« データイースト「空手道」 ~ レトロゲームバカ一代 | トップページ | ジャレコ「ノーティボーイ」 ~ 後世に伝えたい名もなき少年の攻防戦 »

2013年5月 3日 (金)

ウッドプレイス「アルファックスZ」 ~ (」・ω・)」チュー!(/・ω・)/ニャー! → SPECIAL!

1986年5月ウッドプレイス「アルファックスZ」(ALPHAX Z)発売

 

_a03

 

いやぁかねてより欲しかった
ディスクシステム版の「VSエキサイトバイク」が手に入りました! 

_a05

ほんと、こういうのってめぐり合わせというか、運命というか、本当に突然やってくるもんですね。  

 

でしかしですね、一つ困ったことに、、、

 

_a06          いわゆる新品未開封でした。。。
 

買っておいてなんですが、まあそれはそれで嬉しいんです。でも、オイラの性格的に、こういうのは絶対に開封できないので、結局このまま収まるだけですw

別に中古を探さなきゃ、、、うぐぅ

 

んで。特に、基板では市場的に欲しいと思ったときに買えるものではなく、”欲しいものがあった時が買い時”、というものなのですが、ふと見かけた際にですね、別にすごい欲しくはないんですがつい買ってしまうものがあるわけですw

 

 

それが安価で入手した「アルファックスZ」ですwwww 

_a01

 

別の意味で、面白いゲームなんでつい買ってしまいましたwww

_a11

 

古参(おっさん) ゲーマーの人なら、ゲーセンで横目でチラーっと見るだけだったりw、ちょこーっと遊んで投げ出したりしてwww

ゲーマーにとっては
いわゆる”がっかりゲー”にカテゴライズされているという意味でそこそこ知っている人と思いますw 。。。素直にクsg-と言え、というのは無しでw

そして一般認知度的にはマイナーなシューティングゲームです。

 

で。ぶっちゃけ、おもしろくありません!www

 

でも、レトロゲーマーを標榜する人には押さえてもらいたい逸品なのです。(それは犠牲者を増やすだけだという話も) 

 

そんな面白くないゲームでも、(オイラ的には)ちゃんと楽しむポイントってのがあるわけで、、、

 

というわけで、買ったからにはそんな「アルファックスZ」を(無理やり)10倍楽しむ方法を(冗長ですが)ご紹介です!!www 

  #01-”基板”から楽しむ!
 #02-読み取れない「100円で1000円分楽しむ法」
 #03-ネズミとネコのタイトル画面
 #04-真面目にアルファックスZの遊び方 と 楽しむポイント
 #05-ネタバレ注意!ステージの謎!!を楽しめ(無理だ!)
 #06-よくわからないボーナスフィーチャー と 激弱ボスの価値
 #07-熱いゼ!ボーナスステージ
 #08- (」・ω・)」チュー!(/・ω・)/ニャー!、楽しめ!100円で1000円分!
 #09-目指せ「Z」! 我慢我慢の攻略法
 #10-86年シューティングシーンと アルファックスZ

だいぶ無理な感じですが。。。「アルファックスZ」を見ていきましょうww

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■#1-”基板”から楽しむ!

実は、遊ぶ前からの”基板”そのもので楽しめますw
で。一見普通の基板です

 

_a01 

が。
アルファックスZのハーネスも、独自のものらしいので、今回もハーネス作成が必要です。

_a16

44Pinコネクタなのですが、普通はコネクタの文字面を表にして、左側が1番ピン~右側が22番ピンになります。あとは、ハーネス表と照らし合わせながら、1番、2番、と配線していきますが。。。

 

_a17

基板側の端子の端に、普通は1番を示すシルク印刷とかあるのですが、(上記写真をクリックするとわかりますが)A1と書いてあるところから反対側に向かって数えていくものですが、実際にコネクタを合わせてみると、”逆”なのですwww
 

つまりですね、
素直に番号通り接続すると動かない、というかあぼーん
ですwww

 

あぶないあぶない。
実は、こういう基板って結構あります。なので、ハーネス作成時には事前に必ず基板側のピン番号を確認するのが必須です。

ふぅ、やってくれるじゃねーかあああ。危ないところだったぜぃ。

 

次、さてディップスイッチの設定でもしようかな。。。ん?無い?無いぞ??

・ 

 

_a18

こんなところにいたんですね。。。一生懸命探しちゃいました。。。
まさか一番上の基板の”下”に隠れているとは。。

つまりですね。ディップスイッチを変更しようとすると、

_a19

基板自体を外さないと操作できないのですwwww

ぐは。これはめんどくさい!
ゲーセンとかなら、一回設置したらそう変えることはないと思いますが、それでもこのボード設計はなぁ。。。

 

で。今度はディップスイッチの設定なのですが、

_a20

「”TEST-MODE”と書かれているのは、実は”コンティニュー有無”だったんだよ!」

ΩΩΩ<ナ、ナンダッテーー!?

 

。。。ってなんだこのいい加減さw
(バージョン違いで本当に”テストモード”というのもあるかもですが)


_a22

コピー版だからいい加減なのか?とも思いましたが、うーん。一応、正規版っぽいですw  

もう通電する前の、基板自体から(オイラ的に)楽しむことができるのが「アルファックスZ」ですwww


 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■#02-読み取れない「100円で1000円分楽しむ法」

昔をしのんで遊ぶ前に、いきなり一波乱ですが、今度は落ち着いてインストでも見ましょうw

_a11_2

うん。まあきっとシューティングなゲームなんですよね、というのは把握できますw

 

で。 「100円で、1000円分楽しむ法」

_a12_2  

  

いきなり煽ってきますw

  ・8方向レバー、攻撃、ワープ
  ・10、30、50万点でエクステンド
  ・招き猫 「パワー 変身できるのでうたずに捕まえましょう」
  ・「ドラム缶はワープエネルギー」
  ・「ドクロは危険」
  ・ジャガイモぽいもの=?
  ・ネズミ「うてるもんなら撃ってみろーーだ」

ですが。でもこのインストをどう見ても、わかったような、わからないような、ざっくりな遊び方紹介で。。。1000円分楽しむどころか、楽しみ方自体がさっぱりわからないくらいです!

結局ですね、1000円分楽しむ情報は得られないという、このざっくり感を落ち着いて受け止めてあげる自分のやさしさを、楽しんでくださいw

 


     

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■#03-ネズミとネコのタイトル画面

_a08

              やっと通電してタイトル画面です。。。


 

_a10

             いやその「チュー」って。。

なんとなく、宇宙っぽくてシューティングじゃないのかってはわかりますが、なぜネズミが「チュー」と出現するのか、その理由はさっぱりですw

 

ここでやっと、インストに出てきた「うてるもんなら撃ってみろーーだ」は、ネズミ自体のことだったのか!?ってちょっと予想できますwww

 

                        で。

_a09

              今度はなぜか、招き猫!しかもカラフル!!
 

