちなみに、「ハンター」と「セイバー」は、ゲームモード選択画面でSELECTボタンを押すことで切り替えができます。

 

_v12
      つまり、ハンターとセイバーは対戦が”混在できない”、ってことで
             2つのゲームモードを切り替えて遊べます

 

 

そして何より、HD化は思っていたより大変素晴らしいです。キャラ選択小窓のキャラも書き換わってるんですね。

_v13  
               HD化されたハンターのキャラ選択画面

 

_v14
               HD化されたセイバーのキャラ選択画面

 

_v15
    参考までに、オリジナル基板ヴァンパイアハンターのキャラ選択画面

 

_v17
                  モリガンさま比較画面w
     左側:リザレクション /  右側:オリジナル基板ヴァンパイアハンター

 

 

いやぁ綺麗になりました。
モリガンさまが、さらに艶めかしく艶やかでさらにお美しくなりましたw

 

とはいえ、古参(おっさん)ゲーマーには、この質感はどうも、、、って人もいるかもしれませんが、ちゃんと設定画面で”アーケード基板”準拠のグラフィックに変更することもできます

 

そして何より、というか昨今では当たり前なのですが、なんといってもネット対戦がタダでできるってのが素晴らしいです!

 

 

実はオイラは恥ずかしながら、格ゲーでネット対戦、って初めてなんですwwwww

 _v18                                  というわけで早速、ネット対戦です!
                  あ。オイラはモリガン使いです
             
    あとオイラ基本”ハンター”です

 

_v21                          ギャー

 

_v22                        ギャギャー

 

  

・・・いやぁ早速、連続で負けまくりですwww

というか、みなさんエライ強いんですが。。。

さすがに、アーケードが出てから約20年近くになるのに遊んでるって人たちなので、レベルも高いわけで、その実力差ってのが敗因の大きな理由ですが、それとは別に「ああ。そういうことか。。。」と体で分かったことがありました。
 

今となっては、高速インターネット環境も普及し、液晶の反応速度もかなり速くなったので、”フレーム落ち”や”入力反応遅延”、そして液晶応答速度による表示遅延、などは相当改善している!と思うんですが、やっぱり”ラグ”でやられるというのを実感しました。。。

 

  

ラグ恐るべし!
(ネット対戦が出てからかなり経過しているのに今更この感想かw)

 

 

 

そこでふとマニュアルとカプコンのサイト(http://www.capcom.co.jp/VR/system.html)を見てを見ると、どうやら”GGPO”とやらで入力ラグを幾分解消できる設定があるようで。

_v25

 

あと、対戦相手のマッチングをする際に、相手のPINGの閾値も設定して選べる、と。

_v26

 


当たり前なんでしょうけど、最近はこんな技術まで発達してるんですねえ。
古参(おっさん)ゲーマーは最新技術に追いついていけてませんwww

なので早速、設定を変更。

_v29

 
 

 

おお。なんかさっきよりしっくりくるぞ。だんだん勝てるようになりました!! 

_v28


 

しかし、やっぱり操作に、”つっかかる”ような若干の違和感が残ってます。。。

オイラのモリガンのプレイスタイルは”飛び回る”んですが(いわゆる勝てないタイプw)、どうにもダッシュとダークネスイリュージョンが出しづらい。。。

  

「年齢のせいで入力が遅れたのかっ?くわっ!」っと思わず、アーケード基板のヴァンパイアハンターでレバー練習をしちゃったくらいですが、基板だとやっぱり思い通り動いてくれましたwww

うーんやっぱり、多少の”入力遅延”のラグが肌感覚としてありますね。

 

…で。またまたマニュアル と サイトを見てみたら、どうやら最大2フレームは落ちる可能性があるみたいです。

_v23

 

 

 

”1フレームの世界”のレンテンシ(遅延)ギャップなんて頂点の人間しか感じることがないものと思ってましたので、ネット対戦を通して、頂点の人と似たような苦しみを自分が感じるとは思いませんでしたw

結局、このディレイは仕様のようなので、これ用に戦略やスタイルを見直さないといけないですな。でも、それはそれで新鮮で、ネット対戦用戦略を考えるってのも面白いです。

 

しかし、、、対戦をすると、当時のことが思いっきりフラッシュバックしますねぇ。

 

  ”開幕の相手の選択肢これだから、こう”
  ”相手がこう動くはずなので、選択肢はこう”
  ”その次は、こう か こう か こう、くる”

 

完全にオイラの中のスイッチが入れ替わって、数フレームの世界の中でパラパラパラーっと頭の中でフローが組みあがって、相手の動きで一瞬で切り替わるんですねwww
(まあさすがに、当時ほど頭が回り切らないので結果は良くないですが)

 


自分でもビックリしましたよ。ほんと当時ゲーセンにいた時の感覚で、レバーも汗でびっしょりです。そして、負けた時のくやしさ!www

年甲斐もなく興奮しましたw

 

熱い対戦だった時は、終わったら思わず対戦相手に話しかけに行こうかと思ったくらいですwww (ゲーセンみたいに、実際に人がいないとちょっと寂しいですね)

 

 

 

そして何より、ゲーセンに行かんでも四六時中 対戦相手に困らないってのは相当デカイですね。仕事で帰宅が深夜になってのちょいプレイも大丈夫w

しかも間髪入れずに次の対戦に行くのでエライ楽しいです。が、もう年齢も年齢なので、ラッシュは集中力が持ちませんがw
もっと前からネット対戦やっておけばよかったです。。。

