コンシューマ

2012年12月31日 (月)

今さら100メガ(12.5MB)ショック! ~SNK 「NEOGEO X GOLD SYSTEM」買いました

師走とはよく言ったもので、ほんと12月って忙しいですよね。。。年内に何とかしたいっていう空気がそうさせるのですかね。。。

で気がつけば、大晦日ですよ。早いものです。

 

本ブログを見ていただいた方には感謝いっぱいです。オイラが好きでやってることなのに興味を持ってくれたり、喜んでくれた人がいた事が本当に何よりで(人生の)励みになりました!


 
 

_n3

 

いやー、しかし寒いですね。仕事以外、外出はなるべくしたくないので、ネットで買い物ですw
というわけで、12月はなんか色々買い物ラッシュでした。それだけでも結構忙しかったですw

 
■買ったもの

#1- SSD と Windows8
#2- Kindle Fire HD 32GB
#3- 「シャイニング・ウィンド クララ クラン」のフィギュア

#4- ゲーム音楽CDたち
#5-
「NEOGEO X GOLD SYSTEM」

 
 

今回は、いつもとちょっと趣向を変えて?、「物欲のままに地味に買っていって残していく」方向で進行しますw

 
 
 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■その1。「SSD と Windows8」

 

またHDDがすっ飛びましたw
いやあ、なんかよく壊れます。。。バッドセクタがポコポコ出てきて困りました。。。しかも大容量化が進んでいると、ダメージも半端無いですね。

データ サルベージひとつとっても、、転送速度も数年前とは比べ物にならないくらい早くはなりましたが、、時間がかかってしょうがないです。

 

で。
これを機に、SSDとWindows8の導入をしました。

_n7                    Intel 335の240GB
         スペック的にSSDの中では速いほうではないのですが、
                 コストパフォーマンスが良いです

                    
 

   _n33               Windows 8にアップグレードしました

      
ちなみに背景は、ShiftyLookで配布されていた”ワンダーモモ壁紙”です
                  ShifyLookと言えば、
今年 日本語版サイトもできました

 ※”ShiftyLook”とは、バンナムのキャラをマルチメディア展開をしようというバンナム運営の企画です
 

本職の商売柄、最新OSやデバイスに触る機会は多いのですが、Windows8は如何せんあんまりウケないOSでかわいそう。。。

 

確かに、ちょっと残念な部分もありますが、オイラ的にはかなりデキが良いOSと思ってます。

SSDにもなり足回りが若干早くなりましたが(所有PCがP55チップセットなので、SATA2.0動作ですが)、Windows8のインターフェースのお陰で目的の作業にたどり着くのも早くなりました。

慣れれば結構快適ですよ。慣れればw

 

あと、タッチパネルモニタ必須的な感じに思えますが、別にマウスでもいいです。

でも、ホイール付きトラックボールであれば似たような感覚で使えます。

 

Windows 8 アップグレードも、ダウンロード版なら3,300円と異常に安いので、Windows Vistaか7マシン所有であれば、思いっきってアップグレードしちゃったほうが、ちょっと幸せになれるかもです。(Vistaおよびそれ以前の時代のだとドライバがあるかどうか、という問題がありますが

 
 
 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■その2。「Kindle Fire HD 32GB」

 

「Kindle Fire HD 32GB」買いました。Nexus7やiPad miniのほうが良いジャマイカという世間様の声は多いですが。

 

_n4                 実は、割りと本読むんですw

 

でもホント、電子書籍化はまだまだって感じですねえ。。。

もともと、オイラはPalmとかClie、Genio、LIBRIe、などのPDA系を結構前から買い支えてましたが、当時はもっと電子書籍化は進んでなく悲惨な状況でした。。。

 

しかもネットつなごうにもCFカードで”ダイヤルアップ”ですからね。好きもの以外買う奴がいないという。。。当時は、3GやらLTEやらWiMaxやらなんて夢のまた夢でしたねえ

 

 

 

しかし、Amazonが参入してからこれでも相当マシになりましたね。コレで電子書籍化がより進むことを期待です。

早速ですが、3日に1冊のペースで買ってたりしてますw
(”コレクター”としては、「物理的な本」のほうがいい感じですが、オイラはゲーム以外は割りとリベラルですwww)

 