 

インストにあった、招き猫の「パワー 変身できるのでうたずに捕まえましょう」とは、コイツのことですw
(ちなみに、ゲーム中には招き猫は1色しか出てきませんwww)

 

ここまで来ると、ネズミとネコのモチーフを使ったシューティングって変わってるなあ、という点でインパクト抜群!なのですが、このモチーフは素敵なほど生かされません!!

 

 

そもそも何で「ネズミ」と「招き猫」を入れたのか、そして企画会議はどんな有様だったのかw、もう知る由もありませんが、、、きっとなんか異様な盛り上がりがあったに違いありませんwww

ココ、無理やり想像して楽しむところですw

 

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■#04-真面目にアルファックスZの遊び方 と 楽しむポイント

やっとスタートですw

スタート直後にデモ画面があり、”招き猫”を取ればパワーアップということを教えてくれます。(今までの中で一番わかりやすい説明w)

_a24_

 

ただ、
4段階目にパワーアップした自機が壊滅的にカッコワルイですwww

_a85_2

 

パワーアップすると自機が大きくなってしまいますが、意外?なことに見た目以上のパワーアップをしっかり発揮してくれます。また連射音も結構気持ちいいですw

 

このゲームでは、初期状態(一番左)が壊滅的に弱いので、とにかく2段階以上の状態を死守することが重要です。(つまりパワーアップしたら死ぬな、なんですけどねw)

 

 

  

なお、”ドラム缶”は、画面下部にある”エネルギー”が増えます。

_a87

これはワープ用のエネルギーですが、撃ってしまうとだんだんと縮んでいき、3回打つと消滅してしまいます。

_a27                       ワープ中
      ワープ中は画面下部のエネルギーが2マス~3マス減ります

 

”ワープ”は緊急回避として結構使い勝手が良いです。

なお、”ワープ”は、自機の”当たり判定”が無くなり、かつ急加速して画面上の敵を一気に追い抜いて”消し去る”ことができます。

これは、ボンバーと似てますが、敵は破壊しませんし(ショットも当たりませんし)、”当たり判定”がなくなるのでワープ中はアイテム回収ができません

 
 

さて、ゲームスタートし本番なのです。
ゲーム的には、8方向レバーとショットボタン、ワープボタン、のある一見普通のシューティングです。

 

_a24        滑走路に「A」と書かれているステージからスタートです


結局ゲーム内容は、
”スターフォースっぽい単純なシューティング”
です。

_a90                  飛来パターンの一例

 

殆どすべての敵が、「スターフォース」のような様々な飛来パターンで6機~10機の編隊で襲ってきます

 

なお、ギャラガやギャプラスのように、編隊が画面上部にとどまることなく、飛来した後に画面外に消えます

そして、画面上には
原則的に2編隊しか現れませんので、画面上の敵で”うわー”ってなることは殆どありません。

 

あと、(既存のシューティングと比べ)敵はあんまり弾を撃たないのですが、撃ってきたとしても敵の弾は破壊できます


このゲームにおいては、
特定の敵が出す黄色い弾以外はすべて相殺できます。しかもゲーム中で相殺ができない弾は、全体通して1割以下の出現率です。

  

つまり、ギャラガやギャプラスの”オープニング”だけのような、というかむしろ、「スターフォース」な感じのトリッキーな飛来パターンにどう対応するか、というものです。

そしてこれが、たいそうな盛り上がりもなくひたすら続き12編隊~15編隊ほどやり過ごすとステージボスが出てきます

 

で。なんやかんや、ステージボスまでたどり続くとボス手前でピクルスのような丸い敵が、今いるステージのアルファベットの形を(親切にも)表示してくれて襲ってきます

 

_a29                  ステージ「A」のボス前

 

_a30                 ステージボスですが・・・

 

・・・ボスは正面に立って連射するだけで、あっさり勝てます

自機が最弱の状態でも、正面連射でOKです。なんせ、ボスの弾は相殺できますからね!!

 

ちなみに、全編通してボスはこの攻略?だけで倒せます!

_a92               で。次はステージ「B」が始まります
 
 

_a95                    また編隊が飛来し
 

_a96                   ボス手前で今度は「B」

 _a97               ボスの形は違えど正面で連射w
 

(ボス戦すら単調な)これをひたすら「Z」まで続けます!www
ゲーム的には、非常に簡単そうなシューティングなのですが、実はちょっとクセがあります。

 

まず、レバーを上に入れると”背景スクロール”が加速します。レバーを下に入れると”背景スクロール”が減速します。

これは本当に”背景”だけが速く/遅く動くので、意味がありませんw
むしろ、見た目に騙される要素でややっこしいだけですので、気を付けましょうw

 

  

そして実は(当時やったことある人は痛いほどわかってますが)、、、このゲームにおける最大のポイントは、

 

_a91

 

とまあ、「エクセリオン」よろしく、宇宙空間での移動を忠実に再現したのかw(大気中でもそうだろ、ですが)、「慣性」がついちゃってます。
これは、上下左右すべての自機移動について回ります。

 

写真や文章だけではなんともわかりづらいのですが、
つまり一言でいうとですね、
猛烈にやりづらいwww

 

そしてこの”慣性”のせいで、想像以上にあっさり自機がやられます!避けたと思っても、敵や弾に自ら突っ込むような操作によくなります。このゲームの死因の実に90%を占めるといってもいいでしょうwww

 

・・・ほんとこのゲームは、この”慣性”のせいで思いっきりハードルが高く、多くのプレイヤーが投げだしましたwww 何回も言いますが、恐ろしいほど遊びづらいです。。。

 

 

全編通して、本当に単調なゲームなんですが、このやるせない自機移動の慣性が、このゲームを絶望的に盛り上げてくれます!!www
 

あえてこの”慣性”を楽しむのが「アルファックスZ」です!(苦しい)

 

 

  

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■#05-ネタバレ注意!ステージの謎!!を楽しめ(無理だ!)

さて、なんとも単調なゲームなんですが、
タイトルの「アルファックスZ」 や ステージ開始時の滑走路からなんとなく予想がつく通り、
Aから始まり、Zまで進むゲームです!

_a24

が。「Z」までの道中でですね、なんというか、せつない気持ちになる演出があります。


_a59       ステージ「I」(ステージ9)まで進むと、♥(ハート)がががっ!

ちなみに、これだけで他には何の演出も特典もありません。。。
「 I だから愛で、ハートなのかっ!」と、書いてしまうとすっぱい気持ち全開です!

