アナログゲーム

2013年2月23日 (土)

ポピー「早うち一発くん」 ~どうしても思い出せなかったゲームの名前たち

_a3

 

今回はちょっと趣向を変えて、、、

 

あの時のゲームをもう一度見たい!遊びたい!
でも、どーしても思い出せないゲームの名前ってのはあると思います。

僭越ながら、当ブログにおいても、記事を見てのコメントで「名前が分かった!」「思い出しました!」といっていただけたことは本当に嬉しかったです。

 

名前が思い出せないなければ、そのゲームの特徴とかでググレば大抵のことはわかるようになったインターネッツ時代ですが、オイラも、どーーーーーしても思い出せないゲームというのは結構あります。

でもフイに思い出すことがあるんですね。。。その時は、仕事もほっぽって会社の中でいきなりググったもんです。んで、そんなゲームたちが↓ですw

 

 

  

■フラッシュボーイ (1981年8月 / データイースト)

         

 
 
 
 

■マンハッタン (1981年1月/データイースト)

         

 
 

■ピラミッド (1979年10月/三共)

         

 

 

 

いやぁ、、これらを思い出して動画を見つけたときは、感動のあまり会社で泣き崩れるところでしたwww
これらの基板、すごい欲しいのですが、もし買う機会があってもまあとんでもない値段でしょうね。。。

 

そしてそれはアーケードにとどまらず、エレメカ分野でも名前をド忘れし悶々としていたりしました。

 

 

  

■ミニドライブ(1959年?/関西精機)

   

 

 

 

■BASE BALL-2 (?年/こまや)

   

「BASE BALL-2」はデパートの屋上、遊園地のゲームコーナーでよく見かけましたね。
オイラは、横浜岡田屋の屋上遊園地で30円で
何回も何回も遊んでました。

ちなみに、このゲームにはオリジナルがあります。
オリジナルはアーケードゲームの生誕地アメリカです。 

 

_a17_2 

1953年ウィリアム社より「Williams Deluxe BASE BALL」として販売されたのが原型です(たぶん)。これは当時の広告?から。

実は、アメリカ版オリジナルのほうは名前は覚えていたんですが、ずーっと国産のほうがどうしても出てこず。。。ほんとうにモヤモヤしてましたw

というかオリジナルとあんまり名前変わらないジャン。。。

 

おまけで。当時のアメリカでもエレメカ系アーケードマシンの広告をまとめた冊子がAMAZONで売ってます。 

_a18 

                      
 

いやぁ、しかし「BASE BALL-2」欲しい欲しいw

 

値段も相当なもんでしょうけど、入手したとしてもエレメカ系全般はまず置き場所に難儀しますけどね。。。orz

 

 

しかし、、、アーケードビデオゲームやエレメカだけでなく、幼少の頃に遊んだおもちゃで、どーーーーーーしても名前は完全にわからずというのもありました。

特徴でググろうにも、あまりにも凡庸すぎる特徴なので、、、、思いついたキーワードでググっても引っかかったものが膨大過ぎて見つけきれず。。。

 

 

しかし!30年の長いモヤモヤをやっと解消出来ました!

           _a3_2
                      これです!
            (と言ってもこの写真じゃわかりづらいですが)

今までも見つける気まんまんで多数のオークションサイトを見てましたが、オイラが思いついたキーワードは、「射撃」「射的」「ウルトラマン」「磁石」で、あまりにも凡庸なキーワードなので出てこない出てこない。。。

 

もっとも、インターネットなんてできるはるか前から悶々としていました。

 
 

しかし先日、何気なしにヤフオクをクリックしていたら見つけました!
本当に今になってたまたま見つけることができました!!

  

     ポピーから発売された「早うち一発くん」!

 

。。。こんな名前だったのか、、、絶対思い出せないよw
いやもう見つけたときは小躍りしました。

 

しかも旧版と新版、それぞれ出品されていたのですが無事にGetできました!

 

ちなみに、販売元のポピーは、キャラクター玩具作成のために作られたバンダイグループの一つです。
オイラの記憶では、「ガイキング」「ボルテスV」「コンバトラーV」の超合金で鮮烈に記憶に残ったメーカー名でもありますw
(そういえば最近、超合金って復刻されてます?)