 

ちなみに自分のランキングは、”ランキングポイント”によって管理されます。

_v33

 

強い人(スコアの高い人)に勝つと大きなポイント増。

逆に、スコアの低い人に負けると、大きなポイント減となっており、勝敗数ではないってのも良いですね。

_v31

  

しかし、「自分は初めてで、うまくないし、、、」「結構ゲームはやってたけど、格ゲーだけはやってなかったんだよなぁ」という人も設定で同じ実力相手との対戦も可能ですので安心です。

(オイラは早速、心が折れそうで「同レベル」で指定しようとか思ってますw)

 

_v27

 
 

はじめは連敗でしょうけど、なんせタダです。

失うものは(2,990円+ジョイスティック代以外)ありませんw 遠慮なく連戦して身体で覚えましょう。継続すれば絶対にうまくなれます。

 

 

とまあ昨今、HD化によるリメイク作品は多いですが、いやぁ本作「リザレクション」はかなり満足しています!

 

やっぱりグラフィックだけでなく、改めてヴァンパイアの対戦って面白いなあ!!と実感。

 

対戦相手、お待ちしております!w

_v32

  

 

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■#2-オリジナル「ヴァンパイア ハンター」の時代

いやぁ、やっぱり面白いです。ヴァンパイアハンター(とセイバー)。

冒頭でも言いました通り、やっぱり「ヴァンパイア」自体のデキが秀逸なんです。

 

さて、今までの本ブログっぽく、レトロゲーとしての「ヴァンパイアハンター」の紹介を当時現役で遊んでなかった人向けにご案内したいと思いますw

 

 _v5

 
 

1991年3月「ストリートファイターⅡ」から始まった”対戦格闘ゲーム”ですが、「ヴァンパイアハンター」 が発売されたのは1995年3月です。
95年当時すでに”対戦格闘ゲーム”は百花繚乱の全盛期、真っただ中でした。

”百花繚乱”というのは決して大げさではなく、「ハンター」までには
本当に数多くのメーカーから数多の”格ゲー”が咲き乱れていました

 

 

■「スト2」から「ハンター」までの格ゲー リスト

発売年 タイトル メーカー
1991/03 ストリートファイターⅡ カプコン
1991/11 餓狼伝説 SNK
1992/04 ストリートファイターⅡダッシュ カプコン
1992/05 キング オブ モンスターズ2 SNK
1992/07 ワールドヒーローズ アルファ電子
1992/09 富士山バスター カネコ
1992/09 龍虎の拳 SNK
1992/10 ブランディア アリュメ
1992/11 ダイノレックス タイトー
1992/12 ストリートファイターⅡダッシュターボ カプコン
1992/12 モータルコンバット タイトー/Midway
1992/12 餓狼伝説2 SNK
1992/12 チャタンヤラクーシャンク ミッチェル
1993/03 ダークエッジ セガ
1993/03 ファイターズヒストリー データイースト
1993/04 ワールドヒーローズ2 アルファ電子
1993/04 タオ体道 ビデオシステム
1993/06 マーシャルチャンピオン コナミ
1993/06 サムライスピリッツ SNK
1993/07 機動戦士ガンダム バンプレスト
1993/07 シュマイザーロボ ホットビィ
1993/08 バイオレントストーム コナミ
1993/08 バーニングライバル セガ
1993/08 ナックルヘッズ ナムコ
1993/09 餓狼伝説スペシャル SNK
1993/10 スーパーストリートファイターⅡ カプコン
1993/11 豪血寺一族 アトラス
1993/12 バーチャファイター セガ
1993/12 パーフェクトソルジャーズ アイレム
1994/01 バトルクロード 彩京
1994/02 龍虎の拳2 SNK
1994/03 スーパーストリートファイターⅡX カプコン
1994/03 ファイターズヒストリー ダイナマイト データイースト
1994/04 ワールドヒーローズ2 JET アルファ電子
1994/06 ファイトフィーバー ビスコ
1994/07 ヴァンパイア カプコン
1994/07 痛快ガンガン行進曲 アルファ電子
1994/07 大江戸ファイト カネコ
1994/08 カイザーナックル タイトー
1994/08 ザ・キングオブファイターズ 94 SNK
1994/08 機動戦士ガンダムEXレビュー バンプレスト
1994/09 豪血寺一族2 アトラス
1994/10 真サムライスピリッツ SNK
1994/11 バーチャファイター2 セガ
1994/12 エックスメン カプコン
1994/12 モータルコンバットⅡ タイトー/Midway
1994/12 鉄拳 ナムコ
1995/02 ギャラクシーファイト サン電子
1995/02 ゴールデンアックス・ザ・デュエル セガ
1995/02 ダブルドラゴン (NEOGEO) テクノスジャパン
1995/03 ヴァンパイアハンター カプコン
1995/03 水滸演武 データイースト
1995/03 餓狼伝説3 SNK

       

 

91年3月~95年3月の4年間の時点で63タイトル、1ヶ月に1タイトルは何かしらの格ゲーが出ていた時代です。コンシューマ用ゲームも入れたらそれこそありえないタイトル数です
今でも名をはせるメジャータイトルは一通り出そろっていました。

 