 
というか、「ごめんなさい。こんなときどんな顔すればいいかわからないの」なので、「笑えばいいと思うよ」とさらっと言い返すくらいの度量が必要ですw

 

_a49                 次!ステージ「O」(ステージ15)

      こう、、、唇?Mouth?でも、「O」があんまり関係ありません!
     ただカタチがそれっぽいだけでやらかしたとしか思えません!
          (でも、せめて”ドーナッツ”にしないかい?)

 

_a52                 ステージ「T」(ステージ20)
       Tシャツですね。わかります。いや、やっぱりわかりません!

 

_a53                   ステージ「Y」(ステージ25)
          いやあ、なんでしょうね。カクテルグラスですよー。

    

_a54          なんやかんやでとうとうステージ「Z」 !(ステージ26)

 

_a60                ボス前の文字はもちろん「Z」!
 

_a61        ステージ「Z」のボスでも攻略法は正面で連射!!www

 

 

・・・いやぁ、途中でなんとも反応しづらいジョーク?を見せつけられ、そして単調なゲーム展開を乗り越え、やっとステージ「Z」までクリアしました!
 

なんというかひたすら単調なゲーム展開は、拷問に近いですよ。
「スターフォース」のように、ステージ背景が変わるわけでも、”ラリオス”がいるわけでもなく、”ジムダステギ”のような盛り上がりステージがあるわけでもなく、、、、
1週クリアするのに30分以上、同じ展開ですからねw

・ 

で。実はこのゲーム、ステージ「Z」(ステージ26)では終わりません。。。
実は、全”27ステージ”なのです。

_a62                  ステージ「?」(ステージ27)
 

_a63                  ボス前の文字も「?」です
 
 

_a98                 ステージ27でも!連射連射!
 
 

で。ステージ27をクリアすると1週クリアで、またステージ「A」から始まります。が。

_a100                 滑走路はなぜか「?」です
 

_a99               でもボス前はちゃんと「A」 表示です

 

        とまあ、ものすごくいいい加減です。
     しかも、滑走路のアルファベット表示が「?」なのはしばらく続きます。

 _a6630c                 ものすごくわかりづらいですが
         ステージ30の「C」の”?”には、赤い斑点が付きます

 
 

_a6532e           ステージ32の「E」の”?”には、ピンクの斜線

 

_a101                                     そして、ステージ33の「F」にして
                          やっと滑走路にアルファベットが表示されます

  

_a102                ステージ37「J」まで来ましたが
             ここでオイラの精神力の限界がwwww

 

なんとかステージ37まで頑張りましたが、ステージ中の敵機の飛来は同じ感じしかありませんし、ボスだって同じ戦い方だし、背景も滑走路以外は全部同じ、で単調すぎて代わり映えがありません。

 

その上、その滑走路では笑えないしゃれっ気ですからね。なかなかの苦痛ですwww
ここまで来れた自分を褒めてあげたいくらいですwww

 

でもですよ、それこそむかーしのゲームなんて、こんなのばっかりでしたからねえ。。。ただそれらはもうちょっと、難易度の調整がうまかった気がしますが、、、まあこのシュールさというかくだらなさを楽しんで欲しいゲームです!(苦しさ2倍)

 

 

  

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■#06-よくわからないボーナスフィーチャー と 激弱ボスの価値

拷問のような遊び方、ステージ紹介でしたが、単調だ単調だ言いながらもちょっとした盛り上がりポイントはあるんですwww

 

一応ですね、いっぱしのシューティングらしくボーナスポイントがあります。

_a72          たまに画面上部をUFO?みたいのが横切ります 

 

_a71                撃つと100点~5,000点入ります
 
 

_a94         ただし、コイツが出す黄色の弾は唯一破壊不可ですw

 

 

                    ほかにもあります。

_a56              道中に飛来する隕石を連射で破壊すると

 _a57          無人島で釣りをしているオヤジが出てきて5,000点!

 

・・・意味がよくわかりません。。。なんでオヤジなんですかね。。。まったくもってゲームの雰囲気にそぐわないという、、、というか逆にあってるのかもしれませんがw

 

_a76         大隕石の場合は破壊できませんが大量に撃ちこむと。。

 

_a77          下に落ち切った瞬間に10,000点が(出る時もあります)!
 

_a79                やっぱりオヤジなんですよね。。。

 

_a82            ただオヤジじゃなくて、人魚が出ることも!!
                    「1万点よ!!」

 

・・・盛り上がるのか、盛り下がるのか、、なんともコメントしづらい微妙な感じですw

というか「1万点よ!!」ってなんだよ!急にしゃべったよ!!

 

 

そしてこのゲームでは散々ボスが弱い弱いと言ってますが、
実は隠し?ボーナスポイントがあります

このおかげで、ボスの価値がほんのちょっとだけ上がりますw

_a29_2       ボス前の、ピクルスのようなこの敵を撃たずに残しておきます

 

_a30_2              がんばって残したままボスを倒します
 

_a31

_a103_2

 

すると残した数1個につき10,000点のボーナスポイントが入ります!!

 

これがまたやってみると、想像以上に難しいです!
単調なゲーム展開も、ボス戦で果敢にチャレンジすることで、自分自身で盛り上がれます!!wwww

 

このゲームにおいてギャラリーに腕を見せつけることができる最大のポイントですので、頑張りましょう!(でも、見ている人には、ツラさがまったく伝わらないと思いますが)

 

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■#07-熱いゼ!ボーナスステージ

実はこのゲーム、4ステージごとに”ボーナスステージ”があります。

_a41            このゲームで一番面白いシーンです!(本当に)

 

_a42               アステロイドの中を高速で突き進み
                   ドラム缶を回収します

 

ボーナスステージでは、開始と同時にエネルギーがゼロになり、高速スクロールの中でアステロイド群を避けながら、ドラム缶を回収しエネルギーをMAXにします。

  _a43        エネルギーMAXで25,600点のボーナスポイントが入ります

 

なお、ボーナスステージは、アステロイドに衝突するか、エネルギーがMAXになるまで続きます!

ここで貯めたエネルギーはステージ持越しです。

  
なお、
衝突してしまった場合でも、自機は消費しませんし、
エネルギーは半分まで補充されます。

このステージは何が面白いかって、高速スクロール画面の中で、突如高速に接近してくる小隕石をいかに避けるのか!がアツイのです。

 

自機に慣性がついているので、思うようによけれないのですが、画面上部に集中し、慣性の感覚も考えながら、小隕石の飛来にパッと反応して避けていくのが、とにかくスリリングで楽しいのです!

 

単調なゲーム展開の中で、もっとも盛り上がるステージで、本当の意味での(プレイヤーへの)”ボーナスステージ”でもあるのです!!