でも、Amazonで電子書籍を読むだけなら、iPhoneだろうかNexusでもAmazonからソフトがでているのでそれで良いわけで。。。

それにKindleだと、GooglePlayからもロクにダウンロード出来ないという微妙なAndroidです。

 

ぶっちゃけ、”Amazon有料カタログ デバイス”とか揶揄されてますがw

オイラはアマゾン・スキーなので後悔してません

 

あとタブレットを購入したもう一つの目的は、屋内サーバにおいてある動画ファイルなどの資産をお手軽端末でどこでも閲覧ってことだったんです。

が。CPUパワーなのかそもそものアーキテクチャの問題なのか、遅すぎてAndroidだとまだまだって感じです。。。

 

・・・で。結局、Kindleにリモートアクセスソフト「splashtop Remote Desktop」を入れて、それ接続というなんかインチキっぽい感じでサーバアクセスが快適になりましたw

 

 
 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■その3。「シャイニング・ウィンド クララクラン」フィギュア

 

_n8             あああ。乳神さま、クララさま神々しいですw

                      
  

 

むかーし、あんまりフィギュアとか買わない、とか書いた記憶がありますが、、、こうアレです。ついつい。。。フィギュアって危険ですねw

 

実はシャイニング シリーズは、メガドライブの「シャイニング・フォース」1と2、しかやったことありません!
しかし、クララクラン嬢には一目惚れでしたなぁ。結構な重厚感でびっくりです。

 

そういえば、シャイニング・フォース1のチップは可愛かったなあ。。。犬娘なんですけどねwww  

_n00

 

 
 

で。唐突ですが、部屋を掃除したら「メガ・ディクショナリ」という同人誌がでてきましたw

_n9        アンサイクロペディア的な”メガドライブ辞典”みたいなもので
                 だいぶ内容が怪しいですw

 

 

 

で。”チップ”で、このメガ・ディクショナリの中に、イラストのカットがあったなあというのを思い出しまして。。。w

_n10

 

入手はもう不可能でしょうけど、内容についてはどうやらネットで公開されているようです。

 

 銀河帝国書院
  http://www.heppoko.gr.jp/~sprocket/nd/nd_top.html  

 
 
 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■その4。ゲーム音楽CDたち

ほんと幼少の頃は、CD買うお金があるのであれば、それをゲーム代につぎ込んでいたもんですが、、、今となっては細々ゲーム音楽CDを買い集めていたりします。

 

今でも昔のゲームの”新譜”ってでるってことは、それなりに古参マニアが買い支えてるんだろうなあ、とか思いますw
(「ドラゴンスピリット」
のCD もまた出ました

 

で。今回買ったのは、
  _n11         ・ナムコ ミュージック サルーン (Go Vacation)
         ・コットン オリジナルサウンドトラック
         ・ガンフロンティア/メタルブラック/ダイノレックス

          


 

特に、「ガンフロンティア/メタルブラック/ダイノレックス」は、今となってはそれぞれのタイトルが入手がやや困難ですし、今回のは基板から新規録音リマスタリングですので、こちらを買うとオトクです。

 

直近の目標は、「ナムコ・ビデオゲーム・グラフィ​ティ」全制覇ですw

 

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■その5。「NEOGEO X GOLD SYSTEM」

で。今回の本題w

Amazonで予約してたくせに、すっかり忘れていて、、、先日届いてびっくりしましたw

「普通はWii Uを買うだろ」と自分に突っ込みたくなりますが、、、
そういえばコレを予約したのでWii Uは諦めたんでしたwww

 

_n12

_n13             オリジナルのNEOGEOより小ぶりの箱です
       今なら、SDカードソフトROMで「NINJA MASTER'S」が同梱
 

                      

 

 >>NeoGeo X Webページ
 http://neogeox.com/

 >>日本販売代理店のWebページ
 http://www.b-i-c.co.jp/

 

・・・どう考えても売れるハズが無いような。。。(日本では1,000台限定らしい)

 

ちなみに、スペックです。
 

■スペック
 CPU: JZ4770 1GHz
 メモリ:256MB(DDR2)
 ストレージ:2GB(
micro SDカー
 液晶画面:4.3インチ(480×272ドット)
 バッテリ:6時間 (
充電3時間)
 スロット: SDカード/MMC(8GBまで)
 端子:mini HDMI×1、micro USB×1、Phonex1
 OS:Linux

 