格ゲーなんて、ちょっとやって極まってしまうものではないので、基本3か月くらいは集中的に遊ぶものですが、まあゲーセン行けば毎月なんか出てましたからね。

 

しかしまあこうして改めて販売一覧を見ると”格ゲー バブル”だったなと思いますが、ブーム前のゲームが稼ぐ1か月分のインカムを、数日で達成していた時代ですからね。無理もありません。

(中には単純に、ブームのおこぼれをいただくためとしか解釈できない、、、ローンチタイトルもありました。が、それもそれで愛すべき面白いポイントってのがあるんですけどね。)

  

 

 

本当に目まぐるしいものでしたが、実際のユーザーは、

 ・「自分が遊びやすい」
 ・「自分が勝てるもの」
 ・「ある格ゲーについていけずドロップアウトして、他の格ゲーに移る」
 ・「このキャラが好きだから」
 ・「誰もやってないイロモノ系をやるw」

 

という感じで、地方によっては多少なりとも変わるとは思いますが、だんだんと大まかな人気タイトルが決まっていき、格ゲー淘汰が始まっていた時代でもあります。

 

結果、当時のメインストリームとして「スト2系」「餓狼系」が圧倒的シェア と 地位を築き上げていました。

そして、なんとかそれを切り崩すべく各社いろいろな工夫で独自タイトルをローンチし、サブストリームとして、「サムスピ」「バーチャ」「鉄拳」が手堅い支持を得始めていました。
 

           

 

       

 

しかし、ほとんどのタイトルは結局、”格闘技”がベースであり、システムとしてもそのスタイルに依存せざるを得ないので、多少なりとも大体同じ”遊び方”になっていきました。 (格闘技なのに、飛び道具がほとんどデフォルト搭載ですがw)

 

これは致し方ないことだったと思います。
圧倒的シェアの「スト2系」「餓狼系」のベースから外れることは営業的にも不安がありますし、プレイヤーとしても”互換性”があるおかげで取っつきやすく、それを望んでいたというのも事実で、ゲームメーカーはそれに応えるべく販売していた状態です。

 

でもその中でも、「バーチャ」は”リアル志向”で、スト2路線から離れたシステム、違うユーザー層を獲得して、かなり頑張ってましたねえ。

   

 

 

「ダークエッジ」や「チャタンヤラクーシャンク」は尖がり過ぎでしたw
「ダークエッジ」3D格闘の先駆けでしたが大味過ぎでw、
「チャタンヤラクーシャンク」は攻撃とガードが、上段・中段・下段とあり大変ストイックなゲームでした。

 

>>「ダークエッジ」

   

 

>>「チャタンヤラクーシャンク」

    

 

あとこの時代の中で特に、「サムスピ」はこの時代の中でも本当に素晴らしい題材とシステムでした。SNKの格ゲーで、オイラが最も遊んだゲームです。

    

 

 


メインストリームは結局、”同じ感じの格ゲー”を保ちつつ、

・93年9月「餓狼伝説スペシャル」
・93年10月「スーパーストリートファイターⅡX」

で、格ゲーブーム頂点期に入ります

 

また特に、この頃には
”コンボ”はヘビーゲーマー向けにインフレ、必殺技コマンドも複雑化が進むばかりでした。
(これが格ゲー ゲーマーとしての”ステータス”でしたしね。。。)

 

        

 

        

 

ブーム頂点を迎えつつも、コンボのインフレ と コマンド複雑化 で、プレイヤー自体の淘汰も始まり、、、中級者層を中心にドロップアウトするユーザーも出始めました。

またこれは、新規ユーザーも入り込む余地なくなりつつある発端でもありました。
そして
”格闘技ベース”の目新しさもさすがに薄れ始めブームが落ち着いてきて成熟期に入ろうかというときに出てきたのが、、、

 

1994年7月カプコン「ヴァンパイア」でした。
(大半の方はご存じのとおり、スト2、餓狼、は数年間熱烈に支持され続けますが)

 

    

 

(初代)「ヴァンパイア」は、スト2路線を踏襲しつつ、

 ・”モンスター”という新しい題材で、”格闘技スタイル”からの脱却
 ・圧倒的なアニメ調グラフィッククオリティ と パターンによる表現力
 ・すべてのキャラが個性的かつ「使いたい」と思う魅力

を兼ねそろえたもので、商業的にスト2ベースを踏まえつつ、まったく新しいものになりました

 

まずキャラクターをパッと見てやってみたい、という気になるものでしたし、キャラを使用することにバリューを感じれるアニメパターン表現力、そして既存のスト2とは違う戦略が要求される、そういう点でマニアは飛びつきましたし、新規ユーザー は希望を持ちましたw

 

 

しかし、、、大ヒットにはならず、対戦も盛んにもなりませんでした。
コマンドも当時の時流にのって結構難しいものでもありました。コンボも当時のインフレの流れで出すのが難しいものでした。

そしてなにより、CPU戦が強すぎました、、、これらを練習しようにもCPUに負けますから、そりゃモチベーションも下がるってもんです。

新機軸で圧倒的なインパクトを持ってリリースされた「ヴァンパイア」ですが、さほど支持されないまま消えていくところでした。。

    

オイラは当時コツコツやってましたが、実際問題、対戦は相手をしてくれる人がほとんどおらず、、、結局「スパ2X」「餓狼スぺ」「真サム」「バーチャ2」「大江戸ファイト」w、で対戦してました。