 

 

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■#08- (」・ω・)」チュー!(/・ω・)/ニャー!、楽しめ!100円で1000円分!

今まで具体的な説明に関しては、意図的に無視してきましたがw、アルファックスZと言えば、実はなんと言っても”ネズミ”ですwwww

_a12_2  

 

さて、インストの「うてるもんなら撃ってみろーーだ」の説明に入りますwww

 

_a89

 

ステージ中に、ちょいちょいというか頻繁にネズミが左右画面端から顔を出しては、引き返していきます 

で。たまに画面真ん中まで散歩してくることがあるので、そこをすかさず撃ちます!

 

_a36___

 

撃つと「チュー」と言って、ものすごい勢いで反対側に走りますので、それを逃さないようにもう1発撃って「チュー」です。

 

 

_a36_

またものすごい速さで逃げるので、すかさず3発目を撃ちこむとなぜか、「ニャー」と言いますwww
また逃げ去ろうとするのでまた4発目!「ニャー」!!

 

_a37_

 

なんとか5発目を撃ちこむと「SPECIAL」と叫んで、自機が1機エクステンドします!!(えーー)

 

宇宙空間になんでネズミで、しかも「チュー」「ニャー」で、その上エクステンドなのか、ゲーム内容にまったくマッチングせず、ネズミとネコの意図がさっぱりわからないし、モチーフが生かされてません!!

 

 

 

でもこれがまた、コツをつかむと大量に捕獲することができますwww
するとですね、あっという間に
自機を10機ほど増やすことができます!!

つまり、インストの「100円で、1000円分楽しむ法」とは、ネズミで自機を増やすことだったんだよ!

ΩΩΩ<ナ、ナンダッテーー!?

 

・・・いや、もういいですね。。。でも慣れると本当に1000円分ほど自機を増やすことができます。 

でもこのゲームでそんなに自機を増やしてもうれしくn…ゲフンゲフン…

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■#09-目指せ「Z」! 我慢我慢の攻略法

いい加減、書くことすら飽きてきました!www

こんなゲームなんですが、実はパターンゲームです。なのでパターンさえ覚えてしまえば、結構ラクショーなんですが、そうはいってもパターンを覚えるほどやり込みたくないゲームですwwww

 

なので、パターンを覚えなくても1週クリアをするための攻略法をご紹介しますw (いつも以上に需要をまったく無視してますなw)  

  ・画面半分より上に行かない(下半分で頑張る)
  ・”招き猫”を取りに無理に上に行かない
  ・ボーナスポイントは狙わない
  ・ちょっとでも危ないと思ったら惜しみなく”ワープ”!
  ・ドクロは無視!撃ってしまったら”ワープ”
  ・ドラム缶は破壊しても気にしない!
  ・とにかく死なないw

ですw

 

 

>>画面半分より上に行かない(下半分で頑張る)
自機には慣性がついています。ので、上から突然出てきた敵 や ネズミ!に体当たりして死亡しますw

できる限り画面下半分で
ぐっと我慢

 

  

>>”招き猫”を取りに無理に上に行かない
第1段階の自機は弱いので招き猫が出たらとにかく取りたいところですが、前述のように画面上半分は危険です。

あと、招き猫は撃ってしまうと、”上に逃げます”w、ので弾を撃たない状態で上に行かなければいけません。これは結構な恐怖ですw

 

敵編隊が画面下にいる時(ほぼ新しい敵は来ないことが多いので) や 明らかに敵が来なそうなときは、上に取りに行ってもいいのですが、黙ってても招き猫はだんだん降りてきます。

 

_a93_2

 
なので、
ぐっと我慢して下に降りてきたら回収する、でも十分です。パワーアップは最低2段階を保持できていればいくらでも回収のチャンスはあります。
 

もし、画面上部の招き猫をどうにも取りたい場合は、”ワープボタン”かけつつ取りに行き、危ないと思ったらすかさず”ワープ”!

 
 

>>ボーナスポイントは狙わない
特に、隕石ボーナスが注意です。つい撃ちこみたくなりますが、隕石の裏をよく敵編隊が通ります。

 

_a47_

隕石に気を取られると編隊を打ち損じますので、ぐっと我慢して敵編隊を優先して処理しましょう。

あとこれは、ネズミに対しても同様です。ネズミを撃ちこんでると、その後ろの敵を破壊できないのは一緒です。無理しないでぐっと我慢

なんかシューティングの醍醐味の一つを捨ててますが気にしない!w

 

 

>>ちょっとでも危ないと思ったら惜しみなく”ワープ”!
”ワープ”は結構優秀です。このゲームでは、各ステージで10編隊以上をやり過ごすことでボスにたどり着きますが、”ワープ”を使うことで、無条件に1~3編隊ほどスルーできます。

 

_a27_2

自機が死亡すると、しょんぼりな状態になるので、自機の保守を優先して惜しみなくワープを!
その理由はまた後述します。

 

 

  

>>ドクロは無視!撃ってしまったら”ワープ”
この単調ゲームにおいて、唯一、恐ろしい行動力を持っているのがドクロ、です。とにかく撃たないようにぐっと我慢

_a45_                画面上にフラフラ出てくるのですが、
               撃たないようにぐっと我慢です!
 

_a80                   万が一、撃ってしまうと、
         追尾能力が異常に強い敵がワラワラ襲ってきます
 

このゲームにおいては、”ドクロ破壊は死に直結”しますので、撃たないように本当にぐっと我慢です。

撃ってしまうと、追尾能力が異常に強い敵がワラワラ襲ってきます、破壊しきれないことが多いので、
撃ってしまったら惜しみなくすかさず”ワープ”です!

たまに、ドクロから出た敵をやり過ごせない時もありますが、ワープ終了直後はなぜか敵を破壊しやすいですw
 


 

>>ドラム缶は破壊しても気にしない!
”ワープ”用のエネルギーを補充できる”ドラム缶”で、重要な要素っぽくあるので回収したくなりますが、
無理に回収する必要はありません
たまたま自分の前に降りてきたものを拾う程度でOKです。

場合によっては、敵を撃つのに邪魔なので、取りに行きたいのをぐっと我慢していっそのこと破壊してしまいましょう!www

 

_a73

 
 

なぜなら、エネルギーを補充せずとも、まずデフォルトの状態でエネルギーはワープ4回分あります
無論、緊急時には惜しみなくワープを使いますが、1ステージで3回ほど使ってしまっても構いません。

というのも、4ステージごとのボーナスステージがあり、ボーナスステージでは無条件にエネルギーが最低限半分(4回分)まで回復します。

割と頻繁に補充されるので惜しみなく使っちゃいましょう。ここは我慢しなくていいところですwww!