うーん。。。当たり前ですが、NEOGEOオリジナルより格段のスペックですが、スペックが上がってもそもそも意味ないしw

 

それに、Wii Uが出る12月に売り出すなんて正気の沙汰とは思えません。。。

いまさらNEOGEOと言われても、PS2/3、Wii等でいくらでも代替手段があるわけで。。。でも、オイラは、SNK PLAYMORE USA(まだあったんですね)の蛮勇に敬意を表し買いましたww

とはいえ、実際遊んでみても、色々残念で不憫な子でなりません。。。
(海外サイトでは”Expensive Junk”とか言われていたりするようですが・・・)

 
 
■残念なところ

  ・2万円という価格
  ・20タイトル(+1)同梱とはいえ、今更、そして若干微妙なゲーム選別
  ・ネット対戦はできない
  ・HDMI接続ではドット比が若干合わない(オリジナルは320×224)
  ・ましてや最近のテレビは16:9なのでフィットしない
  ・同梱のNEOGEOスティックがUSB接続だが、PCでは使えない
  ・PC用USBジョイスティックを接続しても動作しない
(PS3用だと動くというウワサが)
  ・SDカードでソフト販売計画もあるが、まあ出ないだろうw
  ・OSはLinuxなのでNEOGEOソフトはエミュレータ動作

とはいえ、こんな子にもいいところは(きっと)あります。

そこを推してこそ、このブログってもんですw

 

■良いところ
  ・SNKプレイモアの”公式”製品としてを販売した勇気w
  ・”家庭用
NEOGEO”の雰囲気が抜群
  ・HDMI接続なので楽チン、そしてやっぱりそれなりに綺麗
  ・PS2/3、WiiなどでSNKタイトルを遊ぶより起動や動作が速い
  ・エミュレータ
だけど、挙動はオリジナルと遜色なし
  ・”本体”はポータブルでかなり軽量(約200g)
  ・”本体”側の十字パッドが使いやすい
  ・”本体”の中身はLinuxなので、実は色々夢が
ある
  ・「NAM-1975」があるw

 

うーん別にこのハードじゃなくてyok、、、ゲフンゲフン

→いろんな妄想ができるマニアなら買うべしw
  (お布施の意味も含め)

 

 

というわけで、そんなNEO GEO Xの開梱およびセットアップの儀です。 

_n14                    箱から出したところ

_n32         実は、NEOGEO X本体”ポータブル”の方です(
          軽いし、十字キーも使いやすくで、何気に秀逸かも

    下側の従来の”NEOGEOらしものは、TV接続用のドックですw
   カパっとこの中に入れ、端子と接続することでTV出力動作しています_n24
           しかし、そのままだと位置がちょっと合わないので、
               挿入にはちょっとコツが入ります
 

_n19                せっかくなのでオリジナルと比較
 
          ・左:アーケードネオジオ(MVS)ボード と ROM
          ・中:家庭用ネオジオ と ROM
          ・右:今回の”NEOGEO Xケース”と 本体+別売SDカード

                ケースはちょっと小ぶりです

 

_n15_3                NEOGEO X同梱のジョイスティック
                 ノスタルジックで爆発ものw
            オリジナルのスティック同様に傾斜があります
   (ただしオイラ個人的に、この形状好きじゃないんです・・・やりづらくて)

                 ちなみに端子はUSBです

 

_n16               USBなのでPCに接続してみました
  が。ボタンは反応しますが、スティック部分がなぜか”ハットスイッチ”認識
             まあつまり、
PCで使えません。。。
    いつかどこかの誰かがUSBドライバ作ってくれるのを祈ります
                (オイラは使いませんがw)

 

_n17              同梱されていたSDカードでの別売ソフト

 

_n18            せっかくなのでPCに接続したら、64MBでしたw
           ですが”RAW”パーティションで認識されました
    NEOGEO X本体はLinuxなので、
どうせext3フォーマットあたりかと
                  と思ったら違うようで
、、、
    どうやら「testDisk」というソフトでないと見れないという話
みたいです

 

_n20           そもそも1920x1080とドット比が合わないので
      (TV側で)スケーリングされ
画面がちょっとボヤっっと。。。
 
           オリジナルのRGBにはやっぱり勝てません・・・

           (それでもS端子なんかよりはるかに綺麗です)

         でも、雰囲気は抜群!!昔を思い出します!!
         