 

_a4

  で。どんなゲームかというと、 
     ウルトラ怪獣の的があり、それを銃で撃つ、
             という射的ゲーム
です。

 

_a5               傷が多くて写真写りが悪いので
            プラスティクカバー(プラ板)を取ってみました。

           写真クリックしてぜひ拡大画像を見てください

  

_a7
       こんな感じで、磁石と鉄球を使った射的ゲームなのです。 

  

_a6

_a8     実際は、透明のプラ板越しに手前の玉に、磁石銃を近づけます。

 

_a9

  磁石でくっつくので、そのまま上にずらして玉を持っていきます。

 

_a10                 で。トリガーを引いて撃つ!
 

 

_a19           怪獣にあたるとパタンと倒れて得点になります。

 

 _a11         で。倒れた敵を直したり、玉をもとに戻すときは、
              えいやっと台をひっくり返しますw

         がしゃーーーっと、リセットできますwww 

                   うーん。アナログ~。

 

 

  

_a12

         新版のほうは、もっとギミックが増えて面白くなりました。

  さて、すでに簡単にご紹介した通りの射的ゲームですが

            新版のほうを中心に面白いギミックを紹介です

                (別に驚くものはないですがw)

 

 

_a20               旧版にくらべ点数がインフレに!w
   旧版では100点~900点だったのに、5,000点~100,000点になりましたw

          これはバブル時代の到来を予兆していたんだよッ!
               ΩΩΩ<ナ、ナンダッテー!
       
          (MMRでお願いします)

 

_a30

 中心にある回転体です

 

_a31              ここでMAX100,000点をGetできますw

 

 

_a32                    左側の回転体です

 

_a33         こちらも回転して点数になります。最高50,000点です

 

 

_a34                 今度は上部の回転体
              当てると回転して左右にずれます

 

_a35

      クルクルずれて、突起が指している背景の点数になります

 

 A38               しかしこのゲームで最も難しいのは、
          右側にある立体感あふれるw壁の中の敵です

              とにかく当てるのが難しいんです

 

 

_a16

 全部倒すと恐ろしい点数に!www

 

 

いやあああ、シンプルです。本当に射的ゲームなので誰でも遊べ、自然に熱くなれます!

 

単なる的だけでなくギミックも多く、ステージの作りも立体的で秀逸です。

しかもなんといっても、このアナログならではの情緒がたまりません。
そしてアナログなので、同じように撃っても同じところに飛ぶとは限りませんw

 

 

いやぁ、オイラ大満足ですw
本当に30年の積年の思い出
モヤモヤしていましたからね。
名前もわかり、しかも実物が入手できたことが本当に嬉しかったです。2013年、幸先が良いです!

 

ちなみに、ググってたら「早うち一発くん」にも原型があるようでした。

「マジック射的ゲーム オカルト」
http://enikaita.exblog.jp/10871408/

 

こちらは販売元がポピーではないようですが、そもそもどっちが先に出たかどうかすら、わかりませんw

新版は「ウルトラマン80」がモチーフになってるくらいなので、すくなくとも旧版は1980年以前には存在していたのは間違いないでしょうw

 

誰か「早うち一発くん」の詳細を知っていたら教えてください。。。

 

 

 

 

 

 

とまあ、今回はビデオゲームではない方向にしてみましたが、最後にもう一つエレメカでどうしても思い出せないものが、、、

 

たしか、ナムコだったはずなのですが、

・野球がモチーフ
・巨大な横長看板みたいなものに電球が横一列にたくさんついている
・ピッチャーが球を投げると、電球がエライ勢いで光って右から左へ進む
・バッターはちょうどホームベースの絵のところ

・ホームベース上の電球が光った時にボタンを押す

 

その他では、

・ゲームセンターCXで一回紹介されたとかなんとか(たまゲーで大阪のゲーセン?)
・”花やしき”にあったかもしれないという話

 

という記憶なのですが、どーしても思い出せません。。。

 

こちらも誰か知っていたら教えてください。もしまだ置いてあるところがあればその場所もw

 

 

 

 

今回は、いつもと違う感じですが、レトロゲームには違いありませんw

こういうゲームも大切にしていきたいです。

 

 

    

フォト
無料ブログはココログ