 

 

>>とにかく死なないw
油断していると、”慣性”であっさりやられるゲームなので、前述のコツを守って

とにかく死なないようにすることが1週クリアの最大のコツ
ですが、とにかく”撃たない”とか”取りにいかない”、とか我慢の連続ですwww
 

我慢しながら火力を4段階まで持っていければ、サクサクとステージ「M」くらいは到達できます。もうちょい練習すれば、1コインで「?」まで行けます。

 

 
 

よくよく考えると、こういうシューティングって珍しいんですよ。大抵シューティングって、”破壊”を楽しむサドっぽいものですからね。

今思えば、「アルファックスZ」では、”シューティングでありながら我慢する”というマゾ的な遊び方を楽しむゲームだったのではないか、と思ってますwww

 

・・・よく考えれば「弾幕シューティング」も、”敵弾を避ける”ことが主体のマゾ的なゲームかもですねぇー。

       

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■#10-86年シューティングシーンと アルファックスZ

さてさて、やっとラストですwww

こんな「アルファックスZ」ですが、
1986年にこんなゲームが出たってのはある意味奇跡です。

 

シューティングといえば、「スペースインベーダー」から端を発し、アーケードゲームで最も人気のテーマであり、また名作が数多くあるジャンルでもあります。

 

ただでさえここまで長かったのですが、ダメ押しに1986年までのシューティングゲームの歴史ですwww

 

>>1978~1986年までのアーケードシューティングゲーム 一覧

1978.07 スペースインベーダー (タイトー)
1979.08 ギャラクシーウォーズ (ユニバーサル)
1979.10 SOS (ナムコ ライセンス販売)

1979.10 ギャラクシアン (ナムコ)
1979.11 アステロイド (アタリ)

1979.11 コスミックゲリラ (ユニバーサル)
1979.11 アストロファイター (データイースト)
1979.11 スペースランチャー (ユニバーサル)
1979.12 オズマウォーズ (新日本企画)
1980.02 ルナレスキュー (タイトー)
1980.03 バルーンボンバー (タイトー)
1980.03 スカイシューター (アイレム)
1980.04 戦国の自衛隊 (ユニバーサル)
1980.05 スピーク&レスキュー (サン電子)
1980.05 カミカゼ (コナミ)
1980.06 カーニバル (セガ)
1980.06 ヘリファイア (任天堂)
1980.06 ミサイルコマンド (アタリ)
1980.06 スペースファイアバード (池上通信機/任天堂)

1980.07 ムーンクレスタ (日本物産)
1980.07 マッドエイリアン (データイースト)
1980.08 ポラリス (タイトー)
1980.10 キング&バルーン (ナムコ)
1980.10 ムーンクエーサー (日本物産)
1980.10 N-SUB (セガ)
1980.10 ニューヨーク ニューヨーク(わが青春のアルカディア) (シグマ)
1980.10 サスケVSコマンダー (新日本企画)
1980.10 銀河帝国の逆襲 (アイレム)
1980.11 レーダースコープ (任天堂)
1980.11 ジ・エンド (コナミ)
1980.11 ゼロアワー (ユニバーサル)
1980.12 ハイウェイチェイス (データイースト)
1980.12 フェニックス (アムスター)
1980.12 エリミネーター (セガ)
1981.02 アストロファンタジア (データイースト)
1981.02 アストロブラスター (セガ)
1981.02 ディフェンダー (ウィリアムス)

1981.02 スクランブル (コナミ)
1981.03 サタン オブ サターン (新日本企画)
1981.04 ボーダーライン (セガ)
1981.04 プレアデス (新日本企画)
1981.04 スペースオデッセイ (セガ)
1981.05 スーパーアストロファイター (データイースト)
1981.05 Coloy 7 (タイトー)
1981.07 ワープ&ワープ (ナムコ)
1981.07 ヴァンガード (新日本企画)
1981.07 ムーンシャトル (日本物産)
1981.07 スパイダー (シグマ)
1981.07 スカイスキッパー (任天堂)
1981.07 ムーンシャトル (日本物産)
1981.07 コズミック・アベンジャー (ユニバーサル)
1981.08 スペースフューリー (タイトー)
1981.08 スーパーコブラ (コナミ)

1981.09 ギャラガ (ナムコ)
1981.10 ザ・パーカッサー (オルカ)
1981.10 ストラテジーX (コナミ)
1981.10 スペースシーカー (タイトー)
1981.10 スペースクルーザー (タイトー)
1981.11 スターゲート (ウィリアムス)

1981.11 ボスコニアン (ナムコ)
1981.11 タクティシャン(コナミ)

1982.02 ザクソン (セガ)
1982.03 ミッションX (データイースト)

1982.05 ワイルドウェスタン (タイトー)
1982.06 ムーンパトロール (アイレム)
1982.08 サブロック3D (セガ)

1982.10 プーヤン (コナミ)
1982.10 レッドクラッシュ (カネコ/テーカン)
1982.11 バトルクロス (大森電気)

1982.11 タイムパイロット (コナミ)
1982.11 スーパーザクソン (セガ)

1982.11 ミリピード (アタリ)
1982.12 ズーム909 (セガ)

1983.02 ゼビウス (ナムコ)
1983.03 センチピード (アタリ)
1983.04 バイオアタック (タイトー)
1983.04 スタージャッカー (セガ)

1983.05 スターウォーズ (アタリ)
1983.05 ジャイラス (コナミ)
1983.06 イスパイアル (オルカ)
1983.07 スカイランサー (オルカ)
1983.07 ジュノファースト (コナミ)
1983.07 バトルクルーザー M-12 (シグマ)
1983.09 スペースレイダー (ユニバーサル)

1983.10 ドンキーコング3 (任天堂)
1983.10 エクセリオン (ジャレコ)
1983.11 センジョウ (テーカン)
1983.12 バスター (セサミジャパン/藤興産)
1983.12 NOVA2001 (UPL)
1983.12 レグルス (セガ)
1983.12 マーカム (サン電子)
1984.01 ティンスター (タイトー)
1984.02 サイオン (セイブ)
1984.02 メガゾーン (コナミ)
1984.03 ザビガ (データイースト)

1984.04 ギャプラス (ナムコ)
1984.05 バルガス (カプコン)
1984.06 タイムパイロット'84 (コナミ)

1984.06 ミスターバイキング (セガ)
1984.07 ソンソン (ソンソン)
1984.07 セクターゾーン (日本物産)
1984.07 ジャイロダイン (タイトー)
1984.07 フォーメーションZ (ジャレコ)

1984.09 スターフォース (テーカン)
1984.09 エクイテス (アルファ電子)
1984.10 フューチャースパイ (セガ)
1984.10 バンクパニック (セガ)
1984.12 グロブダー (ナムコ)