(そもそもMVS や家庭用NEOGEO ROM/CD/CDZ、全部持ってますが)


_n22     ポータブル側のLCDでもスケールが若干違いますがかなり綺麗

 _n21       SDカードを挿入するときは注意、裏面が上に来るように挿入 

 

_n25               「ワールドヒーローズ パーフェクト」
             当時はラスプーチン使いでしたw

 

_n26                  R-TYPEな「ラストリゾート」

 

_n27                     NAM-1975
        NEOGEOローンチソフトですが、オイラNAMが大好きです

 

_n29       これもローンチソフトですが、鬼畜ゲー「マジシャンズロード」

 

_n30              「餓狼伝説」初代(FATAL FURY)
                  かーぽえーらぁ~♪

 

_n31                   ニンジャマスターズ
             後期タイトルのデキは秀逸ですね

で。

■NEOGEO Xの収録タイトル

 ・3 Count Bout (ファイヤースープレックス)
 ・Alpha Mission II (ASO II  ラストガーディアン)
 ・Art of Fighting (龍虎の拳)
 ・Baseball Stars II (ベースボールスターズ2)
 ・Cyber Lip (サイバーリップ)
 ・Fatal Fury King of Fighters (餓狼伝説 ~宿命の闘い~)
 ・Fatal Fury Special(餓狼伝説スペシャル)
 ・King of Fighters 95 (キング・オブ・ファイターズ'95)
 ・King of the Monsters (キング・オブ・ザ・モンスターズ)
 ・Last Resort (ラストリゾート)
 ・League Bowling (リーグ・ボウリング)
 ・Magician Lord (マジシャンロード)
 ・Metal Slug (メタルスラッグ)
 
・Mutation Nation (ミューテイション・ネイション)
 
・NAM 1975 (NAM 1975)
 ・Puzzled (ジョイジョイキッド)
 ・Real Bout - Fatal Fury Special (リアルバウト餓狼伝説スペシャル)
 ・Samurai Shodown II (真 サムライスピリッツ 覇王丸地獄変)
 ・Super Sidekicks (得点王)
 ・World Heroes Perfect (ワールドヒーローズ パーフェクト)

 

 

・・・ほとんど過去にPS2/3、Wiiでリリースされているものばかりです。。
しかも逆になぜか初代「サムライスピリッツ」がはいって無いという、、、

 

あえて言うなら「NAM-1975」と「ミューティション・ネーション」が過去PS2/3、Wiiとかでは出てないはずですね。

個人的には、NAM-1975で大満足です!!(MVSロム持ってますが・・・)



やっぱり、ここまで書いてみても、、、

 

・カード同梱された「ニンジャ マスターズ」もWiiでは既発
・Wiiにいたっては、すでに72のNEOGEOタイトル
大半の人は、「餓狼スペ」が遊びたいくらい
・過去販売さ
れたもののほうが安い、綺麗、現行機種は設置がラク
・それ以外のマニアの多くの人はMAMEにwww ゲフンゲフン

→ううう、やっぱり良い所が薄すぎる、、、

未発売タイトル2つのために買うのもなあ、、、やっぱり売れる要素がほとんど無く、、、なので、この価格なのでしょうけど。

  
まあでも、
Linuxで動いているので早かれ遅かれ解析され、ごにょごにょしたソフトも出まわるでしょうし、その際にはもっと用途が広がるかもです! という意味で、色々と夢あるハードウェアではないかとw
 
 
  

  
 
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

2012年も色々買ったなあ。。。引越し代で買い逃したもの結構ありますが、、、こ仇は、2013年には晴らしますw

で。とりあえず年始は実家に帰って、さっそく基板屋にもよってきますw

 

というわけで、2012年お世話になりましたー。来年もよろしくお願いします。

  

2011年5月18日 (水)

”21世紀のスペース・スペクタル!”「光速船」(Vectrex)~ ヨーソロー

光速船と言っても船ではないです。
今回は、「光速船」という(めずらしく)コンシューマのゲーム機のご紹介です。

 

2013年07月15日加筆>>

Vectrexに関しましてインターネットにて公開頂いております多くのサイトを参考にさせていただいております。
特に、ALL ABOUT 光速船/Vectrex”様のサイトは大変参考になりました。心よりお礼を申し上げますと共に、ご迷惑をおかけいたしましたことお詫び申し上げます。


_v1

 

元々は、1982年にアメリカのGCE社が「Vectrex」(ベクトレックス)として199$で販売し(当時の円相場は大体250円くらいのはず)、国内ではバンダイより1983年7月27日に「光速船」と日本向けに名前を変え、54,800円にて販売した「白黒9インチ モニタ内蔵ゲーム機」です。
(Vectrex = 光速船、製品名と箱/ラベルだけ違くて後は全部同じです)
テレビに接続しなくても遊べます!