KOFは馴染まず仕舞いでした。。。 というか大江戸ファイトがなぜかプチ盛り上がりを!www
地域によって多少の差はあるでしょうけど、少なくとも横浜駅周辺ゲーセンでは本当にさっぱりでした。

 

 

このまま「ヴァンパイア」は消えていくのかな、、、と思っていた矢先の
95年3月に「ヴァンパイア ハンター」

として、数多くのチューニングが施され販売されます。

      

 

前回の反省を踏まえ、多くの点が改良されました。

 

初心者向け:
 ・CPU戦の難易度低下
 ・コマンドの(なるべく)簡易化 と 統一化
 ・連続技チェーンコンボの簡易化
 ・ガードキャンセル と オートガード搭載
(ガードキャンセルは前作もありましたが)

 ・空中ガード
(前作もありましたが) と ”ジャンプしても”積まない対戦システム
 ・絶妙な対戦バランス調整
 (ビクトル以外w)
 ・ダウンからの起き上がり移動

マニア向け:
 ・超必殺技(EX)の使用回数のストック
 ・”追い打ち”全キャラ搭載
 ・EX必殺技(超必殺技)の増加
 ・モーションごとの細かい当たり判定設定

 

_v35

 

等々、山ほどの改良点があるのですが、、、

結果、初心者や新規ユーザーを取り込みつつ、マニアにも納得のフィーチャーで、新しい”メインストリーム”として格ゲーブームの頂点の地位を確立し、
今でも最高のデキの一つと呼ばれるまでになっています

 

 

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■#3-なんで「ヴァンパイア ハンター」は売れたの?

その当時、数多出ていた”格闘技”の対戦格闘ゲームに、モチーフ的に魅力があり、それを支える突出した2Dグラフィック、そしてシステム面でも新規性がありました。

チューニングによって、ドロップアウトし始めていた中級者 や 新規ユーザーも取り込みながらも、マニアすらも取り込んだという、新規性と間口の広さが「ヴァンパイア ハンター」を成功に導いた要因であったと思います。

 

 

ですがまあ、それだけでなくここまで”ヴァンパイアハンター”が売れた理由、、、

というか、売れる”対戦格闘ゲーム”ということの本質は、ぶっちゃけ、

「”自分は対戦で勝てると思える”から」だと思ってます。

 

格ゲーは相手に勝つのが目的なので、対戦で勝てれば面白いわけで、勝てる見込みがあれば、、、”こうしておけばよかった”、、、があれば良いんですよね。

逆に”何をやってもダメだ”と思ってしまう(”こうしておけばよかった”すら無い)ようなら、そりゃ面白くないからやめるってもんです。

 

シンプルにこの点がもっとも大きい要因だと思います。

つまり「ヴァンパイア ハンター」は、
「”自分は対戦で勝てる”と思わせるゲームバランス」でした。

ビクトル以外

 

そんな「”勝てる”と思わせるゲームバランスは、大まかに4つです。

 

#1- 初心者でも出せるコンボ

ヴァンパイア ハンターの今後、「チェーンコンボ」は、ざっくりいえば、弱→中→強攻撃ボタンの順番に押せば(さらに同じ強さでもパンチ→キックで出せる)、連続技が出るというものですが、初心者でもちょっと練習すれば簡単に出せます。そしてそれなりにちゃんと攻撃力もあります。

これは非常に大きいです。
初心者でもそれなりの攻撃手段を身に着けることができたからです。

上級者の華麗なるコンボを見せつけられて、「自分には無理」と完全にあきらめることがありません。そこまでいかなくても、自分はここまでできる、という点で卑屈になる必要はありませんw
(まあハンターにだって、「あ。自分には無理。」ってコンボありますが)
 

 

#2- ”ジャンプしても”積まない対戦システム

それまでの格ゲーの定番である、「飛び道具で飛ばして昇龍拳」的な安直なハマり、がありません

スト2とかよりも、飛び道具のモーションがデカイので見てからでも見切れることが多いです。

また、空中ガードという手段もありますし、そして”100%無敵対空技”というのが少ないというのもあります。

無論、安易に飛び込むと対空でやられますが、ちょっと工夫すれば相手のフトコロに飛び込めます。

飛び込み → チェーンコンボ最後にダウンあっという間に形勢逆転、、、というのもままあります。  

   

#3- ”ハメ投げ”がほぼ無い

これもそれまでの格ゲーの定番の、「ジャンプ攻撃後 や 起き上がり時に、弱攻撃を当て、相手が硬直中に投げる」がほぼありません。

ジャンプ攻撃ガード時には、ガードキャンセルで返す。
ダウン後には、”起き上がり移動”で左右どちらかにも転がれるので、完全イーブンとまではいきませんが、ある程度の仕切り直しができます。
(上級者同士だと、それも見越して立ち位置決めますが)

 

#4- 圧倒的なラッシュもガードキャンセルでカウンター

若干の練習は必要ですが、初心者でもレバガチャで出せたりもします。

あとは、ガードキャンセルの使いどころ と 正確性を誤らなければ、カウンターを確実に取りダウンさせ、そこから逆転することもできます。

攻めるほうも、ガードキャンセルありきで攻撃方法やコンボを組んできますが、ここで読みあいができれば上級者です。

今までの格ゲーでは、押されると押し返すのが相当難しかったですが、ガードキャンセルで返せば、(キャラによっては)若干イーブンよりまで戻せます。

 

 

ほかにも細かいところはあるのですが、

とにかく絶望的な”積み”になることはあんまりなく、非常にバランスの良いゲームです。

なので、最後に改めて。

 

格ゲーの中でも、本当に良いデキなので新規ユーザーでも入り込める余地があるゲームだと思います!w


つまり、新規ユーザーさんも今から対戦しよう!!