1984.12 1942 (カプコン)
1984.12 グロブダー (ナムコ)
1984.xx ファイアーバトル (タイトー)
1985.01 バッテン・オハラのスチャラカ空中戦 (データイースト)

1985.02 エグゼドエグゼス (カプコン)
1985.03 リターン・オブ・ザ・インベーダーズ (タイトー)

1985.03 ツインビー (コナミ)
1985.03 忍者プリンセス (セガ)
1985.04 レイダース5 (UPL)
1985.04 タンクバスターズ (テーカン)

1985.05 戦場の狼 (カプコン)
1985.05 グラディウス (コナミ)

1985.06 リパルス (セガ)
1985.07 シュートアウト (データイースト)
1985.10 タイガーヘリ (東亜プラン/タイトー)
1985.11 ASO (新日本企画)

1985.11 ガンスモーク (カプコン)
1985.11 スペースハリアー (セガ)
1985.11 テラクレスタ (日本物産)

1985.12 ファイナライザー (コナミ)
1985.12 セクションZ (カプコン)

1985.12 スカイキッド (ナムコ)
1986.01 ハレーズコメット (タイトー)
1986.01 アーガス (NMK/ジャレコ)
1986.02 陸海空・最前線 (タイトー)
1986.03 ダーウィン4078 (データイースト)

1986.03 ファンタジーゾーン (セガ)
1986.05 フラワー (クラール電子/アルファ電子/セガ)

1986.05 アルファックスZ (ウッドプレイス)
1986.08 ガルディア (コアランド/セガ)
1986.10 特殊部隊ジャッカル (コナミ)

1986.10 奇々怪界 (タイトー)
1986.11 アレスの翼 (カプコン)

1986.12 スラップファイト (東亜プラン/タイトー)
 

さすが、シューティングには沢山タイトルがあり、また名作も多いです。

 

・・・「アルファックスZ」の同年には、「ファンタジーゾーン」。
そして1年前には、「グラディウス」や「スカイキッド」「戦場の狼」など、2年前には「スターフォース」「ギャプラス」があります。恐ろしいことにw
 

(同年同月の「フラワー」もすごいですけどねwww) 

 

 

こんな名作たちの出たあとに、コレ、やらかしましたからですねえ。。

よくもまぁこの時代に、こんな箸にも棒にもかからないゲームを出したものですwww

 
これだけの名作ラッシュ時代に出たゲームと比べて、個性があるとすれば、「チューとニャー」「慣性が付いた」くらいですが、単調であまりにも面白くない感じはある意味奇跡ですよw、本当に。

なので、”こんな時代にこの作品”。コレを噛みしめてくださいwww

     

 

・・・でも、結局、ネズミとネコは、なんらゲームとしては生かされず、です。
コレ別のキャラに置き換えても問題ない
ジャンと言いたいのをぐっと我慢、しなくていいですw

 

で。あまりにもくだらないせいか、動画すらロクにありませんw
YouTubeに(なんかこのプレイ怪しいですが)1個あるのを見つけたくらいでした。
 

この単調な展開を30分ほどご視聴くださいませwww

 

 

   

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

おそらく「アルファックスZ」について、ここまで(ダラダラと)書いたのは、きっとオイラだけですwww なんかもう、勢いだけでここまで来ました。
(頑張って読んでくれた人ありがとうございます!)

 

いやぁ本当に面白くないんです!

 

あと、「アルファックスZ」と全く同じ内容でタイトル違いの「The 26th Z」というのもありましたが、こちらはたぶん「アルファックスZ」の海賊コピー版です。(これをコピーする奴がいることにビビりますがw)

     

で。ちなみにですね、「アルファックスZ」は海外版では「MISSION 660」というタイトルでアレンジされ、タイトーから販売されています。
なお、日本国内でも「MISSION 660」は売られました。(確か…実は見たことないです)
 

 

ところが、まったく違うゲームに。。。

 ・慣性が無い
 ・”ワープ”が”レーザーショット”に

 ・中ボス?がいる
 ・キャラクタ総入れ替え(ネズミも招き猫もオヤジも出てきません…)

ゲームとして普通になっちゃいました。。。

 

86年当時は「アルファックスZ」の”慣性”は本当に嫌で、これがなくならないものかと思ったもので、、、こんなの出すなら初めから出せよ!って言いたいですが。

散々っぱらやった後だと「MISSION660」はあまりにも物足りなく感じ、むしろ「アルファックスZ」だからこそ良かった気がしてしまいますwww

 

というか、オイラにとっては十分楽しめましたけどね!(いろんな意味で無理に自分で盛り上げて!)

 

   

最後に、この箸にも棒にもかからない「アルファックスZ」はウッドプレイスの開発ですが、実はこのメーカーその他のアーケード作品がありまして、なんと「キング オブ ボクサー」がそうです。

まあそれでもよくわからないと思うので、多くの人には、
ファミコンでナムコから発売された「ファミリーボクシング」と言ったほうがわかりやすいと思います。

「ファミリーボクシング」ではタイトルもシステムも改変されておりますが、原作はウッドプレイスが開発したものです。こちらは結構人気がありましたねー。

 

 

多くの人には「アルファックスZ」は”がっかりゲー”として、またファミっ子たちには知らずのうちに「キング オブ ボクサー」を楽しんでいたものですが、今となっては「アルファックスZ」にはそれなりの愛着がわいたのでしたw

 

でもたぶん、しばらく棚から再度引っ張り出されることは無いと思います!

 


« データイースト「空手道」 ~ レトロゲームバカ一代 | トップページ | ジャレコ「ノーティボーイ」 ~ 後世に伝えたい名もなき少年の攻防戦 »

アーケード」カテゴリの記事

コメント

おお!VSエキサイトバイクを遂に手に入れましたね。
新品未開封とはいい意味で困りますね。

ところで、僕もかねてより欲しかったスーファミ周辺機器、トライスターを手に入れました。
トライスターとはスーパーファミコンで初代ファミコンを遊ぶためのいわゆる後方互換アダプタで、互換性や拡張音源は完璧です。あのバントでホームランなクソゲー『燃えろプロ野球』で確認しました。
トライスターも板橋区のファミコンショップクラブハウスにありますが「品物はあるけど高い!」なので別ルートから中古を入手しました。
スーファミはあるけどファミコンがない居酒屋なんかで大活躍させる予定です。

>>名も無き哲学者 さん
コメントありがとうございます!

いやぁ、前回コメントいただいてからちょいちょい探していたら、おかげさまでいきなり出会えましたw
”新品未開封”は、良くも悪くも何とも言えない感じですww
 
 
おお。トライスター!
SFC1つで使いまわせるコイツは便利ですよねー。ほんと大活躍ですよ。

オイラももってますよー。
http://nyamuko.cocolog-nifty.com/photos/pict4comment/_img_6286.jpg

・・・ただし初期版。。。初期版は拡張音源がががっ。
なので、、、名も無き哲学者 さんがお持ちの、拡張音源が鳴ったTRI-STARは後期版ですねえ。
うーらーやーまーしーです!
 