販売カタログのキャッチコピーは、
「鮮烈!21世紀のスペース・スペクタル!テレビ無用のパーソナル・ゲームマシン!
」。

 

なお、ファミコンは1983年7月15日に14,800円で発売です…
ガチンコ勝負、というかバンダイのマーケが無謀過ぎるw
(バンダイは当時から、「アルカディア」とか「インテレビジョン」とか輸入ゲーム機販売していましたが、まあヒドイもんでした)

ぶっちゃけ、売れませんでしたw
それだけに、現存数も少なく、ジャンル的には「ビンテージ ゲーム機」扱いになってます。

箱付き完品(未開封)だと、なんとまあ頼もしいお値段にw

で。
しかし、このゲーム機の最大の特徴は、このモニタの画面描画方式が「ベクタースキャン」という方式をとっていることです。

少々説明が難儀ですが、とりあえず「ラスタースキャン」の説明を。




■ラスタースキャンとは

_v27

普通のブラウン管(液晶ではない普通のテレビ)は、
「ラスタースキャン方式」といわれ、画面の左上から右に向かって、「電子」を打ち込んでいき、一番右まで行ったら、一段下に下がります。

そして、また左から右に流れて「電子」を打ち込み、一番下段まで進んだら、画面の左上に戻ります。
格ゲーで言うところの、これが「1フレーム」です。
これを1秒間に30回繰り返します。

これを連続的に絶え間なく行うことで、動く映像として表現しています。




■ベクタースキャンとは

_v28

ベクタースキャンの場合は、一段ずつ描画するのではなく、A点とB点を決め、電子を直接A点からB点へ線を引くという方法を取ります。

この方式の場合の利点は、ドットの概念が無いので、ジャギーが無いとても綺麗な直線を引くことができます。
また、メモリが少なくて済みます。ラスタースキャンでは、キャラクタの「ドット絵」を用意する必要がありますが、ベクタースキャンでは、A点とB点という座標データさえあれば良いのです。

また、ベクタースキャンは、輝度の強弱を付けることが得意なため、独特かつ非常に明るい線が引けます。これがまた本当に綺麗なんです。

しかし欠点としては、「線」しか描画できないので、「円」や「面」を表現することができません。



なお、ベクタースキャンモニタの史上最高傑作といえば、ATARIの「スターウォーズ」です。
これをご覧いただければ、ベクタースキャンの素晴らしさが伝わると思います。




とまあ、「光速船」(Vectrex)の最大の特徴をご理解頂いたところでw
オイラの所蔵から、ゲームの紹介を。
(上記「スターウォーズ」はカラーベクターなのですが、Vectrexはモノクロベクターです)

まず、本体の電源を入れると、ブラウン管が暖まるまで数秒待った後に、「ちゃんちゃちゃーん」という起動音と共に、「VECTREX」と表示されます。

その後、しばらく放おっておくと、「MINE STORM」という内蔵ゲームが起動します。

_v2 

ゲーム的には、当時ATARIからアーケードで出ていた「アステロイド」ってゲームと同じです。宇宙船の自機をコントローラで向きを変え、360度から迫る敵を撃つというものです。
ゲーム的には、今やると地味のキワミですが、結構普通におもしろいですよ。そして、ベクタースキャン独特のキラキラな輝度なので、本当に綺麗です。

_v7 

なお写真では、青っぽく映ってますが、冒頭で「白黒モニタ」と言いました。
実はこれは、本体付属の「オーバーレイ」と言われる、「色つきセロハン」を付けることで、
「カラー」を表現するという!!! www

_v6

なお、オーバーレイを外すと、、、

_v8



こういう感じになります。
なんか、「雨に濡れたネコ」みたいにショボクレて見えますが、実際の可動画面はこれでもキラキラと綺麗です。



もちろん、「カセット」で別のゲームも遊べます。

コナミから、アーケードで販売してた「スクランブル」が、Vectrexで出てました。

_v20

_v21

_v22

_v23

_v24


これがまた、悪くない移植度です。そして、オリジナルのアーケードには無かった、Vectrexならではのそこはかとない情緒もありますw
きゃー、キラキラときれいー。





次、なんとびっくり「ポールポジション」もあります。しかも、ナムコ正式許諾製品ですよ!