ビクトル以外で!

 

           

  
 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 実は、「ヴァンパイア ハンター」は、オイラが一番初めに買った基板ですw

_v6_2
 
 
基板をやる人には常識ですが、ヴァンパイアハンターは”CP2基板”で、いわゆる”電池基板”です。

 
_v40_2                 電池ソケット化 改造済み

 

本来は、マザーボードに直接”電池がハンダ付け”されており、この電池が切れると(基板上の暗号解読キーが消え)ゲームが起動しなくなります

コピー対策でそうなってます。
で。電池が切れたらカプコンに修理に出すことになるのですが、3万前後かかるようです。
(今も修理って受け付けているんですかね?)

 
なので、電池が切れないように、ソケット化して付け替えできるように改造してあります。電池1つで数年
間は持つんですが、もう何回入れ替え続けてます。
 

”リザレクション”のデキは相当良いのですが、やっぱりオリジナルのハンターはずーっと持って置きたい
と思うほど思い入れがあります。

  
 

そんなヴァンパイアハンターですが
、オイラの学生時代の多くをどれだけモリガンさまに貢いだかわからないくらいですw

そして何より当時、町田の駅前ゲーセンでこのゲームを通じ出会ったライバル達のことも強く印象に残ってます。 
スト2時代からの付き合いのM氏 や ”モリガンくん”、”オルバスくん”、”デミトリくん”、、、等々、と安直なあだ名で呼んでましたがw、彼らの戦略スタイルは実に素晴らしく、戦い方や考え方を一つ一つ分析したものです。。。
 
 
 
おかげで、
”思考ロジック””(攻略資料に基づく戦略根拠”しつこく食い下がって、もぎ取る勝利””諦める重要さと、気持ちの切り替え”、これらが身についたもんですw

これらは、当時これか社会人になっていく自分には大変役に立ちましたw。
今思えば、ゲームから仕事のやり方を学ぶことになるとは想像もしませんでしたがw
ww

 

オイラ自身の人生にも影響を強く残しているゲームでもあります。 
 
そんな「ヴァンパイア ハンター」 と ライバル達に改めて敬意をはらうとともに、オイラはずーっとCP2の電池を交換し続けるでしょうw


 
 

« 任天堂「ポパイ」 ~”マリオ”を作ったもう一人の男? | トップページ | データイースト「空手道」 ~ レトロゲームバカ一代 »

アーケード」カテゴリの記事

コメント

■#1
え!?
新作なの…!?
安いんで、買おうかどうか凄く迷ってるんですよね。
あ、私はX-BOX360ユーザです。

>対戦をすると、当時のことが思いっきりフラッシュバック
やはり、やりこんでいるゲームだと、それがあるんでしょうねえ。
残念ながら、私は初代ヴァンパイアしかしたことがなく
しかも、何かもっさりとした動きが何となくイヤで
殆どプレイしていませんでした...
(対戦をまともにしていたのは、ストIIと餓狼SPくらいでした)

>ランキングポイント
このシステムは良いですね。
今までのだと、負けの数が増えてきただけで
イヤになってヤメてしまうことが多々ありました(ヘタレ)。

■#2
どうしても「チャタンヤラクーシャンク」に目が行ってしまうのは仕方がないのですかねえ。
色物と言えば、ホームデータの「霊界道士」とか...

ハンターって、そんなに良いんですね。
やっぱり、安いし買っちゃおうかなー。

■#3
電池が切れるとダメって、知らない人が基板買ったら泣いちゃうんじゃないでしょうか?
(知らない人は買わないか…)
バブルシステムと言い、やはりエミュは必要げふんげふん!

>このゲームを通じ出会ったライバル達

アツイですねえ。
何か、こう目頭が熱くなってきますよ。
彼らは今頃何をしてるんでしょうね。
同じように思っているのやも知れません。

ってな訳で、おいらもAmazonで買うことにします!
とりあえず、ビクトルでプレイでしょうか?w

>>おひ☆ さん
コメントありがとうございまっす!
 
いやぁほら一応(リザレクションが)新作ですw
そういうえば、オイラもXBOX360持ってます、すっかりシューティング専用マシンの位置づけになってて存在を忘れてましたww
 
まぁオイラは、KOFはまったくなじまずだったんですけど、ハンターの対戦は面白いですよー。
最近、ちょっとリハビリというかだんだん思考がよみがえってきて、勝てるようになりました。
 
それに価格が安いってのもありますが、とりあえず完全に元は取りましたw
 
 
で。チャタンヤラクーシャンクは渋すぎてもうwww
スト2の待ち時間によくやってましたが、乱入されたことはほぼ皆無でしたw
そしてまさかの、88年の「霊界道士」を上げていただけるとはっ!オイラ持ってるんですよー。
今回は、スト2からハンターに絞ったのでリストに入れませんでしたが、確実に一般受けしない鬱々としたグラフィックがたまらんですwww
 