今まで互換機ってほぼスルーしてましたが、今度出るRETRON5ってどうなんでしょうね。。。
http://japanese.engadget.com/2013/03/25/5-9-retron-5-nes-sfc-md-gba/

ちょっとだけ期待してますが、まぁ裏切られるでしょうw
 

お疲れさまです。
「おひ☆GWなのに嫁放置で遊びまくり」です。

今回は「アルファックスZ」ですかあ。
あちこちでゲームのレビューとかを見ますけど
確かにコイツは見たことが無かったですねえ。
って言うか、今まで存在を忘れてましたヨ!

>新品未開封
あああ。
わかります。わかります。
これは仕方ないですね…
頑張って中古を探してください!

>ディップスイッチ
基板を外さないとあかんとか、鬼仕様ですね!
あと、テストモード笑いました。
テストモードにすることなんで少ないでしょうから
なかなか気づかない可能性もありますよねえ。

>ゲームの感想とか。
あの慣性が苦手でしたねえ。
そして、やたらと上の方に行って死んでました。ええ。
あの頃に、この記事を読めていたら!
って言うほど、やらなかったです。
だから、ネズミでエクステンドなんて気づきもしませんでした…

しかし、よくこのゲームで一周されましたねえ…
お疲れさまでした!


>年表
1986年は、ヤバいシューティングが多いような気が(汗)。
陸海空が陸空海になってるのは秘密ダヨ!

>動画
うわー。
めちゃくちゃうまーい。
今まで、まともに見たことが無かったので貴重でした。
ところで、黄色い宇宙人みたいな敵が結構可愛いですね。

>>おひ☆ さん
毎度どうもですー。

アルファックスZは、古参ゲーマーの潜在意識下にあるゲームなんで、みんな忘れてますw
 
というか、嫁さん放置って、大丈夫ッスか~。オイラも、アルファックスZばっかり遊んでたんで似たようなもんなんですがwww
(しかも自宅サーバが突然死を起こして、サーバ復旧にもかかりっきりだったという)
 
 
実は、ディップスイッチのSW1-7が、「ポーズ」スイッチなので、プレイ中にカチっと入れると、画面がフリーズして写真撮りには便利なんですが、まずプレイ中に基板下のスイッチを入れるのが大変やりづらくwww そして戻すのも大変ですww
いやほんと非道な仕様です。。

MAMEを使えってのはありますがががが。いい加減、キャプチャボード買おうと思ってます。でもなんせレトロゲーは15Khzですからねえ。。マイコンソフトの↓ならいけるのかなぁ。。
http://www.micomsoft.co.jp/sc-500n1.htm


実は、”テストモード”ってその他の基板では、画面テストパターンが表示されるものが多いのですが、たまに”無敵モード”だったりするのもあるので、それを期待したらこっそりコンティニューだったというwww
 
しかしまぁ、ほんと”慣性”ですよね。このゲームは。それで大体諦めますw それだけでなく、面白くないですしwww

ネズミ5回撃つってのも、ロクなヒントもないうえ、初めは慣性のせいでとても撃ちこみ続けれないですし、それに慣れるほどやりたくもないというw

なので結構、アルファックスZのこと突っ込んで書いてるサイトって無いんですよね。
今何かの間違いで、ぽそっとアルファックスZを置いてあってもやる人はいないですがww
 
 
だいたいゲームって”先を見たい”って欲求があるじゃないですか。
でもアルファックスZって、その動機が無いんですよねww
強いてて言うなら、滑走路のアルファベット?www
モチベーション低いままでの1週は苦痛でしたwww
 
 
!あああ、「陸海空」!
思いっきり勢いででで。。。直しますです。ありがとうございますー。
86年にも微妙なのがそれなりにありまして、
「フラワー」は相当なもんですw そして「陸海空」「アレスの翼」も微妙ですし、「ダーウィン4078」って個人的にはみんなが言うほどは、、、って感じでしたw
でも「ファンタジーゾーン」と「奇々怪界」「スラップファイト」は良いですねえ~。
 
 
エキサイトバイクの新品未開封はほんと困りましたw
でもオイラ、積みゲーが多いので気が付くと、”新品未開封”を自己生産しているときがありますw
1年開けないと、もうもったいなくて開ける気力がwww
 
 

お疲れさまです。
「おひ☆明日から仕事で憂鬱」です。

>アルファックスZばっかり
・・・
それは、色んな意味で大問題です(^^;)。
自宅鯖ですかあ!
おいらは実家にFTP鯖があります!

>キャプチャボード
これはあると便利でしょうねえ。
昔購入したことがあるんですが、結局使わず
どこかに行ってしまいました…
勿体ない…

>先を見たい
敵が変化する訳でなし…
かなりの苦行ですね…

>86年
アーガスも、ちょっとね…
正面打てないショットとか…
あ、決して嫌いでは無いんですよ!
ちなみに一番好きなメーカはジャレコですし(よく変と言われる)。

「ガルディア」も、結構アレですよね。
「特殊部隊ジャッカル」も…
ああ。素晴らしい年だ。

>”新品未開封”を自己生産
いやー。
わかります!わかります!
発売時に買ったソフトが未開封のまま
気がつけばベスト版が出てたりしませんか!?

>>おひ☆ さん
お疲れっすー
GW明けの仕事ラッシュが恐ろしいオイラですが、ほんとアルファックスZばっかりやってましたw
(実はあと、PS3「ドラゴンズドグマ ダークアリズン」も…これはさすがに開封して遊んでます!w)

・・・さすがに、嫁の人に突っ込み入れられて、我ながらいかがなものかと思いましたw
 
 
キャプチャ環境整えるのに、いくばくか予算が必要ですが、基板やゲーム買うかいっつも迷って買わずにいるという。。
 

「ガルディア」はオイラやってましたよー。
結構派手でBGMもコアランド節でよかったですよー。
でもやっぱり単調なんですけどね。。

「ジャッカル」は、ラッシュ&クラッシュ + チョップリフター なゲームでしたが、やはりBGM目当てにちょろっと遊んでしたです。
 
「アーガス」は、敵弾がおいしそうでしたww あと点数が書いてある浮遊物とか、独特でしたねえ。
ジャレコは、オイラも好きですよ。(実は次回のネタがジャレコなんですがw)地味な良作が多いです。
 
 

ジャレコもなんていうかデコ寄りですよね。
NMKというパートナーがいなかったらもっと早く潰れてたと思うし(笑)