_v9

残念ながら、箱と「オーバーレイ」はありません。。。

_v10

_v11

_v12

まあ、似ているか、というと微妙なのですが、オープニングとゲームオーバーのBGMは、アーケードのポールポジションと同じです。

ベクタースキャンで、レースゲームができるってのも、味があります。

これだけではありません。
「Clean Sweep」というゲームがあるのですが、なんとまあ「パックマン」もどきのゲームです。(オーバーレイが無いのが残念…)

どうやら、部屋に散らかったゴミを片付ける「掃除機」が主人公みたいですw
全ての「ゴミ」を片付ければクリアです。

パックマンとちょっと違うのは、ある一定以上のゴミを食べると、満杯で取れなくとなるので、画面中央の部屋に戻ってゴミを捨てる、とまたゴミが食べれるようになりますw

ベクタースキャンで、パックマンをやれるとはまったく思いませんでしたよw

_v19

ぶっちゃけまあ、一般受けしないゲーム機でしたけど、得てしてこう言うのはマニア受けはするんですよねw

で。アメリカでは、なんと同人ソフトでゲーム作ってます。(今でも作られているマニアもいます)

_v13

さらにです。
実は、Vectrexのゲームの著作権なんですが、GCE社が放棄しているんですよ。

つまり、ゲームのコピーが合法です。
そのため、こんな製品も存在します。「MULTI CASETTE」というものです。

_v14

Vectrexで販売されたゲームが十数本を1パッケージにした製品があります。

_v18 

なんとまあ、裸の基板ですw
基板上のディップスイッチを変更すると、任意のゲームに変更できます。

_v15

_v16

さて、粋な計らいにより、著作権が放棄されているため、エミュレータも合法です。

http://www.vectrex.fr/?topic=parajve&nl=jp

 

英語のページですが、ページ右側の「Latest Download」にアクセスし、Downloadsと書かれたところにある「ParaJVE for Windows」をダウンロードしてください。

解凍したファイルの「ParaJVE.exe」を実行すれば、Vecrexのゲームが沢山入っています。

・・・無論、パソコンのモニタ上なので、ベクタースキャンのような表示は絶対にできないのですが、雰囲気はかなり伝わります。ラインが光っている様子も頑張って表現されていますので、ベクタースキャンに思いを馳せながら、ぜひ一度遊んでみてください。

2011年4月30日 (土)

レーザーアクティブとLDゲーム、タイムギャル と ドラゴンズレア

「ほい。そこのアナタ、アンタじゃよ」
(ナムコのエレメカ「功夫老師」的な感じで)

 

こんなページを見つけてくれた諸兄達は、もちろんご存知であろう!
LDゲームを!


まだアーケードゲームすらも、8bitでCPUが貧弱で、高価だがメモリ容量も少ない、という時代だったとき。。。

(まだAVIやMPEGの概念すら無かった時代ですね)

 

ゲーム業界では、
どうにかしてアニメーションや実写を表現したい
という時があったわけですが。

 

そんな需要に応えるべく出てきたゲームが、”LDゲーム”
(VHDのものもあるけど、それはさておき)

ドラゴンズレアやタイムギャル、スーパードンキホーテ、ロードブラスター、サンダーストーム、忍者ハヤテ、アストロンベルト、宇宙戦艦ヤマト、そしてクリフハンガーwww 等々

 

とかのゲームですね。
http://dic.nicovideo.jp/a/ld%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0

 

意外と数多くのタイトルが出たんですが、さすがにアーケード実機で手に入れるのは困難。。。(タイムギャルの実機 と レイカ様の等身大ポップ欲しいねえ…)

しかしよく考えれば、ゲームそのものは大したことなくて、、、

ほとんどのゲームが結局”映像を流して”、”指示通りボタンを押す”だけのゲームなのです。

よって、実機でなくともほぼオリジナルに近い状態でゲームは遊べるはず。

 