 
CP2の電池もそうなんですが、その他結構電池基板ってあるんですよ。セガ基板とかでも多くてですね。。。電池切れで終了です。。。
そしておっしゃる通り、壊れやすいバブルシステムなんて目も当てられません。。。そういった意味では、エミュは文化的に保管できる重要なツール、ですねえ。
(でも、ハンターの基板って未だに3000円で買えるんですけどねw 電池以外と長持ちww でも自分所有しているのは怖いのでちょいちょい交換してます) 
 
当時のプレイヤーの一部とは、いまだに交流があったりします。そこの伝手から、その他プレイヤーの現在を知ることもできたのですが、割と普通に働いてて、(オイラ自身も含めて)ちょっと不思議な感じでしたww失礼な話ですがw
 
  
ビクトルいきますかーw
ザンギエフくらいの圧迫感があればと思いますが、ハンターでもセイバーでも苦行過ぎてたまらんですよw
サスカッチなら、似た感じで位置的には中位ですし、パイロンと戦えそうな感じでもあり、セイバーならかなりいけます。
そして何より丸くて白いのでカワイイですwww
あとガロンやザベルも飛び回れて面白いですよー
 
 

>XBOX360
確かに、シューティング率が高いですね!
「怒首領蜂最大往生 (通常版) 」も予約しました。
「怒首領蜂最大往生 (超限定版)」を予約しておけば良かったと後悔。
そしたら、転ば…げふんげふん!

今、XBOX360でやってるゲームは「モンスターランドIV」です!
ペペログゥが可愛すぎです。

>KOF
94と95は結構やりこみました!
私めも勿論ネオジオユーザですので
友達の家で対戦しまくりでしたよ!

>霊界道士
基板持ってるんですか!?
凄い…
あれって一応ゲーセンに出回ったんですね。
実は、私がプレイしたのは、一度だけ大阪で開催された
AMショーでのプレイのみだったりします。
その時の記憶が、このゲームと同メーカの「課外授業」しかなく
それだけインパクトが強かったんだなーと思います。

>電池基板
交換せずに電池が切れたら、完全にオシャカなんでしょうか?
それとも、電池を入れ直したら大丈夫?
前者なら怖すぎなんですが…

>ビクトル
え?いや?その…
嘘です!すいません!
ちなみに、私もモリガン使ってましたヨ。
容姿もそうなんですが、基本の操作がリュウ・ケンでしたからねえ。
久しぶりすぎて初プレイも同然なので
Amazonから届いたら、色々とやってみますよー。

>>おひ☆ さん
コメントありがとうございますー。
 
XBOX、オイラも「怒首領蜂最大往生 限定版」を予約しましたですよ。超限定版は予約しのがしました・・・ほんとこっち予約したかったですよねw
で。モンスターランドⅣ、ペペログゥかわいいです。しかも便利ですしww
でも、アーシャがかわいいです!
 
 
KOF94で、怒のラルフとクラークを見たときはビビりましたねえ。まさかそう来るとは思いませんでしたw オイラはほんとKOFは下手でしたが、友達の家でやりまくりました。ネオジオCDだったのでものすごくロードが長かったですがw
 
 
霊界道士、ありますよー。結構出回り少なかったですね。見た目の(マイナス)インパクト抜群でばっちり注目度ありましたけど、まあそりゃあんなゲームですからねwww
たまたまめぐり合わせが良く、安価で手に入ったのは僥倖でした。
 
 
CP2電池基板は電池切れたら完全アウトです!
なので本当、寿命があるんですよ。ゲームにw
特にCP3シリーズなんてひどいもんですよ。こっちはゲームが「CDROMメディア」 + 「ROMカセット」なのですが、ROMカセット内の電池がすごい敏感で、半差しで通電してしまうと瞬間に飛びますw そしてカセットを、ぱたん、と倒してしまっても飛んだって報告もあるくらいでwww
さらに、基板への5V電圧も、許容範囲が±0.25くらいで、おさまらなくても完全終了です。
なので、CP3「ウォーザード」を遊ぶ時は、必ず先に電圧チェックしてから、しっかり差し込み確認の上でプレイですw
まあ早かれ遅かれ飛ぶので、、、全キャラ遊びつくしましたw
 

って、えー、ビクトルやりませんかwww
まあそりゃそうですよねぇw
オイラ、スト2の時はE本田だったんですが、リュウ・ケンの飛び道具→昇竜拳には痛い目にあったので、モリガンを選んだという経緯がありますw
いや、その決して、ほら、色っぽいとかなんとか、そういうのではわわわわ。
 


ヴァンパイア…というか、格闘ゲームは全くやらないので、
お題とは話しがズレてしまうのですが…

かなりコレクションの幅が広いお方とお見受けしました!
ちょこっと写った画像の一部にFC、SFC、N64、マークⅢ、スーパーカセットビジョン、
あと洋ゲーらしき箱も写ってますね。

なにげに「夕闇通り探検隊」を持っているのがポイント高し!(笑)

>>Hiro さん
毎度どうもですー。
 
お。そこ来ますねww
オイラ節操ないので、結構幅広く集めてます。(おかげでどれも中途半端感があるのですが)
基本的に、(レトロ)ビデオゲームなら何でも集めますw
世界初のゲーム機「Odyssey」 や ファミコン前の雄「ATARI 2600」、こっちはマイナーチェンジ版本体を全種類もってますw