メガシステムを広めたNMK作品の功績は大きいと思います。

アーガスは大好きなんですけど、難しすぎて
頑張っても6面くらいしか行けなかったような…

あと、意外と知られてないみたいですが、着陸のときの
ゼロ秒ボーナス(Lパネルx10000点)がなにげに熱いです(笑)

>> Hiroさん
毎度どうもございますー。
 
そうなんすよねー。ジャレコって、デコっぽいスw
なんというか、80年代初期はデコみたいに独創性あるゲームが多くって、途中でまた銀河任侠伝とかなんかトリオ・ザ・パンチに通じる感じのものを出したりww

そしてNMKっすよー。
アーガスもNMK開発ですが、こう敵弾とかグラデーションがとても綺麗でした。(元テクモ開発スタッフだからですかねえ)
そしてそれを支えるように、ぶたさん、サイキック5、天聖龍、で個性的なゲームですからねえ。偉大ですよー。
 
 
で。アーガスは、オイラはすごい下手でした。まず、難しいですwww そして、ボスが異常に強い。
その上、着陸ががががが。失敗してばっかでした。。
ゼロ秒ボーナスはしばらくしてから教えてもらったのですが、確かに意外と知られてなかったですねえ。大半の人は、着陸だけで手一杯で、それどころではwww
 
 

「サイキック5」と「天聖龍」は好きすぎて基板買いました(笑)

でも、今ではサイキック5は故障して音声出ず、
天聖龍は背の高い専用IC(?)の足が1本折れてて
レバーの右が入らない状態です(泣)
いや、メガシステムマザーの正常品を買えば済む話しなんですが。

天聖龍はアーガス同様難しすぎるんですが、
あのチキチキハイハット聞きたさについ遊んでしまう
罪深いゲームなんですよねぇ。


そういえば、ポーズ機能の話しで思い出しましたが、
アタリの「インディジョーンズ」で2ボタンの筐体に入れると、
本来不要のボタン「2」がポーズ機能として働いてて、
トロッコステージではめちゃめちゃ役立ちました。

でも、“豆”ではポーズが機能しなかったので、
単にボタン2を結線するだけでよいのか、
このあたりが未だに謎だったりします。


エキサイトバイクはもう一枚中古を買うべきだと思います(笑)
完品はすでに手元にあるわけですし、
極端な話し、ディスクカードのみでもいいんですから(笑)

>>Hiro さん
どうもどうもでございまする。
 
サイキック5と天聖龍を持ってるとは!!うーらーやーまーしーです。2つとも買いたくても機会(とお金が)が無く悶々としてるんですwww
で。それはですね、修理出しましょう修理w
 
BGMが出ないサイキック5は泣きそうですね。。。NAOKIとBUNTAのBGMが最高です。あとステージクリアの曲も好きでした。。でもとにかく面白かったですねえー。(やっぱり難しかったですが)
 

で。アーガスと同じくらい悪名高いNMKといえば天聖龍www
いやもうヒドイ難易度でした。(シューターの言う”簡単”は信用しませんw)

オイラはステージ3ボスでコテンパンで、まぐれでいっても4ステージでしたねえ。。今だともっと無理でしょうw
パターンゲームでしたが、敵の配置とかがものすごくよくできてるなあ、と思ったもんです。
こう、プレイヤーの移動パターンが結構計算されててですね、、、移動先に待ち構える敵w
で。うまーく胴体丸めて、弾防いでちょっとした優越感にひたるんですが、次の瞬間真正面にレーザーが、とかwww
でもなんというか、無理だ!というか、純粋に悔しいんですよ。やられ方がww

で。チキチキハイハット!!
めちゃくちゃわかりますwwwあれ脳に刻まれます!www
BGM良かったですよねー!オイラはステージ2のBGM大好きですww

計算されている敵パターン(というかやられると、くやしいw) と 脳に刻まれるBGMで、何回もやってました。。。結局クリアできませんでしたが。。。不思議な魅力のゲームでした。
ほんと”罪深いゲーム”ですww

(自機を下から上にレバーいれて、垂直にたった状態がなんか好きでしたw) 
 
 
おおお。インディジョーンズ!ほぇー、ポーズが簡単にできるとは。たしかにトロッコステージに絶大な威力を!w
”豆”でダメですかあ、、なんでしょうね。
イーアルカンフーも”3ボタン目”は、豆でも動作したはずなんですが、単純結線じゃないっぽいですねえ。
 
 
VSエキサイトバイク、いやぁ、コメントで書いたら急に出てきましたですよ。マジびっくりですww
とりあえず、そっと保管しましたwので、次は裸ディスクでガシっと買いますー。

・・・しかし、書くとなんかこういう購入チャンスが出てきそうな気がしますので、、、
「エクイテス」
欲しいゲーム、ちょっと書いてみましたw 
 

>アーガス
サントラを聞いていると、BGM
何か単音?っぽい感じがするんですが…
細すぎるレーザーとか好きでした。
後、着陸は勿論苦手だったので、ゼロ秒ボーナスなんて全然知らなかったです!
着陸で失敗すると1ミスになるんで、着陸する気はゼロでしたが…

>サイキック5
おいらの好きなゲームベスト3に入るゲームです!
BGMは、全部いいんですけど、やはり一番はデモのBGMでしょうか!?
始まりの所とか、画面の魔王の高速スクロールと上手くリンクしてた気がします。
当時テープレコーダーを持って行って録音してましたよー。

>>おひ☆ さん
毎度っすー。
 
アーガスのレーザーはほっそいですねwww
あー。言われてみればBGM、リズム以外では単音ですねえ。
FC版やったときなんか違和感ないとおもったもんですwww

で。”単音”とはちょっと違う、”短音”違いな感じで思いだしたのですがBIO100%さんの「SuperDepth」、ご存知ですか?
 
Flash版
http://bio100.jp/play_game/superdepth.html

SuperDepth BGM
(アレンジもありますがオリジナル版をぜひ)
http://bio100.jp/game_music/archive/music01.html

当時PC98で遊んだときBeep音だけのBGMは衝撃でしたw
 
 
サイキック5のデモBGMは渋いっすよねえ!
これは録音する価値ありますw
しっかりとした長い曲ですし、サビの部分が特にサイコーっす!!
というかデモBGMにここまで力はいってるのってそうそうないですねえ。
 
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573233/57222099

この記事へのトラックバック一覧です: ウッドプレイス「アルファックスZ」 ~ (」・ω・)」チュー!(/・ω・)/ニャー! → SPECIAL!:

« データイースト「空手道」 ~ レトロゲームバカ一代 | トップページ | ジャレコ「ノーティボーイ」 ~ 後世に伝えたい名もなき少年の攻防戦 »

フォト
無料ブログはココログ