もっともすでに、
「ドラゴンズレア」は、メガCDや3DOで出てまして、
「タイムギャル」や「忍者ハヤテ」は、メガCDやプレステ1、サターンで遊べるわけですが、、、

 

CDメディア容量の問題で、画質がやや残念なものに。。。(ロードブラスターもメガCDあります)

 

どうにかしてオリジナルに近い画質で遊べないものか、というわけで今回はパイオニアから販売された”レーザーアクティブ”のご紹介というわけです。

 

(エミュレータでもあったりしますが、そんなもので妥協してはイカンですw)

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96

これさえあれば、
夢のアーケードに近い画質でLDゲームがっっっ!!



_ld1
_ld21

 

_ld22

なんか、生意気にも光デジタル出力が可能です。

 

しかし、本体価格が当時89,800円という非常識だった上に、これだけでは遊べず、「メガLDパック」や「LD-ROMROMパック」が別途必要。
それぞれ39,000円…
つまり
本体だけで、最低でも12万以上かかるという非情ぶり。

 

 

なお、「メガLDパック」「LD-ROMROMパック」ですが、価格はともかく機能的には結構ステキだったりします。

 

「メガLDパック」があれば、
メガドライブのROM、メガCD、そして本題の”メガLD”の全てが遊べます!

 

「LD-ROMROMパック」も同様に、
PCエンジンのHu-Card、CD-ROMROMができます。

そして、カードがあればSuperCD-ROMROM、Arcade CD-ROMROMも遊べます!!



■■メガLDパック
_ld2

 

_ld3

 
 

■■LD-ROMROMパック

 

_la1

 

 

デカイ。。。けどこれがあれば、メガドライブとPCエンジン全てのゲームががががっ!

 

それぞれ個別にメガドライブとPCエンジンDuo買ったほうが総合的に安上がりですが、LDゲームが遊べるのはレーザーアクティブだけ!
 

(当方、バックアップの為に、本体とパック類をあと1セット持ってます)

 

戦艦大和もビックリの大艦巨砲主義的ゲーム機ですねー。

 

 

というわけで、電源On!
_ld4


で。
何を起動しようかと思えば、もちろん!
_ld8

_ld9

_ld10

_ld11

いやー、やっぱLDのタイムギャルですよね!

 

で。挿入。。。相変わらずメディアデカイね。

 

_ld5



キターーーーー。
『ターーーイムギャルッ』
レイカさまーーー!
_ld6

 

ああ。レイカさま、凛々しいお姿です。。。
_ld20


 

せっかくなので、お約束。
_ld

 

当時は、わざとヤラれてこのシーンを見たわけですよw
今やってもやっぱり楽しいです。(ゲーム内容が簡単なので)
メガCDやPSとはやっぱり”質感”が違いますねー。
やっぱりあえて「LD」ですよ。

 

なお、その他LDソフト。

 

_ld14

_ld15

 

_ld13






そういえば、
「ドラゴンズレア」なんですが、
1983年アメリカのシネマトロニクス社によって「ドラゴンズレア」は、開発されました。(日本ではユニバーサルが販売)

 _ddragonslaircabinet

もともと”LDゲーム”は、1982年9月にセガが「アストロンベルト」を開発販売しました。「アストロンベルト」は、LD画像をあくまでも背景として使用し、ゲーム自体はその背景画面に乗っけただけでした。

 

 

「ドラゴンズレア」は全編”アニメーション”を採用し、その画面上で選択肢を用意しその結果によって画面を切り替えるという、インタラクティブ性を持たせたLDゲームとしての能力を引き出した初発の作品です。

(実は商業的には、アストロンベルトのほうが売れたらしいですが・・・)

 

「ドラゴンズレア」のセル原画は、ディズニーのアニメーターであったドン・ブルース氏によるもの。
そして、約27分間の動画で、約5万カットあり、選択肢は約800カ所というすばらしいクオリティでした。

 

 

当時このクオリティで出た「ドラゴンズレア」は、圧倒的な注目度を集めました。

 _dddm                                             ”Drink Me”といえば、
                  ふしぎの国のアリス か Dragons Laireですよね

 

 

しかしながら、そんなに長い期間ゲームセンターに置かれることはありませんでした。。。それは、”完全覚えゲー”であったためと言われています。

 

そのため、久しぶりに遊びたいなあーと思いっていて、なかなか遊べずだったところに、やっと日本の家庭用ゲーム機(メガCD)にも移植されました。

 

が、やっぱこうガッカリなんですよ。画質が。。。

 

 

ということで、もっと画質がしっかりしているものがあるんです! 