一応目標はデカく、ゲーム機全制覇ですwww(マイナー所いれるとキリないですが)
まだ手に入ってないもので優先度が高く欲しいのは、「Fairchild Channel F」と任天堂の「コンピュータゲーム」です。(ダイレクトな名前ですが中身は”オセロ”ですw)


予算が許すなら、ビデオゲーム以外のボードゲームでも、おもちゃでもなんでも欲しいくらいなんですが。。。(おもちゃでは任天堂の「光線銃SP」とかも持ってます)
 
 
写真に写ってるソフト群は、倉庫に入りきらなかったのと、いつもソフトを買う際に「持ってたっけなぁ・・・」という確認をすぐにできるように手近においていますwww
(いつかリスト化しておきたいとは思ってるのですが)
 
「夕闇通り探検隊」は、当時普通に買ったのですが、最近は値段高騰してて焦りましたw
もちろん「トワイライトシンドローム」もあります。
はからずも、レア系ソフトの既所有者としては相場高いのはちょっとした優越感がありますが、それだけに多くの人に遊んでもらえる機会がないってのは悲しいものです。。。なのでPS3でダウンロード販売されるとうれしいなあ、と。
 
 

本気のコレクターですね~~
保管場所が倉庫というところにロマンを感じます!

「コンピュータゲーム」、
ググったらゲームとしての評価はボロクソですけど、希少価値の高さにビックリ!
しかも海外のコレクターからも目をつけられているという(笑)

夕闇は再販やダウンロード販売は難しいみたいなことを2ちゃんかどこかで読んだ気がします。
ネット上の情報だったのでアテにはできないですけど(笑)

>>Hiro さん
いつもありがとうございますー。
 
なんというか、”物を捨てれない”感じなのでw、その上、買い続けていて気が付いたらそれなりの量になってましたw
倉庫と言っても、6畳しかない部屋なんですけどね。なので天井まで隙間なく積み重なってますw
(会社の同僚からは6畳がゲームでいっぱいって相当、”ありえない”と言われたものですが、まあ世間の風は冷たいものですw)
 
「コンピュータゲーム」、すごいですよ。アレ。別の意味でwww
でも任天堂初の家庭用ゲームですからねえ。希少価値高いです。
数年前に一度、ヤフオクで出品されたのにたまたま遭遇したのですが、その時は150k突っ込んでも競り負けましたwww 今でも後悔してます。。。
(高価っちゃー高価なんですが、グラディウスのEPROM版基板と比べたらまだ安いもので、、、こっちだと200k~400kという。。。)
 

あーやっぱり、夕闇って再販難しいんですね。あれだけの名作なので惜しいです。。
 
 

ところで、お住まいの地域に「万代(まんだい)」、「万代書店」、「マンガ倉庫」、
「開放倉庫」、「お宝中古市場」、このような名前のリサイクルショップは無いですか?

さすがに「Fairchild Channel F」とか「コンピュータゲーム」のような
TVゲーム黎明期の本体&ソフトは難しいですが、
価値のわかっていないスタッフが値付けすると捨て値になったりするので、
レアなアイテムが格安で手に入ったりしますよ。

グラディウスのROM版はモーニングのカウントダウンが早すぎるのが最大の難点ですねww

当時店舗スタッフとして働いていたとき、グラディウスとRF-2が置いてあった時期があり、
モーニングミュージックを聞きながら開店準備をするのが日課でした。

>>Hiro さん
いつもどうもです~。
 
えーっとですねえ、「マンガ倉庫」と「エーツー(駿河屋)」がありますです。
エーツーのほうは、値段コントロールがしっかりしてて、まあ良くも悪くもなんですが、確かに「マンガ倉庫」はなんかこう、アレ?って価格は多いですwww
スーパーレア レベルは確かに無いんですが、”アンコモン” レベルのちょいレア系は、面白値段付きますねえ。
たまーに、ふらーっと行きますです。
 
 
ですです。ROM版はモーニングミュージックが速いというwww
オイラは、開店直後のゲーセンにダッシュしてバブル版グラディウスのモーニングミュージックを聞きにいったものです。
一度、営業時間ど真ん中で電源切って、エライ怒られました。。。(今考えるとひどいことしたもんだと反省してますが)

いやー、RF-2はいいですねえ。
モーニングミュージックもいいですが、スタートファンファーレ と ランキングミュージックが、非常に心地よくてですねえー。
オイラも、店舗で働いてみたかったッス。。。
 
 

 

こんばんは。
マークIII信者です(爆)。
セガハードは、SG-1000からドリキャスまで
全部持ってましたよー。
3000とかは持ってなかったですが…

「RF-2」は、ちらしとかでは「RedFighter2」ってなってるんですよね。
そもそも、「RedFighter1」があったんか?って話が…
ーで、「Road Fighter2」じゃないの?って冗談で言われたりします。
でも、実は本当に「Road Fighter2」の略のことだったんですよ!
これは、このネーミングを決めた方に直接教えてもらいました(は○しさんと言う女性の方)。

あの頃は、たまにメーカーに遊びに行く機会があったんですよ。
今にして、実に貴重な体験をしていたと思います。
あ、私の力じゃなくて、私の友人の力でですが(^^;)。

>>おひ☆ さん
おおお。同志ですなw セガ信者はやはりいるものですなあw
 
実は、オイラも根っからのセガフリークですw(ファミコンより先にセガ買っててある意味不遇な幼少時代を過ごしましたw)
無論SG-1000からドリキャスまでもってますが、一番遊んだのはフリッキーとピットフォールⅡです。それ以外もかなり遊びましたよー。
始めSG-1000Ⅱ用のキーボードSK-1000とベーシックROMでゲーム作ってましたが、SC-3000もその後買いました(というか子供なので親にですが。。。今思えば、よくこんなの買ってくれたもんだと。。。)
 
 
ってうお?RF-2、マジすか!?”Road Fighter”のことだったんですねぇぇぇ。
むかーしから確定情報が無くて噂も噂で悶々としていて何十年。。。w
まさかの名づけ親ソースw
そしてこんなところで判明することになるとわわわ。いやぁ3D視点なんですが、こう雰囲気がどうもRoad Fighterなんですよね。
悶々としたつっかえがとれましたですよー。ありがとうございます!
 
メーカー訪問いいですねぇ。。オイラも行ってみたかったですよ。。。ゲームライターとかになって取材訪問しようかと思ったこともありましたw(エライ前ですがw)
そういったお話を拝聴できるのは本当に貴重な体験ですよねえ。ポワワワ
 
 

マンガ倉庫とエーツーですか!
これにハードオフがあるとお宝探しが楽しいですね~。

エーツーは去年長距離ドライブしたときに、北陸の店舗(場所失念)を偶然見つけて
初めて入店しましたが、高いものと安いものの差が極端ですよね。
「レアゲー発見!」と思って値札を見ると全て高いという(笑)

RF-2は地味すぎて一般のお客さんには全然人気無かったんですけど、
私はレースゲーが好きだったのでかなり遊びましたよ。
そのRF-2もサンダーセプターの入荷であっという間に消えちゃいましたが…。

しかしサンダーセプターも惨敗して結局ポールポジションⅡに戻す店舗も出てくる始末。
このゲームもクリアするまで遊びましたが、常連の評価はイマイチでしたね。
中潟サウンドが最高に渋くてカッコイイのに、全然評価されてなくて悲しいのなんの…
特にランク落ちの曲は個人的に「中潟サウンドのトップ3」のひとつに入れたい神曲!

>>Hiro さん
コメントありがとうございますー。
 
ですです。エーツーは、相場がなんというか”相場通り”ですw
 
実は、ハードオフも近所にありますですw
さらに実は今日、(休日出勤)会社帰りにフラっとよったら、「ファミコンボックス」(旅館にある100円いれて動くファミコン)が、”ジャンク(画面に激しいノイズ)+カセット10本+キー無し+コインボックス”が、42,800円で売ってまして。。。一瞬、ぐらつきましたw
実は、すでに1台持ってるんですが、バックアップおよび保守パーツ用にと思ったんですが、、、諦めましたw。
 
 
で。
RF-2、思いっきり地味でしたよねえw オイラはBGM目当てでしたが。
んで。サンダーセプター!こっちもBGMサイコーです。スタートファンファーレ と メインテーマのサビがですねぇぇぇw ネームレジストも素敵で言うことなしです。
オイラは、ゲームとしてもかなり好きでしたが、確かにそんなに評判は良くなく。。。今iTunesでサンダーセプター再生中で書いてますw
そういえば、”太鼓の達人”にサンダーセプターのアレンジがあった時はちょっとビビりましたw (太鼓の達人オリジナルサウンドトラック「サントラ2008」に収録されてます)

ちなみに、サンダーセプターⅡは、マックジャパンさんで在庫があるようで。。。
ディップで3D切れるし、聞きかじった話ですとファミコンの3Dグラスが使えるとかなんとか。

http://www.mak-jp.com/kiban.html

でも、98,000円ですw
そしてジョイスティックどうする?というハードルがあり、、、アナログスティック単品でも結構するんですよねえ。。。あーうー。
 

はじめまして。たまたま通りすがりで読ませて頂いたのでコメントです。
PS3の2F遅延はスパ4や最新の格ゲーでもありますね。
箱(XBOX)の方は遅延は体感的にほとんどないらしいです。ガチ勢はほぼ箱に居るでしょう。
こちらの文面通りハンターの出来は秀逸でかなり面白いものになっていますね。
私はオルバス・サスカッチ(特に半魚)が大好きで当時からよく使っていました。
オルバスの技がコマンドから溜めになったのはショックでしたが。
少し欲しくなったので購入を検討してみようかと思いました。
機会があれば対戦挑ませて頂きたいと思います。
それでは失礼します。

>> ぽぽ さん
コメントありがとうございます!

!!箱のほうは遅延ほぼないんですかっ!
いっつもPS3のTorneでテレビ録画していてベースがPS3なので、その流れでPS3版買ったのですが。。
そうだったのかあ。。。ちょっと箱のリザレクションも買ってみまするー。

今やってもハンターは熱く遊べるので素敵です!
機会があれば対戦よろしくです!!(最近サボり気味ですが…)
 
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573233/56978113

この記事へのトラックバック一覧です: カプコン「ヴァンパイア ハンター」 ~”リザレクション”買いました!:

« 任天堂「ポパイ」 ~”マリオ”を作ったもう一人の男? | トップページ | データイースト「空手道」 ~ レトロゲームバカ一代 »

フォト
無料ブログはココログ