_dr3  

_ld18
 

地味に知られていないのですが、
なんと
普通のDVDプレイヤー(PS2) と そのコントローラで遊べる「ドラゴンズレア パック」が売ってます。

 

しかも、「ドラゴンズレア2」と「スペースエース」込みで!

 

                                             

 

 

 

DVD版であれば、ゲーム機を選ばず何でも遊べるので大変便利ですね。
今更DVDって言ってもなあ。。。という諸兄!朗報ですよ。

_br1

_br2

 

 

 

なんとBlu-Ray版もあったりします
こちらは単体です。

                                    

 

元々の画質がLDソースなのに、Blu-Rayというのはどうなんだろう、と思うところでありますが、現行機器で、しかも安価に入手できることはいい事です!

 

とりあえず、プレイ動画ですw

 

 

 

 

 

 

そして、そんなドラゴンズレアにも、(アメリカ版)XBOX と (アメリカ版)ゲームキューブ と PC版で、新作(?というか焼き直しですが)が出てました。

「Dragons Lair 3D」です。

 _dd3

 

如何せん、マイナーですが、、、あのアニメ調のグラフィックで、ヌルヌルと3D移動するのもなかなかオツだったりしますwww

 

                                             

 


 

 

で。ドラゴンズ・レアっていえば、あとは”ダフネ姫”も忘れちゃいけません。

_dd1

_dd2  

いやあ今見てもカワイイです。というか、えらいエロっぽいです。

グラフィックがヘボかった当時のアーケード業界では、ダントツのルックスでしたw 

 

世界中のオールドゲーマーには今も彼女は愛されています。
また、海外ではどうやらコスプレの定番っぽいですwww

 

 

というわけで、そんなダフネ姫をお手元に!・・・フィギュアを買いましたw

_dlz01

 _dlz02

 

いやぁ、アメリカンです。

 

オイラはフィギュアとかあんま買わないのですが、これだけは予約で買いました。

あんまり感想は言いませんw

 

 

 

実はコレ以外にも”LDゲーム”用の機器が販売されていまして。

 

MSX規格のPalcomというPC(パイオニア製)でも遊べます。

 

というか、こちらにしか出ていないタイトルもあって泣きそうです。
このPalcomに普通のLDプレイヤー(実は、型番限定)を接続し、
このPalcom側の”スーパーインポーズ”機能を使うことでLDゲームを実現しています。

いつかPalcom実機についてもうちょい解説というか説明します。
情報が少ないので私からも少しでも情報を上げていきたいです。



_ld12                                   セガのアストロンベルト

 

_ld16                          コナミのバッドランズ

 

 

えっと、、、ユニバーサル??「エシュのオルンミラ」(これ日本のアーケードにありましたっけ?)
・・・調べたところ、(まさかの)
船井電機学研から発売されたゲームのようですw

 

_ld17

LDゲーム、やっぱり道が険しいです。。。その他LDゲームのソフトもまだまだありますがコンプリートに至ってないので地道に頑張ろうかと。

 

 

 

あ。あとWindowsにもこっそり出てますね。(エミュじゃないですよ…)

 

_ld19

 

なぜかX68030でも遊べますがwww
WindowsでOKです。あとロードブラスターもあります。

                                        

オマケ情報として、このWindows版サンダーストームには、、、
なんと!

何故か、データイーストの「ゼロイゼ」が同梱されていますwww

(モトスの原型のゲームとか言われてますね)

 

_ld23

 

サンダーストームのCDの中の、「\x68\PROGRAM\ZEROIZE」フォルダに、XDF形式で”ZEROIZE.XDF”ファイルがあるので、コイツをX68のエミュで読み込ませるのもよし、はたまたFDに焼いて戻してX68実機で遊ぶのもよし!www

なんかちょっと、オトクなのでLDゲーム好きは、
Windows版サンダーストーム買っておくべし!

そういえば、、、DVDプレイヤーとかの前にも、LDゲームの後継機とも言えるものってありました。。。

「プレイディア」

フォト
無料ブログはココログ